オンライン英会話 ネイティブ 守谷市

守谷市は、茨城県の南側にあり、
人口約6万7千人の市です。

 

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス
の開通により、東京のベットタウン
として発展しています。

 

かつては農業の盛んな地域でしたが、
住宅建設が進んだ結果、商業施設などのサービス産業が増えてきています。

 

守谷市内には、住民の憩いの場所として公園が充実してきており、
守谷市最大の公園である常総運動公園を初め、

 

平の将門が造ったと言われる守谷城の跡地を使った守谷城址公園、
南守谷児童センターのあるけやき台公園、
など多くの公園が整備され、住民に利用されています。

 

昔からの神社も多く、明治神宮を初め、香取神社、熊野神社、天満宮、
愛宕神社、石神神社、日本書記に登場している保食神、などがあり、
年間を通じた行事の時には、参拝客が数多く訪れます。

 

祭事としては、6月のアヤメ祭、7月の八坂神社例大祭、
10月の芸術祭、菊花展、美術展、11月の明治神宮祭、
と続き、市内では込み合う見物人で盛り上がります。

 

その他には、国際交流研修センター、守谷市市民交流プラザがあり、
世界各国の方々を呼んで、芸術文化の交流が行われています。

 

守谷市民の皆さんと海外の方々の交流は、英語を通じてとなるでしょう。

 

市民の皆さんが、英会話を学習するのであれば、
ネイティブの先生のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブの英会話は、世界に通じる英会話だからです。

 

ところで、あなたも守谷市で英会話スクールをお探しですか。

 

ネイティブとの英会話は、
スピーキング力がないとコミュニケーションが図れませんね。

 

そこで、ここではスピーキング力を増すための、
英文のリーディングの方法を考えてみましょう。

 

英文記事のリーディングの仕方が上手になると、
スピーキングも自然に上手になるからです。

 

まず、中学校の英語の教科書を読んでみましょう。
英単語は、あまり難しくないので意味は理解できるのではないでしょうか。

 

ところで、その意味を理解するのに一度日本語に和訳していませんか。

 

どうしてもそのような理解の仕方になってしまう人が多いのですが、
この理解の仕方を直さない限り、英文を読むのに時間はかかってしまうし、
スピーキング力を養う上でも役立たないのです。

 

英文は、英文のまま理解するように努力し、習慣とすることが大切です。

 

ネイティブは、英文を読んで英文として理解しているのです。
日本人であっても、ネイティブと同じ思考法にしないと、
ネイティブのスキーキングのスピードに付いていけないのです。

 

英語のスピーキングを聞いて一度日本語に訳して理解し、
逆に話す時は日本語を英語に訳して話していては、ネイティブとの会話はできません。

 

そこで、最初は簡単な英文で良いので、英文のまま理解するようにしましょう。
そのためには、まず英文法を頭の中にインプットしておきましょう。

 

最初に主語があれば次に動詞が来で、次に目的語が書いてあるはずという事を、
分かった上で文章を読んでいくと、英文のまま読むのに役立ちます。

 

簡単な英文の文章でその習慣がついてきたら、
徐々に難しい英語の文章、例えば英字新聞の記事でのトレーニングに変えていきます。

 

ここで、ボキャブラリーの壁にぶつかる人が必ずと言って良いほどいます。
新しいボキャブラリーを見たら、躊躇なく英和辞典で意味を確認しましょう。

 

これで、1つの英単語をゲットしたことになり、
英単語が増えていく切っ掛けになります。

 

最後は、オンライン英会話のネイティブ講師と読んだ英語の記事をテーマにして、
ディスカッションしてみましょう。

 

自分のスピーキング力が向上している事に気付くことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>


 

 

 

 

 

 

 

 

守谷市 つくばエクスプレス
オンライン英会話 ネイティブ
現在は新興住宅街となっていますが、かつては城下町で、その周辺は田園地帯でした。開発され、1982年以後人口が増加しました。さらに、2005年に開業した首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの開業により東京へのアクセスが良くなり宅地開発がさらに進んでいます。