オンライン英会話 ネイティブ 格安

幼児期の英会話 親のすべきこと4選

オンライン英会話 ネイティブ

 

幼児期から英会話レッスンする子が増えてきあしたが
親はどんなことをすればよいでしょうか。

 

子どもの英会話習得は親次第です

 

英語とかかわるようになってから子供の英会話にも興味を持つようになりました。

 

周りの子どもたちを見ていると結構, 英会話を習っている子供がいます。

 

英会話を幼児期から習いという事はとても良いことです。
言葉には言葉習得の臨界期がありますのでこの時期に英会話を学べば
ネイティブのような発音ができるようにもなります。

 

大人になると英語の大胆なアクションや発音が「恥ずかしい」という感情がありなかなかできませんが幼児期でしたらすんなりと入ります。

 

また語学に楽しいという感情を持つことによって英語を本格的に学ぶときの
心の支えになります。

 

幼児期から英会話を習うメリットはたくさんありますので
これからはもっともっと幼児期からの英会話レッスンする子は多くなると思います。

 

しかし今英会話を学んでいる子供たちを見ていると
自分からというより、親の希望で習っている子供が多いと思います。
子供達は英会話を習っていて習い事の一つと言った感じですね。

 

幼児期は学ぶものは自分では選択できませんので
当然親が良いと思うものを習っています。

 

特別英会話が話せるようになりたいからといった積極的な子はあまりいない感じもします。

 

 

英会話を習っているのは親の
「私は話せないが子供には英会話が出来るようになってほしい」
という願いです。

 

 

これは多くの親の願うところですね。
私もきっとこう思うでしょう。

 

「もっと子供の頃から習っておけばよかった。」

 

大人になってから思う事を子供に託してしまいます。

 

英会話を習っている子は本当に話せるか

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

ところが、習っているという子供にどのくらい話せるかと聞くと
ほとんどの子が話せません。

 

「英会話習ってるのね。」
「話せる?」
「先生とどんなレッスンをするの?」

 

と興味があって聞いてみるとあまり話せるという子はいません。

 

何となくお母さんにすすめられて通っているという子供は、
英会話が話せるようになったかどうかにもあまり興味が無いようです。

 

こんなことを親が知ったらがっかりするだろうなと思いながら聞いたりします。

 

中には英会話スクールが楽しくて講師といつもいろいろなことを話すという子供もいます
がそんな子供は本当にまれですね。

 

親も塾に行けば勉強していると勘違いし安心してしまうように、得英会話スクールに入れると英会話が出来るようになると思っています。

 

でも勉強と同じように英会話も通っているだけでは話せるようになれません。

 

 

幼児期に英会話を習わせても効果がある子供とない子供があります。
この差は家庭での親の英会話に対する熱意や指導の差になってきます。

 

つまり子供の英会話取得の差は家庭の差になってしまいます。

 

親のすべきこととは?

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

子どもの英会話教室に通わせている家庭ではどんなことを気を付けたらよいでしょうか。

 

英会話スクールが効果的になるための注意点です。

 

 

オンライン英会話 ネイティブ1.英語が自然に聞こえてくる環境作り

 

言葉は赤ちゃんの頃から、意識せずに耳から入ってくる言葉を自然に覚えていきます。

 

英会話も同じです。幼児期は英会話というよりも、リスニングです。

 

幼児期に聞かせる英語の歌のCDなどを良く聞かせるのが効果あります。

 

ほとんどの英会話スクールでは、家で聞くためのCDを販売しています。

 

このCD を覚えてしまう程家庭で聞かせてあげましょう。

 

常に音楽をかけていると子供も自然と耳に入り、聞えたままの発音で歌たりしています。

 

この時親は子供に自分の発音で英語を教えがちになりますが、これはいけません。
間違った発音を教えてしまう事にいなります。

 

私たち日本人はネイティブの発音はできません。
せっかくCDを聞いているのですから、CDにお任せしましょう。

 

 

オンライン英会話 ネイティブ2.英会話は遊び感覚で覚えさせる

 

幼児期の英会話は、遊び感覚でさせるのが大切です。

 

英語が嫌いになるのは、勉強として英語を習い始めた時です。

 

英語は楽しいという気持ちを持たせましょう。

 

歌を歌っていても幼児は聞いたままに歌っています。

 

間違っていると直してしまうようになると子供は楽しくなくなってしまいます。

 

とにかく「歌っていることが楽しい」という事を感じさせましょう。

 

幼児期は親が一緒に楽しむことが必要です。
親が楽しそうにしていることで、子供は楽しくなります。

 

音楽を親と一緒に楽しむことで英会話も覚えていきます。

 

幼児期の英語は勉強ではありません。

 

あくまで楽しく遊びながら学ぶ感覚でしましょう。

 

もし、子供が興味のないときは無理に進めずお休みするくらいの感覚で
CDを聞きましょう。

 

 

オンライン英会話 ネイティブ3.効果をすぐに求めない

 

親は効果をすぐに求めてしまいます。

 

「もう3年も習っているのにさっぱり話せない」
というようなことを良く聞きます。

 

お母さんたちに聞くとほとんどのお母さんに言ってもいでしょう。
中には「もう1年も習っているのに」というようなお母さんもいます。

 

1,2年で効果は出ません。

 

私たちが言葉を話せるようになるにも何年もかかります。

 

幼児期は赤ちゃん言葉から、子供の言葉、大人の言葉と
どんどん変わっても来ています。

 

その中で言葉を適切に使い分けをしながら覚えていくのです。

 

言葉は習ったからと言ってすぐに話せるようになるものではありません。

 

考えてみればすぐ分かる事なのですが、やはり結果が見えないと
効果がないように思ってしまいます。

 

結果は徐々に出てくるものだと考えましょう。

 

オンライン英会話 ネイティブ4.継続して学ばさせる

 

勉強、習い事は何でもそうですが、一番大切なのは継続です。

 

結果をすぐに求めないという事と同じになりますが1ねん、2年、5年、10年と続けることが肝心です。

 

幼児で習い始めた子は特に2,3年では簡単な単語は話せても
文章にはなりません。

 

また子供の言葉と大人の言葉では当然違います。

 

小学校、」中学校でやめてしまうと、子供のままの
英語となってしまます。

 

大人の言葉を話すにはやはり大人でなければhなせません。

 

何よりずっと継続して習わせることが肝心です。

 

 

幼児期の英会話のために親のする事 まとめ

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

1.英語が自然に聞こえてくる環境作り
2.遊び感覚で覚えさせる
3.効果をすぐに求めない
4.継続がして学ばさせる

 

幼児期の英会話の習得は親次第だと言われていますので
効果的な英会話レッスンをさせてください。