オンライン英会話 ネイティブ 格安

子どもだったらネイティブ講師が良い理由とは

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

子供に英会話を学ばせる最適な講師はネイティブ講師?

 

日本人講師が良い?

 

言葉の臨界期にある子どもにはネイティブ講師のレッスンが大切です。

 

子供の英会話スクールはたくさんあります。
街中いたるところにあります。
教材もたくさん出回っています。

 

子供には英会話が出来るようになってほしいという親の願いがあり
いつ頃からどんな講師に教えていただくのが良いのでしょうか。

 

まず言葉の臨界期を知る必要があります。

 

言葉を学ぶ臨界期がある

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

言葉の臨界期とは何でしょうか?

 

生まれたばかり赤ちゃんの脳は約300〜400gですが1年後には
何と約2倍、3年後には約3倍と急成長します。

 

6才までに成人の約90%までになるのです。

 

この脳の出来上がる時期に子供達は言葉を覚えていきます。

 

いろいろな説がありますが
言語能力は9歳ころまでに出来上がると言われています。
9歳前後が言葉の臨界期です。

 

なぜこの言葉の臨界期が大切かというと

 

この時期までにどんな言葉の環境にいたかによって
その後の言葉がずっと影響されるのです。

 

ネイティブ講師の発音、アクセントをこの時期に身につければネイティブ英語が話せるようになります。

 

またフィリピン系の講師に習えばフィリピン系のアクセントを学ぶことになります。

 

また幼児期に日本人に英語を習うと日本人英語、いわゆる「Japanese English」を覚えさせてしまうことになります。

 

例えば、日本語でも同じですね。

 

小さなころの育った地方の訛りは大人になっても消えません。

 

大人になってから共通語を話しても、
アクセントはやはりどこの地方で育ったのかわかります。

 

私も初対面の人と話しをしていても出身地方を当てられてしまいます。

 

また元イェール大学助教授で帰国し英会話塾を経営されている
斉藤淳先生も
英会話スクールの選ぶ基準として
ネイティブ講師であることを挙げています。

 

 

      引用 やっぱり子供は幼稚園から英語を勉強するべき理由  

 

 

このように初めて子供が英会話を習うには
ネイティブ講師のきれいなアクセントと発音の英語を
聞かせてあげることが大切です。

 

子どもの英語環境は親が作る

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

子供の英語勉強の環境は親の考え方によって決まります。

 

ネイティブ講師のレッスンの機会を作ってあげられるのは親でしかありません。

 

幼児期の英会話はネイティブ講師と楽しいレッスン中で自然にアクセントや発音がみについていきます。

 

あまり勉強や効果ばかりを考えず言葉を覚えていくような長い目で見ることも大切です。

 

日本語も幼児は日常の中で言葉を覚えていくのです。

 

私たち大人になってから英語を学んだ人はアクセントと発音でかなり苦労しています。

 

学校でも日本人の英語教師に習い「Japanese English」を学んだ人がほとんどです。

 

ALT(外国語指導助手)もいますが、いつも指導してもらう事もできません。

 

私もjapanese englishから抜け出せない一人です。

 

大人になってからの英語ではネイティブの発音のようにしようというのはかなり困難です。
英語を専門とする人でもかなり大変です。

 

言語修得の臨界期前の子供の時期に、ネイティブの言葉を聞き、
脳に焼きこまれていればその後の英語習得にも役立ちます。

 

英会話に全く興味のない親の場合と英語を学ばせるならネイティブ講師と思う親の子どもに差が出てしまいます。

 

もし英会話を子供にも習わせたいと思うのであれば、講師もネイティブ講師にしてほしいと思います。

 

 

外国のタレントが大勢この頃テレビに出ています。
変な日本語を話して受けています。

 

この変な日本語というのは、最初に日本に来た時の日本語の環境が影響が大きいようです。

 

語学学校で正しい日本語を覚えたのか
それともアルバイト先で乱暴な言葉を覚えてしまったり
最初に覚えた日本語が後々の言葉のもとになるようです。

 

私たちも大人も覚えるのでしたら、ネイティブのアクセントや発音を学びたいですね。

 

それでもなかなか難しいのですから、
へんな英語を覚えてしまったら矯正するのはもっと大変です。

 

特に子供の時に覚えた言葉を矯正しようと思ったら大人よりさらに大変です。
子供はやはりネイティブ講師に習うのが一番です。

 

この幼児期の英会話レッスンというのは英語の勉強と考えず
ネイティブ講師と日常会話をどんどんしていくのが良いと思います。