オンライン英会話 ネイティブ 格安

ネイティブ英語で広がる子供の可能性

オンライン英会話 ネイティブ
インターネットの発達は、
コミュニケーションの方法を
劇的に変えました。

 

今のシニアの方が子供の時代には、
海外の人々とのコミュニケーションは、

 

海外旅行というチャンスがあった時だけ
というのが多かったのではないでしょうか。

 

海外との貿易でも、英文レターを書いて意思疎通を図っていました。

 

英文レターを作成していた時代は、辞書を引きながら単語を探して、
文章を作成すれば、済んでしまったのです。

 

しかし今や、スカイプソフトウェアを利用すれば、
インターネットを通じて日本に居ながらにして、
海外の人々と英語で容易にコミュニケーションを取れるようになりました。

 

そのため、実際に会って話しているのと同じ状況で、
コミュニケーションを行う事ができるのです。

 

英語のリスニング力、スピーキングが問われる時代になってきているのです。

 

しかも、英語が母国語でない国の人々とも、
英語で話すことが普通になっています。

 

英語が、国際共通語になっているのですね。

 

そのような状況がますます進化する現代において、
子供達には将来のために英語のリスニング、スピーキングの能力を、
身に付けてもらう教育が必要になっていています。

 

逆に言えば、英会話ができる事によって、
子供達の夢をかなえることができる可能性が膨らむ時代
になろうとしているのです。

 

そのような状況の中で、
子供達が英語について何をなすべきか、
学校や家庭はどのような教育を施していくべきかを考えてみました。

 

 

1.子供の時に基本を学ぶ
最初に英語を学び始めた時には、しっかりと基本的な英語を学ぶべきです。
アメリカ英語やイギリス英語などのネイティブが話している英語を、
勉強しましょう。

 

ネイティブの子供が親から教わるのと同様な方法で、
キッズ英語を学んでいきましょう。

 

日常的な事を、リスニングして理解する事から始めます。
スペルは後から学校で学ぶという手順ですね。

 

そこでは、発音からスペルに変換する時のルールであるフォニックスが、
大切になってきます。

 

リスニング、スピーキング力を付けようと思ったら、
このネイティブと同じ教育環境が必要になります。

 

最初に、英語の教科書があって文法から教え始めるという
昔の学校における英語教育を、根本から変えなければなりません。

 

その点、近年は小学校、中学校にネイティブの英語指導助手が
英語教育の現場で活躍するようになりましたので、
心強い限りです。

 

 

2.異文化の人々とのコミュニケーション
海外の人々と話をしてみる事によって、世界が見えてきます。

 

大人になれば、仕事で海外の顧客と英会話によるビジネスを
しなければならない機会が、嫌が応にもできると思いますが、
子供から学生時代に海外の人と話をしてみるチャンスは少ないかもしれません。

 

そのような時には、オンライン英会話を利用すると良いと思います。

 

海外の先生から英語を教えてもらいながら、先生の国の事などを聞いてみれば、
英語の勉強になるのは当然ですが、物事の考え方などの文化面についても、
触れる事ができるからです。

 

オンライン英会話 ネイティブ
3.大人になったらビジネスへ
今の子供達が大人になった頃には、
ますます世界は一体化しているでしょう。

 

自分が就いた仕事でも、海外の市場に参入できれば、
成功のチャンスは一気に広がります。

 

例えば、自分が即席ラーメンの製造会社を立ち上げたとします。
日本での食品市場での競争は、厳しいですね。

 

でも、世界にはラーメンを食べた事の無い人々が大勢いるのです。
それらの人々が、自分が創作した即席ラーメンを美味しいと思ってくれたら、
販売量が増えて行くでしょう。

 

そのためには、現地の人々との英語によるコミュニケーションができることが、
前提になります。

 

このような事を想像してみただけでも、英語の大切さが分かりますね。

 

 

以上、これからの日本に英語が必要であること、
そして、子供達がどのように英語を学んでいけば良いのか、
を考えてみました。

 

皆さんは、どのように考えますか?