オンライン英会話 ネイティブ 格安

いつでもどこでも英語で自己紹介できますか?

オンライン英会話 ネイティブ

 

英語で自己紹介がすぐできますか?

 

英語ですぐに自己紹介ができるように常に準備してくべきです。

 

自己紹介ができるかできないかは、準備してあるか準備していないかの差です。

 

何かのミーティングやパーティーに行くと必ず自己紹介があります。

 

相手の事を知るためにも、自分のことを知ってもらうためにも
自己紹介は必要です。

 

英語での集まりでしたらもちろん言葉は英語になります。

 

「では英語で自己紹介をどうぞ」と急に自己紹介と言われても戸惑ってしまうのではないでしょうか。

 

英会話を習っているのでしたら、自己紹介はいつでも言えるようにしておきましょう。

 

自己紹介してくださいと言われて、ここでもぞもぞ考えていると最初の印象で英会話が出来るとは思われなくなってしまいま。

 

英会話の勉強をしていると初めてのレッスンや、
英会話のパーティーなど自己紹介することが度々ありました。

 

私もはじめの頃はできませんでした。

 

あわてて何か考えますが、あまり上手な自己紹介は出来たことがありませんでした。

 

いきなり自己紹介といわれてもね〜とか思って考えてしまっています。

 

まず何を話したらいいのかさえわからないのです。

 

思いつかないのです。準備をしていないからです。

 

でもこれではいけないと思いました。これでは英会話を習っている人とは言えません。

 

 

私は、いつでも自己紹介ができるようにしました。

オンライン英会話 ネイティブ

 

自分の名前、出身

 

  田舎でのびのび育ち兄弟は3人です。
  末っ子なので皆にかわいがられて育ちました。

 

  今、経済を勉強しています。
  趣味は食べ歩きと海外旅行です。

 

  英会話は2年ほど勉強しています。
  海外旅行で英語が話せたらと思い勉強を始めました。

 

など1分くらいで一通りの自己紹介がいつでもできるように考えました。

 

いくつも考えるのは大変ですから常に同じことを言えばいいのです。

 

最初は読み上げたような自己紹介になりましたが
何度も同じことを言っているうちに、考えなくても口から出るようになりました。

 

私は自己紹介をしているうちに、これは英語ができないのではなく
自己紹介をする内容が確立していないのだと気が付きました。

 

日本人の仲間同士の自己紹介でも自分の事をはっきり言えますか。

 

英語でもなく、普通に日本人同士の自己紹介でも戸惑ったりしていませんか。

 

特別な趣味がない人は趣味は何だろうとか考えてしまうものです。

 

自己紹介の内容が確立していないだけなのです。

 

自己紹介はいつでも、どこでも言えるように考えておきましょう。

 

 

自己紹介の方法はこうして覚えよう

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

あらかじめ自己紹介には内容を考えておきます。

 

オンライン英会話 ネイティブ名前
オンライン英会話 ネイティブ出身
オンライン英会話 ネイティブ誕生日
オンライン英会話 ネイティブ家族
オンライン英会話 ネイティブ趣味
オンライン英会話 ネイティブ仕事
オンライン英会話 ネイティブその他、自分の興味のある事など

 

名前、出身地など基本的なことは簡単に話します。

 

自分の特に伝えたいことや、興味を持っていることなどを掘り下げて説明できるようにしておきましょう。

 

時には質問もあるかもしれません。

 

簡単な質問には答えられるように準備もしましょう。

 

そうすれば自己紹介にも戸惑わないで言えますね。

 

自己紹介ができると英会話が出来るような人に見えます。
評価もグッと上がります。

 

さらにユーモアたっぷりに英語で自己紹介ができるようになったら完全です。

 

 

私は「1分間英語で自分のことを話してみる」という本を
参考にしました。

 

 

1分程度で自己紹介ができるように例文がたくさん載っています。

 

第1章 自分のことを自分のことや家族の紹介ができるようになっています。
 自己紹介、ふるさと、学校、健康、家族、両親、子供、友達
 について

 

第2章 日常生活 
     食べ物、レストラン、コーヒー、買い物など

 

第3章 趣味や余暇のこと
     旅行 音楽スポーツなど自分の好きなことを選べます。

 

第4章 会社、仕事
     仕事、上司、給料、転勤 などがあります。

 

第5章 社会、人間に関しての自分の意見
    自然、環境、教育、経済、恋愛、平和
    などがあります。

 

全部1分間くらいの短文でやさしい英語で書いてありますので参考になります。

 

この中から自分に合ったところを書き出してつなぎ合わせます。

 

自分に合ったストーリーを作り
何度も練習しいつでもそらで言えるようになるまで口に出して練習します。

 

そしてこの1分間スピーチで趣味の事、仕事のこと、家族の事といろいろ話せるように広げていきます。

 

これだけでも英会話は大分上達しますし、英会話が出来る人に思われること間違いなしです。

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

私はオンライン英会話でネイティブ講師に時々発音などをチェックしてもらっています。

 

 

習っているのであれば常に習っているものを披露できるようにするというのは
ピアノでも感じました。

 

ピアノを習っていたというといいわね〜と言われます。

 

その後必ずと言っていいほど、何か一曲弾いてと言われました。

 

でも弾ける曲はないのです。

 

楽譜があれば弾けるのですが楽譜を持ち歩いている
わけではありませんので弾けません。

 

すると今まで明るく聞いていた人がなんだ弾けないのかといったような
明らかにがっかりしたような顔をします。

 

これではやはりピアノを習っていたというには
残念だと思いました。

 

その場で弾けなければ習っていない人と同じですね。

 

楽譜を見ないで弾ける曲を持っていないとだめですね。

 

1曲でいいのです。弾くのは1曲ですから。

 

そこで発表会などでひいた曲を練習しなおして
ピアノを?く機会があったときはいつでも弾けるようにしました。

 

どこで弾いてと言われてもすぐに弾けるように
時々忘れないように弾いています。

 

 

英会話の自己紹介もすらすらと出てくるよう常にレッスンを怠りません。

 

時には自分も気持ちが変わったりしますから
内容もどんどん変わっていきます。

 

 

まとめ

 

オンライン英会話 ネイティブ自己紹介はいつでもどこでもできるように、自己紹介のストーリーを作リ常に言えるようにしておく。