オンライン英会話 ネイティブ 格安

スポーツでネイティブ英語に近づく

オンライン英会話 ネイティブ
スポーツ愛好家は、
身の回りを見渡しただけでも、
数多くいます。

 

このような方が
ネイティブの英会話を
習おうと思ったら、

 

スポーツニュースを教材にして、
勉強してみてはいかがでしょう。

 

自分の興味のある物を通じて英会話を勉強するなら、
インセンティブが維持できるからです。

 

インセンティブを維持できるというのは、
英会話を習う上でとても重要な事です。

 

英会話の上達を志した多くの方が、
インセンティブを維持できずに挫折していった例は、
枚挙に暇がないのです。

 

日本ではテニスで言えば、
錦織圭選手や大坂なおみ選手が話題となっていますし、
フィギュアスケートや陸上100m走の選手に話題が集まっています。

 

また、アメリカのベースボールでも、大谷選手の活躍が目立っていますね。

 

4年に一度開催されるサッカーワールドカップになれば、
日本中の若者が熱狂します。

 

これらのニュースを英文で読んでみるとか、
ニュースを聞いてリスニングのレッスンをしてみましょう。

 

以下に、スポーツの英会話に慣れるためのポイントを挙げてみました。

 

 

1.スポーツ関連の英語表現を覚える
最初に、基本的な英語表現を、覚えましょう。

 

・The Olympic will be held in 2020.
オリンピックが、 2020年に開催されます。

 

・She gained the final.
 彼女は、決勝戦に進みました。

 

・She won a gold medal.
 彼女は、金メダルを獲得しました。

 

・She has won three straight victories
彼女は、3連勝しました。

 

・She was an upset winner.
 彼女は、番狂わせで勝ちました。

 

・She marked a world new record.
 彼女は、世界新記録を打ち立てました。

 

・The game ended in a draw.
 試合は、引き分けになりました。

 

ここで示した例文は、一部にしかすぎませんが、
次にご紹介するメディアを通じて知った英語表現は、
次々とメモし、ボキャブラリーを増やしていきましょう。

 

実はスポーツに関する表現であっても、
別の場面で使える英語表現は、たくさんあるのです。

 

興味のあるスポーツを通じて、
一般の場面に応用できる表現を覚えられるのが、
スポーツに集中する英会話の大きな利点なのです。

 

 

2.スポーツニュースを読む、見る
ある程度のスポーツに関する英語表現を覚えたら、
スポーツニュースのウェブサイトに挑戦してみましょう。

 

最初のおすすめは、YAHOO! SPORTS です。
スポーツ記事は、英文の他にビデオもあります。

 

ビデオではネイティブのナチュラルスピードの解説が続きますので、
内容は、決してやさしくはありません。

 

しかし、主にアメリカのバスケットボールや
ベースボール、ゴルフなどに関する記事が載っていて、
アメリカの息吹が直接伝わってくるサイトになっています。

 

英語のリスニングを徹底して鍛えるのには、向いていると言って良いでしょう。

 

次にご紹介するのが、THE TOKYO TIMESのSPORTS欄です。

 

日本のスポーツ競技大会についての結果が、英文で載っています。

 

競技の結果は日本の新聞で概ね分かっていますので、
英文に集中することができます。

 

そのため、スポーツに関するボキャブラリーを増やすのには、
とても向いたサイトになっており、おすすめです。

 

スポーツ用語は、しっかりとメモしましょう。

 

 

3.オンライン英会話で英会話を実践してみる
スポーツに関する英語表現を覚え、ウェブサイトでリスニングを鍛えたら、
オンライン英会話のネイティブの先生と、自分の興味のあるスポーツについて、
ディスカッションしてみましょう。

 

オンライン英会話 ネイティブ
サッカーであれば、
イギリス出身のネイティブ講師が良いでしょうし、

 

ベースボールであれば、
アメリカ出身のネイティブ講師をおすすめします。

 

ここでは、
自分の興味のあるスポーツに焦点を当てて、
レッスンを受ける事に徹してみましょう。

 

そして、自分の覚えた事を自分で評価してみるのです。

 

楽しいレッスンを行うことができて、
それが英会話向上の前向きな姿勢につながると良いですね。

 

 

 

 

 

 

    <<おすすめのオンライン英会話はこちら>>