オンライン英会話 ネイティブ 格安

ネイティブと短文で話す

オンライン英会話 ネイティブ
最近、国内の観光スポットには
ネイティブなどの外国人観光客を、
よく見かける様になりました。

 

ある有名観光スポットでは、
外国人観光客が道に列をなして歩いている位で、
日本人よりも多いというのですから驚きです。

 

それだけ、観光地で商売をしている日本人なら、
英語を話さざるを得ない状況になってきています。

 

また、最近は地元の本格的な日本食を求めて、
小さな食堂にもネイティブが食べに来るようになりました。

 

インターネットが普及したお陰で、情報が得やすくなっているからです。

 

日本人は一般的に言って、英単語は知っているのですが、
文章としてのコミュニケーションを英語で行うのが苦手の方が多いのです。

 

それは、かつて高校生であった頃の大学受験の勉強の経験が、
大きく影響していると思います。

 

英語の長文を読むために、単語は一生懸命覚えたのですが、
それを文章にしてスピーキングできないのです。

 

これでは、ネイティブとのコミュニケーションが取れず、
売れる物も売れなくなってしまいます。

 

それでは、いままで英会話と縁の少なかった商店の方が、
どのような英語のトレーニングを積んでいけば良いかを、
こここで提案いたします。

 

 

1.短文で覚える
ただ英単語を覚えているだけでは、スピーキングはできません。

 

単語には良く使われる前置詞が決まっている場合が多いので、
それと一緒に短文として覚えるようにしましょう。

 

以下に例を示します。

 

Agree
同意するという意味の動詞ですが、次にwithの前置詞が来ることが多いのです。
ですから、「I agree with you.(同感です。)」という風に覚えておきましょう。

 

Experience
経験という意味の名詞ですが、次にinやofが続きますので、
「I have experience in salesman-ship.(セールスマンの経験があります)」
と覚えます。

 

Familiar
親しいという形容詞ですが、次にwith 又はto が続きます。
そこで、「I am familiar with him.(彼とは、親しい間柄です。)
と言った具合に覚えておくのです。

 

 

2.短文をつなげるトレーニングをする
次に、覚えた短文を繋げていくトレーニングをしましょう。

 

例えば、ネイティブに駅への行き方を聞かれた時には、
次のような調子です。

 

Go straight on for 500 meters.
Then, Turn to the left.
Next, cross a street.
You will see the station on your right.

 

お土産屋さんを営んでいる場合には、
商品の説明を前途のように、
短文を積み重ねて説明すれば良いのです。

 

そして、お土産を買ってくれたら、
Thank youの一言を忘れないで言いましょう。

 

食堂での注文を受けるのも同じですね。
Here is the menu.

 

もちろんメニューには、
料理名と簡単な説明を英語で書いておく位のサービス精神が必要です。

 

しばらくして、何を注文するか決まりそうだったら、
May I have your order, sir?
と聞いてみましょう。

 

そして続けて、
What would you like to drink?
と尋ねましょう。

 

メニューに英文の説明が書いてあれば、
お客が指差しして、注文の料理は決まるでしょう。

 

いずれの商売をされている方でも、
英語で話すべき事や範囲は大体決まっていると思います。

 

そのため、
日々練習すればきっと上手にネイティブに対応できるようになるでしょう。

 

 

3.オンライン英会話で実践する
どのような商売の方でも、最初は戸惑ってしまうことが多いものです。

 

そのような場合には、オンライン英会話でのトレーニングをおすすめします。
講師にお客役になってもらって、英語での説明をしてみましょう。
オンライン英会話 ネイティブ
そして、実際の現場では、
時としてお客から想定外の質問をされる時があります。
ここが、英会話力を問われる場面となります。

 

折角、オンライン英会話でレッスンを受けるのですから、
ワンランクアップの英会話力を身に付けられたら最高です。

 

お店としても、このような事態に備えて、
本格的な英会話のできる店員が一人でもいれば助かります。

 

あなたも、その一人になってみませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

   <<おすすめのオンライン英会話はこちら>>