オンライン英会話 ネイティブ 格安

ネイティブと会話するツボとは

オンライン英会話 ネイティブ
近年、日本の企業でも、
ネイティブの新入社員を
採用する会社が出てきました。

 

海外ビジネスを展開する企業にとって、
顧客の英語を正確に理解できる人材が
必要になってきているからでしょうか。

 

社内においても、ネイティブスピーカーとの意思疎通が必要になり始めています。

 

ただ、いくら英会話用のテキストを勉強しても、
ネイティブの言っている事を正確に理解できないという悩みを抱えている方も、
いる様です。

 

ここでは、ネイティブの会話を理解するために、
心得ておくべきヒントとその対策を挙げてみます。

 

 

1.ネイティブの会話には省略が多い
日本人同士の会話を考えてみても判る事ですが、
きちんとした文章を話していることはほとんどありません。

 

省略できるところはお互いに分かっているものとして、
文章の一部を話していることに気付くでしょう。

 

ネイティブの実際の会話も、全く同様なのです。

 

英会話のテキストでは、正確な文章が書かれてありますので、
この省略に気付かないと、いくら勉強しても会話を理解できない
ということになってしまいます。

 

もちろん、その他にも会話のスピードが速い、単語と単語の連結があるなど、
理解するのに乗り越えなければならない壁はあります。

 

ですが、この会話の前提条件を理解して、
何が省略されているかを補いながら会話することも、
とても大切なことなのです。

 

いくつかの例を挙げてみます。

 

I have done.(済ませました。)を単にDoneと言う。
I will fulfill my task.(その業務を行います。)を単にI willと言う。
Have you been to Japan?(日本に行ったことがありますか?)を、
単にBeen to Japan?と言う。

 

定型的な英文の場合、言いたい文章全体は分かっているものとして、
文章の大切な部分のみを言ってくるのですね。

 

文章に書かれているのをみると、理解することはできます。

 

しかし、実際の会話の中でこのように言われると、
何と言ったのかの聞き取りができるかを含めて、相手の言わんとするところを、
理解できるかどうかが問われることになります。

 

 

2.過去形に注意する
英語の過去形は、現在形と全く逆の事を言っているニュアンスになる事があるので、
注意して聞く必要があります。

 

例えば、
I am supposed to take a lesson.(レッスンを受ける事になっている。)
ところが、
I was supposed to take a lesson.
(レッスンを受けることになっていた。(でも、できなかった。))

 

amとwasを聞き間違えると、逆に理解してしまいますので、
注意が必要です。

 

また、TomとSusieが会話をしていて、
Tomが話している時に、Susieが一度話を遮ったとします。

 

中断された会話の後で、SusieがYou were talking.
とわざわざ言ったら、どのように解釈できるでしょうか。

 

それは、Tomが前に話をしていたので、中断していた話を再開してください、
という事を言いたいことになるのです。

 

それが、過去形の中に込められているのです。

 

 

3.分からない文章はネイティブに聞く
文章の省略にしろ、過去形の使い方にしろ、
英語を母語としない日本人には、難解な点ですね。

 

理解しがたい会話になったら、再度ネイティブに言い換えてもらって、
聞く事ことが早道です。
オンライン英会話 ネイティブ
オンライン英会話の中には
、ネイティブの講師が居るスクールがありますから

オンライン英会話をうまく活用して、
分からない会話に出会ったら、
レッスンの中で質問してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    <<おすすめのオンライン英会話はこちら>>