オンライン英会話 ネイティブ 格安

アジアでのオンライン英会話の存在感

オンライン英会話 ネイティブ
アジアの多くの国々では、
英語は外国語となっています。

 

しかしながら、
今後のグローバル化を視野にいれると、
英語を話すことが必要となってきているのは、
論を待たないところです。

 

実際、日本でも2021年の1月に行われる大学入学共通テストでも、
英語の読む、書く、聞く、話す、の4つの技能を測る英語民間試験
の導入を図ろうとしています。

 

ところが北海道大学や東北大学では、
この英語検定試験の活用を見送る方針ですし、
東京大学や京都大学では、成績の提出を必須としない、
という方針を打ち出しました。

 

受験生の英語のスピーキングやライティングの能力を評価する必要性は
認識しているものの、まだ評価の統一性に欠けている事に、
憂慮している状態と言って良いでしょう。

 

ただ、将来の英会話の必要性については一致していると言って、
間違いないと思います。

 

それらの英会話レッスンの需要の増加を受けて、
日本では、料金の安いノンネイティブ系のオンライン英会話の受講生数が、
増加してきています。

 

少し料金が高くなりますが、ネイティブ講師のオンライン英会話も、
人気があります。

 

日本では、全体で100スクール以上のオンライン英会話があると
言われています。

 

では、アジアの他の国々では、英語教育はどのように進められているのでしょうか。

 

 

1.中国
何といっても人口の多い中国の英語教育事情は、気になるところです。

 

また、欧米との技術的、経済的な競争を加速化していくためにも、
国を挙げて英語教育の強化を図っている感があります。

 

英語教育は、今では小学校から始められ、大都市部では1年生から、
地方では3年生から週4回の英語の授業を行っています。

 

大都市部と地方で英語教育の開始時期が異なるのは、
国土の広い中国ならではの事情でしょう。

 

この差を埋めるのは、正にオンライン英会話であって、
VIPKidや51Talkなどの大手オンライン英会話が伸びる要因になっています。

 

2013年からの4年間で、オンライン英会話の受講生が1.8倍に増えた
と聞いていますので、その伸びには驚くほかにありません。

 

また、ネイティブ講師の英会話レッスンが注目の的になっています。

 

このような英語教育環境下にあって、海外への留学を希望する若者が多くいます。

 

これらの若者の英会話力は、
TOEICのスコアが平均で700を超えると言うのですから、
これら若者の英語力は高いと評価して良いでしょう。

 

 

2.韓国
韓国でも英語教育熱が高いのは、有名ですね。

 

小学校では、小学校3、4年生が一週間に2時間、5、6年生が週3時間
の英語の授業を行っています。

 

そして、英語ができれば大手企業に就職して海外ビジネスに
かかわることができるとの期待が大きいのです。

 

もちろん、高い給料を手にすることができます。

 

そのような教育環境ですから、オンライン英会話を利用して、
英会話を勉強している人も多いのです。

 

そして、韓国のもう一つの英語教育の特徴は、
フィリピンに留学して英会話を学んでいる若者が多い事です。

 

そのため、フィリピンへの留学生は、
多くが韓国人となっているのです。

 

韓国でも、中国でも日本でも、フィリピンは英語を学ぶのに、
便利な国となっているのです。

 

オンライン英会話 ネイティブ
さて、日本の英会話に話を戻すと、
学校教育の英語の授業にオンライン英会話を、
もっと活用すべきではないでしょうか。

 

40人の生徒に一人の英語教師では、
生徒は英語をスピーキングする能力を得るのは
極めて困難だからです。

 

少人数のグループレッスンにして、
ネイティブの先生からきめ小細やかな指導があって、

 

各生徒がスピーキングを実践する場が与えられて、
初めて真の英会話力の向上につながると思うからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

   <<おすすめのオンライン英会話はこちら>>