オンライン英会話 ネイティブ 格安

オンライン英会話でレンタカー利用法を学ぶ

オンライン英会話 ネイティブ
会社員の方が海外に出張となった場合には、
出張国まで飛行機で行き、

 

空港に着いたら空港内にあるレンタカー会社で
車を借りて、目的の会社まで車で移動する
ことが多いと思います。

 

特にアメリカなどでは、鉄道がありませんので、
車を借りる事になるでしょう。

 

レンタカーを借りるにしても、
必要証明書の提出や運転方法など日本と異なるところがありますので、
オンライン英会話で模擬レッスンを行っておくと良いですね。

 

ここでは、アメリカに出張する場合を想定し、
レンタカーを借りる時の注意点をまとめてみました。

 

他の国の場合にも、当てはまることが多いので、
あなたの参考になると良いですね。

 

 

1.レンタカー会社に予約する

 

目的地の空港に着いた後、レンタカーを借りる場合、空港内の入国ブースに、
いくつかのレンタカー会社が並んでいますから、手続きを行います。

 

今では、「空港名とレンタカー」のキーワードでインターネット検索すると、
いくつかのレンタカー会社のウェブサイトが出てきますので、
オンラインで予約することもできます。

 

オンライン予約では料金の割引がありますので、便利ですし、お得です。

 

空港以外にも、街の中にレンタカー会社がありますが、
そこまで行くのにタクシーなどを使っていては、割高になってしまいますね。

 

 

2.必要証明書を提出する

 

レンタカーを借りる際には、パスポートと国際運転免許証を提示
しなければなりません。

 

国際運転免許証は、日本国の運転免許証があれば、
役所にいくと発行してくれますので、国内で事前に準備しておきましょう。

 

その他、必要となる書類は、ウェブサイトで確認しておきましょう。

 

車を借りる際には、ネイティブの係員と証明書の確認や、料金、保険、
車の車種や事故を起こした時の手続きの説明を英語で受ける事になります。

 

このような点は、オンライン英会話のネイティブ講師と
ロールプレイで事前にレッスンしておくと助かりますよ。

 

 

3.車を運転してみる

 

アメリカの場合、右側通行なので運転ハンドルは車内の左側に付いています、
ウィンカーとワイパーのハンドルも逆になっていますので、
最初は、とまどってしまいます。

 

少し慣れるまで、空港周辺で運転してみると良いでしょう。

 

交通ルールも日本と異なるところがありますので、
日本に居るうちに調べておいた方が無難です。

 

例えば、信号のない十字路では一時停止しますが、
先に一時停止した方が、先に発進できることになっています。
(リーズナブルと言えば、リーズナブルです。)

 

またガソリンスタンド(アメリカではgas stationと言います。)は、
すべてセルフサービスです。
今でこそ、日本でもセルフサービスが増えてきましたが、

 

ガソリンを入れるまでの操作が日本と違うところがあって時間がかかり、
スタンド毎に1人は居るネイティブの係員から、
注意を受けるような事も、起こりうるのです。

 

 

4.故障や事故時の対応
オンライン英会話 ネイティブ
ヘッドライトを消し忘れて、
バッテリーが上がってまったことがありました。

 

このバッテリーが上がった事を、
英語で説明するのに大変な思いをしたことが、
ありました。

 

Deadという英単語1つを知っていれば、十分説明できたのですが、
別な言葉で何とか理解してもらい、車と車のバッテリーをつないで、
回復させることができました。

 

事故を起こしてしまった場合は、ネイティブの警察官への説明などで、
大変な苦労をすることになるでしょう。

 

そのような時にどのような対応を取れば良いのか、
オンライン英会話のネイティブ講師からアドバイスを受けておくことも、
大切ですね。

 

以上、体験も含めて、海外でレンタカーを借りる時の手順や注意点を、
まとめてみました。

 

どのような事が起きても、英語でしっかり説明できる事が大切、
ということが結論でしょうか。

 

 

 

 

 

<<おすすめのオンライン英会話はこちら>>