オンライン英会話 ネイティブ 格安

ネイティブ英語をワーキングホリデー制度で学ぶ

ワーキングホリデー制度とは、18歳から30歳(又は25歳)までの若者が、
外国で旅をしながら、そのステイ費用を賄うためにアルバイトなどの
仕事を行う事が、認められている制度です。

 

ネイティブの国で英語を学びながら、仕事をして生活していけるので、
英語を学びたい若者には人気の制度なのです。

 

ここでは、各国の制度とワーキングホリデー制度を上手に活用しながら、
英会話をしっかりと勉強する方法を紹介します。

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

1.オーストラリア
日本でワーキングホリデー制度を利用する国として、
最も人気が高いのがオーストラリアです。

 

ネイティブの英語を勉強しながら、
レストランやホテル、お土産屋さんでのアルバイトがしやすいのが、
人気の秘密でしょうか。

 

日本人観光客がオーストラリアに来た時に、日本語ができるのが、
逆に強みになっているのです。

 

また、ステイをする場所も、シドニーを初め、ブリスベーン、パースなど、
観光都市となってところが多いのも魅力なのでしょう。

 

各都市を旅して歩くのも、楽しいのですね。

 

日本とは、夏と冬が逆になりますが、大きな時差がないので、
日本にいる家族とスカイプなどを利用して、連絡を取り易いのも利点です。

 

ネイティブの英語を学ぼうとしている方におすすめなのが、
オーストラリアに到着してから3ヵ月間は、
英会話スクールに通えることになっている事です。

 

英会話の上級者の場合には、オーストラリアに入国してから、
いきなりアルバイト生活に入ることも考えられますが、

 

中級者以下の方は、もともと英会話の勉強も目的の1つなのですから、
英会話スクールに通うべきです。

 

この期間を利用して、英会話をしっかり勉強し、
後は、ネイティブとの実践的な英会話をアルバイトの中で、
身に付けていくと良いでしょう。

 

 

2.カナダ
オーストラリアに次いで、人気の高いのがカナダです。

 

カナダの大自然を満喫することができ、秋の紅葉の美しさは見事ですから、
日本人が行ってみたくなるのも分かります。

 

冬は寒さが厳しくなる所もありますが、良質の雪のあるスキー場で、
最高のスキーを楽しめます。

 

ワーキングホリデーで人気の高い都市は、バンクーバーとトロントでしょうか。

 

日本人の留学先としても人気があるため、情報センターがしっかりしているのも、
安心ですね。

 

働き口を探し易いので、アルバイト先が見つからないというのは、
少ないので安心できます。

 

 

3.イギリス
イギリスでは、正確に言うと、ワーキングホリデー制度は、
2008年に終わってしまいました。

 

現在は、Youth Exchange Schemeと呼ばれる制度になっているのですが、
年齢条件が18歳から30歳とワーキングホリデー制度と変っていないので、
イギリス・ワーキングホリデーなどと呼ばれています。

 

この制度はイギリスで、日本の若者が働く事を認める制度となっています。

 

そのため、パートタイムではなくフルタイムでの仕事が、
認められているのです。

 

毎年1,000人の枠で、2年間のステイが許可される制度となっています。

 

イギリスと言えば、
ケンブリッジやオックスフォードといった学生の街がありますので、

 

働きながらでもイギリスの本場のネイティブ英語を学びたい若者には、
根強い人気があります。

 

この両都市とも、もちろん日本からの留学生の多い街となっています。

 

もちろん観光も楽しめますので、
2年間をかけてイギリス各都市と旅する日本人の若者もいます。

 

2年間イギリスに滞在したら、イギリス英語にもかなり習熟しますので、
日本に帰国した後でも、企業に就職するのに有利な様です。

 

 

まとめ
ワーキングホリデー制度を活用すれば、留学の費用のことを心配せずに、
ネイティブの英語を実践的に学べます。

 

英語に堪能になって、日本での会社への就職や英語に関係した仕事に就きたい
と考えている若者は、ぜひ活用してみてください。

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

 

<<おすすめのオンライン英会話はこちら>>