オンライン英会話 ネイティブ グループレッスン

グループレッスンのあるオンライン英会話厳選3選スクールのご紹介

オンライン英会話は、
マンツーマンレッスンのみを行っているスクールが多いのですが、
グループレッスンを行っているスクールも中にはあります。

 

ここでは、グループレッスンを行っているオンライン英会話の中から、
厳選した3スクールをご紹介します。

 

それと共に、グループレッスンの方法の紹介と、
グループレッスンのメリット、デメリット、についても考えていきます。

 

オンライン英会話 ボストン倶楽部

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

グループレッスンの特徴

共有ポイント制を採用

代表者1人がポイントを購入すれば、4人までのグループレッスンが受けられます。

 

グループレッスンであっても1ポイントでレッスンが受けられるので、
4人で受ければ1人当たりのレッスン料金が四分の一になるという、
コストパフォーマンスが最大のアピーリングポイントです。

 

会社での同僚との英会話研修や家族揃っての、
お互いに知った者同士のグループレッスンにとても向いています。

 

高学歴のネイティブ講師が担当

高学歴でTESOLなどの英語教育資格を持ったネイティブ講師が、
レッスンを担当しますので、しっかり身に付く英会話レッスンが期待できます。

 

日本語を話せる講師もいますので、初心者のグループレッスンでも安心です。

 

 

オンライン英会話 ネイティブ「ボストン倶楽部はこちらから」

 

 

 

 

 

 

EF English Live

オンライン英会話 ネイティブ

 

 

国際色豊かなグループレッスン

世界の100ヶ国を超える国の生徒が、グループレッスンに参加します。
国境を越えてさまざまな国の人と、一緒に英会話レッスンが楽しめます。

 

生徒のお互いの英語を理解するために、どちらかというと中級者以上の方に
おすすめです。

 

生徒のレベルをしっかりチェック

最初に生徒の英語の理解力を、しっかりチェックします。
16段階に分けたレベル設定に基づいて、クラス分けされますので、
同じレベルの生徒同士のグループレッスンとなるシステムが確立されています。

 

 

オンライン英会話 ネイティブEF English Liveはこちらから

 

 

 

 

 

vipabc

オンライン英会話 ネイティブ

 

 

6名までのグループレッスン

生徒のレベルを同じとしているので、
理解度に差がなくスムーズにレッスンが進みます。

 

苦手なクラスメートは、次から同じレッスンにならないように申告できますし、
いろいろな講師が担当になるので、表現の幅が拡がるという利点があります。

 

生徒は講師の顔をパソコンの画面で見ることができますが、
生徒同士は声だけの会話となります。

 

講師の圧倒的多さ

世界80ヶ国の30,000人以上の講師が在籍しています。
その中から、きっとあなたと相性の合う講師を見つけることができるでしょう。

 

 

オンライン英会話 ネイティブvipabcはこちらから

 

 

 

 

 

 

グループレッスンの方法

 

オンライン英会話でグループレッスンを行う場合、2種類の方法があります。

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

 

 

スカイプのグループ通話を利用する方法

 

スカイプソフトウェアには、グループ通話という機能があります。

 

生徒の住んでいる国、地域によらず、相手の画像を見ながら
複数の生徒とネイティブ講師が同時にディスカッションをできますので、
この機能を利用します。

 

グループレッスンの場合は、初級、中級、上級と別けて、
同じレベルの生徒を集めて、英会話レッスンを行うことになります。

 

オンライン英会話の講師は、最初に生徒とのインタビューと通じて、
生徒をクラス分けすることになります。

 

上級者と初級者が一緒にレッスンを受けると、
初級者は、「置いてきぼり」となってしまうからです。

 

この方法の特徴は、生徒が全世界から集まってくる事ができることです。
ですから、いろいろな英語が混じったレッスンとなります。

 

良く言えば、国際色豊かな英会話レッスンとなりますが、
ネイティブ講師は、レッスンのテーマをしっかり定め、

 

各生徒が均等に発言できるようにレッスンをコントロール
していかなければなりません。

 

日本人の生徒は、ネイティブのような綺麗な英語ばかりでなく、
いろいろな国の英語に触れる事になりますから、
積極的にいろいろな英語を聞き取る練習をしましょう。

 

 

WEB会議方式

 

WEB会議とは、レッスンに参加する生徒が一つの部屋に集まって、
比較的大きな画面に映ったネイティブ講師を、
生徒全員が見ながら行う方式となります。

 

各生徒の発言が講師に伝わるように、
スピーカーフォンなどの補助機器を使うと効果的になります。

 

生徒の数があまり多くなってしまうと、
ひとりひとりの生徒が英語で発言する機会が少なくなってしまいますので、
4名程度で行います。

 

この方式は、企業の英語研修などには向いたグループレッスンとなります。
同じ英会話のレベルを持った社員が一つの部屋に集まって、
ネイティブ講師からレッスンを受ける事が、容易にできるからです。

 

また、家族でのグループレッスンにも向いていると思います。

 

小学生の子供の英会話のレッスンに親御さんが加わって、
お子さんのレッスンをサポートしながら、
自分も英会話のレッスンを受けることができるからです。

 

参加する生徒同士は、企業研修の場合にしろ、家族の場合にしろ、
良く知っている同士ですから、レッスンはスムーズに進むでしょう。

 

 

 

 

オンライン英会話のグループレッスンのメリット、デメリット

 

マンツーマンレッスンでは、講師と生徒が1対1 のレッスンとなるため、
生徒の英会話レベルに合わせたレッスンができます。

 

生徒の希望によりテキストを使ったレッスンもできますし、
新聞記事をテーマとしたディスカッションを講師と行ってみる、
などフレキシビリティーの高いレッスンが可能です。

 

ところがグループレッスンでは、初級者、中級者、上級者にクラスを分けたとしても、
生徒のレベルは必ずしも同じとは限りません。

 

そのことが、かえってメリットとなったり、デメリットとなったりするのです。

 

ではそのメリット、デメリットを見ていきましょう。

 

 

グループレッスンのメリット

 

メリットとしては、次のような点が挙げられます。

 

・レッスン料金が安い
・スカイプのグループ通話レッスンなら国際色豊か
・WEB会議方式のレッスンなら生徒同士で励まし合いができる
・他の生徒のスピーキングが参考になる

 

 

レッスン料金が安い

 

数人で受けるグループレッスンですので、マンツーマンレッスンと比べて
何と言っても、1人当たりのレッスン料金を低く抑えることができます。

 

オンライン英会話は、通学式の英会話スクールよりもレッスン料金が安いのですが、
グループレッスンとすることにより、さらに料金は安くなります。

 

例えば、グループレッスンの1位に挙げたオンライン英会話ボストン?楽部の場合、
4人で25分のグループレッスンを受けると、一人あたり350円で済みます。

 

レッスンを2回50分間にわたって受けたとしても、700円です。

 

通学式の英会話スクールのグループレッスン料金と比較しても、
極めて安いと言えるでしょう。

 

 

スカイプのグループ通話レッスンなら国際色豊か
 

 

スカイプのグループ通話を利用したレッスンでは、
生徒は日本人とは限りません。

 

世界中の生徒が一緒になって、
ネイティブ講師からレッスンを受けることになります。

 

レッスン中は、英会話講師のコメントやアドバイスを聞き、
他国の生徒の問題に対する回答や意見を聞く事ができます。

 

また英語の発音の違いばかりでなく、文化の違いや考え方の違いも分かります。

 

日本人の生徒は、世界のどこの国を旅するかわかりません。
世界のどこに行っても、英語なら理解できる力を養うのに良いでしょう。

 

 

WEB会議方式のレッスンなら生徒同士で励まし合いができる

 

オンライン英会話 ネイティブ
WEB会議方式の場合は、
1つの部屋に生徒が集まって
レッスンを受けることになりますので、

 

会社の同僚か家族の日本人同士の
グループレッスンとなるでしょう。

 

英会話講師の話を聞いたり、
同僚の意見を聞きながらレッスンが進みます。

 

そのため、英会話講師の言っていることばかりでなく、
生徒の英語での発言も参考になることがあります。

 

このような場面では、このような英語表現を使えば良いと言う事を、
同じ生徒から学べる事も少なくありません。

 

また同僚の前で、英語で自分の意見を述べるのは、最初は勇気がいることですが、
そのような事に慣れることにも役立ちます。

 

同じレベルの生徒同士でレベルアップに向けて、
切磋琢磨することもできますので、メリットの1つと言って良いでしょう。

 

 

他の生徒のスピーキングが参考になる

 

英会話講師のスピーキングが上手なのは、
当たり前と言えば当たり前です。

 

ところが同じグループの生徒が、すばらしいスピーキングをした時には、
とても刺激を受けるものです。

 

前項の「WEB会議方式のレッスンなら生徒同士で励まし合いができる」
でも述べましたが、どの様な単語を使ったのか、どのような発音をしたのか、
と言った点に興味を引き付けられます。

 

良い意味での生徒間の競争心が働くのですね。
知らない英単語は、早速調べて暗記してしまいます。

 

このようにお互いに生徒同士のスピーキングを参考にできるのが、
グループレッスンの良いところなのです。

 

 

グループレッスンデメリット

 

グループレッスンでは、メリットがあるのと同時にデメリットも
あります。

 

グループレッスンを受けることを決める前に、
以下のようなデメリットがある事も理解しておきましょう。

 

・WEB会議方式のレッスンでは周辺機器の用意が快適さに必要
・できるグループ員主導になりがち
・発言できる時間が短い
・テキスト中心のレッスンとなる

 

 

WEB会議方式のレッスンでは周辺機器の用意が快適さに必要

 

通常のパソコンサイズでは、参加した全ての生徒が講師を見る事が難しいので、
講師を大写しにするために、パソコンをテレビに接続した方が良いでしょう。
オンライン英会話 ネイティブ
それと共に、レッスンを快適に行うためには、
生徒の誰の発言も講師に聞こえる様に、

 

左写真の様なスピーカーフォンを用意する
ことをおすすめします。

 

このように、良いレッスン環境をつくるために、
多少なりとも周辺機器の用意が必要となってきます。

 

 

できるグループ員主導になりがち

 

グループレッスンを行う時には、
初級、中級、上級とレベル分けしてレッスンを受けることになりますが、

 

それでもなお参加する生徒の間にある程度のレベルの違いがあることは、
やむを得ないことです。

 

するとレッスンは、どうしてもレベルの高い生徒の発言が多くなりがちです。

 

レベルのやや低い生徒も、
自分なりのスピーキングを、胸を張ってできるようでなければ、
良いグループレッスンにはならないでしょう。

 

そのため、グループレッスンの場合は、
生徒の各人がほぼ均等に発言できるように、
英会話講師がレッスンをコーディネイトすることが大切になってきます。  

 

また、生徒同士もお互いに譲り合って、
一緒にレッスンを楽しんでいく位の気持ちを持つと良いでしょう。

 

 

発言できる時間が短い

 

他のグループ員がいますので、自分が英語で発言したい、
質問したいと思った時に、必ずしも発言できるとは限りません。

 

別の生徒が先に話を始めたら、聞いていなくてはなりませんので、
どうしても、一人の生徒が発言できる時間が短くなってしまいます。

 

他の生徒が発言している時間は、リスニングのための時間であると考え、
レッスン時間をむだにしないためにも積極的にリスニングに集中しましょう。

 

 

テキスト中心のレッスンとなる

 

マンツーマンレッスンなら、今話題となっているトピックについて、
講師とディスカッションをしたり、自分の分からない英語表現について、
時間をかけて質問したりすることができます。

 

ですがグループレッスンの場合は、グループ員のことを考えると、
自分の事ばかりに時間をかけている訳にはいきません。

 

やはりテキストを中心にしたレッスンとなり、
そのテキストの内容について意見を言ったり、質問したりすることになります。

 

テキストを中心にしたレッスンなら系統的に学習できますので、
良い面を活かしましょう。

 

自分の疑問は、自分の学習の中で回答を見つけていくことになるでしょう。

 

 

まとめ

 

オンライン英会話のグループレッスンの方法やメリット、デメリット、
について考えてみました。

 

グループレッスンは、会社での英語研修や家族が一緒になってのレッスンに、
とても向いているレッスンと言えるでしょう。

 

マンツーマンレッスンに劣らぬ良い面がありますので、
上手に利用してみてくださいね。

 

 

グループレッスンのできるオンライン英会話スクールは、
マンツーマンレッスンも受けることができるようになっている
場合がほとんどです。

 

マンツーマンレッスンとグループレッスンの、
両タイプのレッスンを受けてみるという方法もありますね。

 

 

 

   <<おすすめのオンライン英会話はこちら>>