オンライン英会話 ネイティブ 格安

ライオン 

    おすすめ度     ★★★★★
     ジャンル     ヒューマン
     ひとこと     インドで5歳で行方不明となり養子として
              オーストラリアに渡った少年が
              グーグルアースで故郷を探し当てるという実話
              見終わった後は感動の涙です。

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

この映画は実話を元にしたインドからオーストラリアに養子として渡った少年が25年の後に実母を探し当て会いに行くという映画です。

 

実話であるだけに見終わった後は感動で涙が止まりません。

 

こんなことが実際にあるのですねと言うのが素直な感想ですね。

 

グーグルアースという現代のネット時代でなければありえなかった話です。

 

サル―というインドの少年が、兄と働きに出た時、間違った電車に乗り込んでしまったことで迷子となってしまいオーストラリアに養子としてわたり、グーグルアースでふるさとを見つけ25年ぶりに故郷に帰り家族に会うというストーリーです。

 

オーストラリア・アメリカ合衆国・イギリス合作の映画で2016年に封切られると、

 

アカデミー賞や英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、オーストラリア映画協会賞、

 

その他数多くの賞を総なめしました。

 

主演は青年になったサル―をイギリス人のデーヴ・パテールが演じています。

 

少年時代のサルー役を演じたのはサニー・パワールです。

 

インドで数千人もの中からオーディションで選ばれたそうです。

 

サル―は貧しいインドのある地方に住んでいる5歳の子供でした。

 

兄と汽車から石炭を盗んでは食料にかえるといった貧しさの中で日々を送っています。

 

貧しくとも母親の深い愛情は深いものがありました。

 

ある日兄と働きに出たのですが、兄とはぐれ間違った電車に乗りカルカッタに

 

来てしまいました。

 

そこはふるさとからは遠く離れていて5歳のサルーにはまったくわからないところでした。

 

言葉も地方の言葉でしたから通じませんでした。

 

怪しい人物に捕らわれそうになったりと大変な境遇に追い込まれていました。

 

施設に助けられサルーの身元を調べようとしてチラシも配ってもらいましたが

 

結局分かることはありませんでした。

 

ある日、オーストラリアで養子を探しているという夫婦の元に行くことが決まりました。

 

会話は英語で、最初は単語くらいしかわかりませんでした。

 

ニコールキッドマン扮する養母、やさしい養父に育てられ大学まで教育を受けるという

 

恵まれた生活を送りました。

 

でも心の隅にはいつもふるさとのインドの風景や自分を探している母親の姿がありました。

 

そしてその思いはどんどんと膨らみ生活も乱れるほどになってしまいます。

 

自分はいったい誰で、親兄弟は自分のことを探しているだろうかなどと考えることは、

 

養父母に対して裏切りでもあるんではないかと悩んでしまいます。

 

恋人ルーシーとも危ない関係になるほど心は病んでしまいます。

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

 

しかしその気持ちを抑えることは出来ず、小さなころの思い出をたどってグーグルアースで探していきます。

 

広いインドから探すのは気の遠くなるような作業でした。

 

グーグルアースで探すというのが本当にこの時代だからできたのですね。

 

20年前だったら無理なのではないでしょうか。

 

グーグルアースで見つけたサルーは、とうとうインドへまで行って母親と会うことが出きました。

 

25年ぶりの抱擁でした。

 

母親も信じられないほどの喜びだったようです。

 

この映画のラストは感動のあまり涙が止まりません。

 

しかし、残念なことに兄は電車にひかれて亡くなっていることを知りました。

 

現在サルーはインドの貧しい子供たちのの養子縁組の支援活動をしているようです。

 

ぜひお薦めの映画です。