オンライン英会話 ネイティブ 格安

2020年 小学校でも英語が教科化され成績がつきます

 

オンライン英会話 ネイティブ

2020年度からの小学校の英語が教科化されます。

 

今までは英語は外国語活動として外国語に慣れるのが目標でしたので成績にはなりませんでした。

 

2020年には、国語、社会の教科と同じように通知書に評価がされます。

 

小学校でも英語を使えるようになるスキルを学ぶことになります。

 

今まで5,6年生でしていた外国語活動は、小学校の3,4年生で行われるようになります。

 

外国語活動と英語の教科化の違いはどう違うのでしょうか。

 

外国語活動は英語を「聞く」「話す」の英語になれるといった事が主ですが、教科化になると「読み」「書き」が加わります。

 

さらに教科になりますので成績がつきます。

 

小学校でも英語が学ばれるようになってからは、外国人の英語指導助手、ALTが月1回や、週1回とか学校によって違うようですが、外国人による英会話の時間がありました。

 

教科ではありませんので、子供たちも英語のネイティブの先生と話すことができますので楽しいようです。

 

英語の取り組み方も学校によってかなり違うようです。

 

英語に対して熱心に取り組んでいる学校とそうでない学校の差もだいぶあるようです。

 

教科として成績をつける必要がありませんので、学校の考え方、先生の裁量に任せられていますのでやり方が自由なのですね。

 

勉強と言うより、遊びの感覚で英語を覚えましょうという雰囲気ですから、子供たちも楽しく授業を受けているようです。

 

先生もいろいろな工夫をして子供たちが自然に英語を覚えるようにと、ゲームを入れたり、買い物の練習をさせたりと力を入れているようです。

 

まだ教科として評価されない英語は「楽しく英語に親しむ」ことができますので、英語を楽しいと受け止めている割合が多いようです。

 

しかし、中学生になると途端に英語の苦手意識が芽生えてきます。

 

「読み」「書き」が入るとどうしても勉強という位置づけになりますので楽しいという要素はなくなってきます。

 

これは勉強ですから、当たり前という事なのですが、英語は中学校で初めて勉強することですので苦手になってしまうのでしょうね。

 

オンライン英会話 ネイティブ

小学校で楽しかったという授業を中学生でも思わせる教え方はなかなか大変です。

 

しかし、子供達、そして大人でも「英会話が話せるようになりたい」「英会話が出来たらかっこいい」という気持ちはほとんどの人が持っています。

 

文部省が英語を小学校から教科として学ぶといった背景には国際社会に生き抜くための語学力を身につけさせるためと言った狙いがあります。

 

英語と言っても英会話を身につけるといった事が主になるのだと思います。

 

そのためには、教科となっても英会話を主にした取り組みが必要になります。

 

単に英語の授業を小学校からに移しただけでは、小学生から英語嫌いにしてしまう事になりかねないと思います。

 

興味を引く英会話授業にするには日本人の英語教師だけでは無理があると思います。

 

教師が英会話が出来る人ばかりとは限らないですからです。

 

やはり教科として、英語を学んだ人が英語教師になっていると思います。

 

やはりネイティブ講師を学校に数人配置するなどして、英語がもっと身近になることが必要なのではないかなと思います。

 

話す機会がなければ、学ぶ意欲がわかないのは当たり前と言ってもいいでしょう。

 

それではやはり入試のための英語学習になってしまいますね。

 

小学校の英語の授業もいろいろな思考錯誤の時期が続くと思いますが、まずは、個人で英会話のレッスンを学んでいくのがベストかなと思います。