オンライン英会話 ネイティブ講師 豊橋市

英会話スクールを豊橋市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
豊橋市は、愛知県の南東側にあり、
三河湾と太平洋に面した市です。

 

豊橋市内には、東海道本線の飯田線の豊橋駅周辺、
豊橋鉄道渥美線の新豊橋駅から向ヶ丘駅

 

にまたがる豊橋市街地を中心にして、
多くの店舗型の英会話スクールがあります。

 

お子さんに特化した英会話スクールから、
お子さんから大人までの総合英会話スクールまで、
多くのスクールが立地しています。

 

 

港湾を利用した三河港からは、
多くの自動車が輸出入されており、
国際貿易港となっています。

 

輸出入に関しては、
貿易相手国の港との相互連絡が不可欠となりますし、
手続き書類も、英語が多くなるでしょう。

 

英会話も必要になってくると思います。

 

貿易に関係した会社の社員は、業務上も英会話を学ぶ必要に迫られています。

 

これが豊橋市に、
多くの英会話スクールがある理由の1つになっているのでしょう。

 

また市内には、吉田城跡のある豊橋公園や普門寺、
重要文化財である豊橋ハリストス正教会、
国の史跡となっている馬越長火塚古墳などがあります。

 

博物館も多く、

 

地球の生い立ちから生物の進化を学べ、
恐竜の骨が展示されている豊橋市自然史博物館、

 

大名の本陣建屋と歴史的資料が展示されている豊橋市二川宿本陣資料館
などがあります。

 

愛知県をビジネスで訪れた外国人も、
豊橋市の歴史の見学にくるのではないでしょうか。

 

市内の歴史ガイドの方は、外国人への紹介は英語を通じてとなるでしょう。

 

三河港関係者や歴史ガイドの方が英会話を習うなら、
ネイティブの講師のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブは、世界のどこでも通用する英会話を教えてくれるからです。

 

とことろで、あなたも英会話スクールを、豊橋市でお探しですか?

 

英会話スクールを豊橋市でお探しのあなたに、
オンライン英会話を改めてご紹介させていただきます。

 

今や英会話は、多くの人が習っています。
学校の入学試験や、海外で活躍する会社に就職するために、
確かに若者に、英会話は必要になってきています。

 

あなたは英会話を習うのは、このように若い人と思っていませんか?

 

オンライン英会話 ネイティブ
実はシニアの方も、たくさん習われています。

 

入学試験や、就職活動に捉われないシニアの方は、
楽しみながらレッスンをしています。

 

無理なく、自分のペースでレッスンできるからです。

 

それと、自宅で通学することなく
英会話レッスンを受けることができるのも、

 

オンライン英会話がシニアの方に向いている
理由に挙げられます。

 

本当の英会話の楽しみを、知っているように思います。
あなたも、英会話を始めてみませんか?

 

それでも複数の生徒で行うグループレッスンでは、
自分のスピーキングを「恥ずかしい」と思ってしまうものですね。

 

そんなあなたには、オンライン英会話をおすすめします。

 

オンライン英会話は、
インターネットがつながりさえすればパソコンを通じて、
好きな時間に、好きな場所で、マンツーマンのレッスンが出来ます。

 

レッスン中の25分の間、講師はあなただけの先生です。

 

しかも料金は、通学式と同じネイティブ講師のレッスンが、
通学式のスクールよりもはるかに安いのです。

 

全ての副次的な経費を極限までそぎ落とした結果、
いままでの経営思考では考える事のできなかった低料金を、達成できたのです。

 

現在国内では、幾つものオンライン英会話が運営されています。
その中で、英語教育資格を持ったネイティブ講師のいるオンライン英会話を、
ご紹介させていただきます。

 

一度、無料のお試しレッスンを体験して、
レッスンの雰囲気を味わってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

豊橋市     牟呂八幡社

 

牟呂八幡社は、文武天皇が造ったと言われている由緒ある神社です。江戸時代末期から明治初期にかけて東海道や畿内を中心に、江戸から四国にまで広がった社会現象「ええじゃないか」の発祥の地とされています。この考え方に共鳴した信者達は、「ええじゃないか。」と連呼しながら、集団で町々を巡って熱狂的に踊ったそうです。

 

 

 

 

 

 

豊橋市の通学式英会話教室とオンライン英会話を比較してみました

 

 

豊橋市には、多くの通学式英会話教室がありますが、
オンライン英会話とレッスン料金や、通学、レッスン時間帯、講師の選択、
について便利さを比較してみました。

 

 

・通学式英会話教室のサンプリング方法

 

豊橋市にある英会話教室を、パソコンの検索サイトで「豊橋市 英会話教室」の
キーワードで検索してみました。

 

表示されたスクールの中で、全国展開しているE校と、
できるだけ地元の教室の特徴を捉えるために調査する数を2校とし、
B校とW校を選んでみました。

 

・オンライン英会話のサンプリング方法

 

豊橋市内にある英会話教室は、
ネイティブ講師かバイリンガルの日本人講師が、レッスンを行っています。

 

そこで、比較のレベルを合わせるために、
オンライン英会話もネイティブ講師が在籍するスクールを選びました。

 

具体的には、検索サイトで「オンライン英会話 ネイティブ」のキーワード
で検索し、1ページに表示されたスクールの中から「こちら」のスクールを
選びました。

 

 

レッスン料金

 

通学式英会話教室の場合

 

E校の日常英会話コースのレッスン料金は、
週1回100分のグループレッスンを全40回行い、
月あたりの授業料目安が16,000円〜24,000円となっています。

 

この書き方からすると、1ヵ月4回として10ヵ月分の16万円から24万円を、
入学時に納めるということになりそうです。

 

それ以外に、入学金21,600円と教材費が別途必要となります。

 

100分のグループレッスン1回の料金は、4,000円〜6,000円です。

 

また、マンツーマンレッスンは1回80分で、
授業料の目安が16,740円〜19,750円となります。

 

もちろん、マンツーマンレッスンでも上記の入学金と教材費がかかります。

 

B校は、イギリス英語の英会話教室で、
マンツーマンレッスンのみを行っているスクールです。

 

幼児から大人までのコースがあり、バイリンガル日本人講師と、
ネイティブ講師がレッスンを進めます。

 

旅行・日常英会話コースでは、1レッスン1時間で月4回のレッスンを受けると、
月謝25,000円の料金となっています。

 

つまり、60分レッスン1回で6,250円かかる事になります。

 

その他に、入会金が、10,000円かかります。

 

W校は、グループレッスンをメインに行っているスクールです。
週1回コースでは、1クラス最大6名で45分レッスンを行っています。

 

月謝は8,300円(税込8,964円)ですので、月4回のレッスンが行われるとして、
45分レッスンで税込2,241円のレッスン料金となります。

 

なお、入会時に入会金10,000円(税込10,800円)と、
事務手数料5,000円(税込5,400円)が別途かかります。

 

マンツーマンレッスンも短期集中講座の中にあるのですが、
レッスン時間、料金がウェブサイトの中でははっきりしませんでしたので、
割愛します。

 

 

3スクールのレッスン料金を調べてみましたが、
レッスン時間がスクールによりまちまちでした。

 

そこで、オンライン英会話のレッスン料金と比較するために、
レッスン時間を50分に換算してまとめてみます。

 

50分マンツーマンレッスン
E校:16,740円〜19,750円×50分/80分=10,462円〜12,343円
B校:6,250円×50分/60分=5,208円

 

50分グループレッスン
E校:4,000円〜6,000円×50分/100分=2,000円〜3,000円
W校:2,241円×50分/45分=2,490円

 

つまり、豊橋市の英会話教室では、
50分のマンツーマンレッスン料金は、5,208円〜12,343円
50分のグループレッスン料金は、2,000円〜3,000円

 

の範囲にあることになります。

 

 

次にオンライン英会話のレッスン料金です。

 

オンライン英会話は、1レッスン25分で行っているのが一般的です。
そこで2レッスン50分の料金は次の通りです。

 

料金は、「こちら」のスクールの料金です。

 

2レッスン50分のマンツーマンレッスン料金=961円×2=1,922円
2レッスン50分のグループレッスン料金=344円×2=688円

 

入学金は、0円です。

 

 

通学

 

街の英会話教室に通うためには、通学が必要となります。
往復の通学時間と交通費がかかってきます。

 

それに対し、オンライン英会話は自宅でも学校でも、場所を問いません。
インターネットと繋がっているパソコンか、WiFiと繋がっているスマホがあれば、
ネイティブ講師と英会話レッスンができます。

 

台風の時や雪の降る時は、街の英会話教室に通学するのに苦労することになりますが、
オンライン英会話なら、そのような心配をする必要がありません。

 

 

レッスン時間帯

 

通学式英会話教室の場合

 

E校:平日の受付時間が午後1時30分から午後9時30分、
土曜日は午前10時30分から午後6時30分となっていますので、
レッスンもその時間内に行われていると思います。

 

B校:開校時間が、月曜日から土曜日の午後1時から午後11時です。

 

W校:平日のレッスン開始時間は、午後3時10分から午後8時30分となっています。
   土曜日は午前のレッスンが多く、午前9時10分から午前11:50分の範囲です。

 

オンライン英会話の場合

 

ネイティブ講師が在籍するスクールでは、
早朝から深夜までレッスンを行っているスクールがほとんどです。
24時間レッスンを行っているスクールも有るほどです。

 

これは、ネイティブ講師が世界各地に住んでいる為に、
時間に捉われずにレッスンができるからです。

 

 

講師数の選択

 

通学式英会話教室の場合

 

E校:ネイティブ講師3名と日本人講師9名が紹介されていましたが、
   ホームページには講師総勢20名と書かれてありました。
B校:ウェブサイトに紹介されているのは2名でした。
W校:ウェブサイトを拝見した限りでは、講師数は分かりませんでした。

 

 

オンライン英会話の場合

 

調べた範囲では、ネイティブ講師の人数は少なくとも20名、
多いスクールでは、1万人を超す講師が登録されています。

 

人数が多い方が、自分の目的に合った講師を選ぶことができるので、
多いに越したことは無いと思います。

 

 

まとめ

 

レッスン料金を比較すると、オンライン英会話は通学式英会話教室に比較し、
マンツーマンレッスンで16%〜37%
グループレッスンで23%〜34%

 

と格安であることが分かります。

 

また、通学にしても講師の選択にしても、
オンライン英会話の方が、利便性が高いと言えそうです。

 

ただし、通学式英会話教室は、講師が生徒に直接会ってレッスンを行いますので、
コミュニケーションの取り方の勉強をするには向いていると思います。

 

また、英会話の学習を志す人達同士との交流も可能です。

 

オンライン英会話は、講師を見ながらレッスンができると言っても、
パソコンやスマホを通じてとなります。

 

そのような違いも念頭において、
自分に合ったスクールを選び、英会話学習に励んでくださいね。