英会話 相模原市

相模原市で英会話スクールを探す

相模原市は、神奈川県の北側にある市で、
人口が約72万人となっています。

 

神奈川県の中では、横浜市と次の川崎市
についで、3番目に人口の多い市です。

 

市内には、青山学院大学や大美林大学、
北里大学、相模女子大学、帝京大学、女子美術大学、
麻布大学などの多くの大学キャンパスがあります。

 

そのため、相模原市は学生の街にもなっています。

 

 

一方、市内には、多くの国の史跡があります。
寸沢嵐石器時代遺跡、川尻石器時代遺跡、
田名向原遺跡、勝坂遺跡、石井家住宅などです。

 

また、津久井城址もあります。

 

日本の歴史に興味のある外国人が相模原市を観光に訪れたら、
必ずやこれらの史跡を見学するでしょう。

 

史跡の案内係の方の紹介は、英語を通じてとなますね。

 

英会話を習うのであれば、オンライン英会話(スカイプ英会話)、
中でもネイティブが講師をしているスクールをおすすめします。

 

ネイティブなら、世界に通用する英会話のレッスンができるからです。

 

ところで世の中本当に、英語ブームですね。
入社するにも英語は大切と言われ、
内定を目指して学生は必死に勉強しています。

 

目安としてTOEICも、ある程度のスコアが必要と言われています。

 

私も、ある程度勉強しました。
友人に心配されながらの勉強でしたが。
会社の入社内定が出たら、しばらくの間は英語からも遠ざかりました。

 

社会人になってから英会話が必要とか言われ始め、
また勉強を始めました。

 

ネイティブの居る英会話学校にも、通っていました。
私の入ったクラスは、中級まではいかない初級でした。
英会話スクールでも、このクラスの生徒が大半だそうです。

 

つまり学校である程度英語を勉強してきてはいるが、
ネイティブとの英会話は出来ないというレベルです。

 

ネイティブ講師と話そうと思うと、
勉強してきた英文を組み立てて考えながら話す程度です。

 

私が英会話を始めてみて改めて感じるのは、
日本人で英語を話せる人は本当に少ないという事です。

 

オンライン英会話 ネイティブ
私の友人を見渡しても、会話ができる人はほとんどいません。
こんなに英語が必要と言われていても、
実際に話せる人がすくないというのは驚きですね。

 

あなたの周りの友人はどうでしょうか。

 

日本に生まれて日本で育った友人の中に、
流暢な英語を話せる人はいますか。
なかなか居ないのではないかな、と思います。

 

英語検定の点数が高くても、話せるとは限らないようです。

 

今は小さな子供も英語塾に通っている子も多いのですが、
良く聞いてみるとあまり理解していないように思います。

 

子供が行きたいと思うより、
親の希望で英会話スクールに通っている子は、
あまり効果がないようです。

 

スクールで英語を話しても、家に帰れば日本語です。
周りにも、習った英語を話す外国の方もいません。

 

こういう日本の環境で英語を身につけるというのは、
かなり大変なのではないでしょうか。

 

やはり日常生活に不自由しなければ、
語学は身に付きませんね。

 

私も現在は、オンライン英会話で習っていますが、
海外旅行の時ぐらいしか使いませんので、
なかなか上達しないのですね。

 

私の習っているオンライン英会話を紹介します。
一度、試してみてください。

 

 

 

 

 

 

<おススメのオンライン英会話はこちら>

 

 

 

 

 

 

 

 

相模原市   相模湖

 

相模湖は、相模川を相模ダムによってせき止めて作られた人造湖です。東京オリンピックの時は、カヌー競技会場となりました。現在ではワカサギ、へらぶな、などの釣りスポットとしても人気です。特に、ブラックバスの釣り場として知られている様です。毎年行われる「さがみ湖湖上祭花火大会」は有名で、湖上に浮かぶ「ナイアガラの滝」花火などの見所いっぱいの花火大会です。