オンライン英会話 ネイティブ講師 松阪市

英会話スクールを松阪市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
松阪市は、三重県のほぼ中央にあり、
伊勢湾に面した市です。

 

人口は、約161,000人を擁しています。

 

松阪市内には、紀伊本線、名松線、近鉄大阪線
の周辺に多くの英会話スクールがあります。

 

市内には、多くの史跡が残っています。

 

古くは平安時代の遺跡である朝見遺跡や、
奈良時代の中坪遺跡が残っています。

 

国の史跡に指定されているのは宝塚古墳で、
出土品は国の重要文化財に指定されています。
その他の国の史跡として、松阪城跡や阿坂城跡もあるのです。

 

三重県に指定されている史跡には、松ヶ島城跡、大河内城跡があり、
重要文化財には江戸時代末期に建てられた御城番屋敷を見ることができます。

 

これだけ古代から江戸時代にかけての歴史を見ることができる市は、
そう多くはないと思います。

 

松阪市を訪れた際には、ぜひこれらの歴史の証をご覧になる事をおすすめします。

 

三井財閥の三井家発祥地も残っており、
市の指定文化財となっている瑞巌寺庭園は、みごとな庭園となっています。

 

資料館もあり、松阪市立歴史民俗資料館、松浦武四郎記念館,
松阪商人の館を訪ねれば、松阪市の歴史が見えてくるでしょう。

 

その他にも、観光をおすすめしたい所として、
松阪木綿手織りセンター、松阪市文化財センター・はにわ館、

 

みえこどもの城、滝がすばらしい赤目一志峡県立自然公園、
などがあります。

 

祭りも多く、1月には粥だめし火だめし、3月には初午大祭、
4月には宣長まつり、5月には神御衣奉織始祭、

 

7月には祇園まつり、8月には宮前盆踊り、9月には炎の祭典、
11月には氏郷まつりと続き、多くの見学者が集まります。

 

松阪市と言えば、松阪牛が全国的に有名です。
いや、世界的にも名の知れたビーフと言って良いでしょう。

 

更に、三重エスカルゴ開発研究所が研究しているエスカルゴなども
知られています。

 

 

現代は、良い物は世界の市場で販売していく時代になりました。
松阪牛を高級ビーフとして、世界に紹介していくのはどうでしょう。
いや、既に行われているかもしれません。

 

海外販売の際には、英語でのコミュニケーションが欠かせません。
関係者が英会話を習うなら、ネイティブの先生のいるオンライン英会話
を利用されてみることをおすすめします。

 

ネイティブの英語は、世界的にも標準的に英語であるからです。

 

ところで、日本でも世界的な行事が行われるようになってきました。
アスリート達が集まる国際競技大会も、数年後には開催されるようです。

 

待ち遠しいですね。いろいろな競技で、
活躍できるような若手の選手が育ってきています。

 

大いにメダルを期待したいですね。

 

あなたは、このようなイベントにどんな形で参加されますか?

 

「参加って? 見るだけでしょ!」なんて思っていませんか。
私達もいろいろな形で国際的な催し物に参加することが出来るのです。

 

例えば、国際競技大会には多くの外国の方が来ます。
選手関係者はもちろん、見学者まで大変な数が見込まれています。

 

この多くの外国人の方のための誘導、案内など様々な方が必要とされます。
この方々は多くの奉仕の方で成り立っています。

 

こんな形で、国際競技大会に参加することも出来るのです。

 

この奉仕に参加して、
日本の「おもてなし」の一人になってみませんか?

 

奉仕活動は、希望者が多く全員はなれません。
もし英会話が出来れば有利かもしれませんね。

 

迷われている外国の方に英語で案内が出来たら、
どんなに喜ばれることでしょうか。

 

私たちが海外に行って、
日本語で案内されたらどんなに嬉しいか分かりませんね。

 

英会話をマスターして、奉仕活動で参加しませんか。

 

今から英会話を習えば、
数年後の国際競技大会には十分間に合います。

 

でも、時間もお金もそんなにかけられないという人に、
オンライン英会話をおすすめします。

 

スカイプを使ったオンライン英会話でしたら、
タブレット端末があれば英会話レッスンができますので、
格安料金でレッスンすることが出来ます。

 

最初は、レッスン料金無しでレッスンができるようになっていますので、
お試ししてみて、自分にあったオンライン英会話をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松阪市  本居宣長記念館
オンライン英会話 ネイティブ
本居宣長記念館は、「古事記伝」などで有名な国学者本居宣長の自筆稿本や自愛の品約一万余点が収蔵されてる記念館です。宣長は松阪の出身で、「古事記」をはじめ、源氏物語などの古典文学や言葉の注釈書を書き、のちの古代文学研究に大きなの影響を与えたと言われています。若い時から亡くなる晩年まで暮らしたという鈴屋と名づけた家の書斎も公開されていますが、鈴を愛したことからつけたそうです。