オンライン英会話 ネイティブ講師 格安

J・エドガー

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

 

 

J・エドガー 

 

 

 

     おすすめ度     ★★★★
     ジャンル      ヒューマン 
     ひとこと      FBIを作り強大な組織にし50年もの間長官として君臨した
               ジョン・エドガー・フーバーの伝記です。
               恐れられていた反面、一生涯独身であった私生活や母親と
                の関係など面白いです。

 

 

 

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

 

 

アメリカのFBIを作り初代長官としておおよそ50年も君臨し恐れられたジョン・エドガー・フーバーの人生を描いた映画です。

 

自分の伝記を口述していく場面と若き日の場面が描かれて面白いストーリーになっています。

 

まだあまり権限のなかった司法省内の捜査局をFBI組織までにしどんどん自分に権力を持たせていく様子が描かれています。

 

アメリカの事件ドラマではFBIは常に活躍していますが、この人によって作られたことを知りました。

 

フーバーがなぜこれほどまでに権力を握り、長く長官にとどまれたかというと、
フーバーは大統領や政府要人の秘密や、スキャンダルを操作し秘密ファイルを作っていたのです。

 

自分に都合が悪かったりするとこの秘密ファイルを使って脅していたのですね。

 

この秘密ファイルを大統領をはじめ政治家などが恐れていました。

 

最後の大統領となったニクソンもフーバーが亡くなると、秘密ファイル探させていましたから本当に恐れられていたのですね。

 

フーバーの扱った事件のリンドバーグ愛児誘拐事件も描かれています。

 

リンドバーグは1927年、初めて大西洋横断単独飛行に成功して知られていますね。

 

私も名前だけ知っていましたが、こんな事件があったことは知りませんでした。

 

フーバーはこの事件をきっかけにFBIの権限を大きくする法律を議会に認めさせさらに組織を強固なものにしていきました。

 

この時代にはまだ指紋についても無知なところがあったり、事件現場などがあまり丁寧に扱われていなかったなど驚くこともあります。

 

また権力を持った強面の長官のようですが、反面同性愛者でもあったようです。

 

FBIの部下のであクライド・トルソンと関係があり、二人とも生涯独身でした。

 

でもフーバーは同性愛者であることを隠していたようです。

 

強い息子であってほしいと願う強い母親と母の死まで二人で暮らしていました。

 

フーバーにはレオナルド・ディカプリオが演じているのもみのです。

 

ちょっと中年になり、フーバーを良く演じています。

 

1992年のタイタニックで一躍スターになってから14年。

 

中年の魅力を醸し出しています。

 

フーバーと同性愛になっていたクライド・トルソンには長身でハンサムなアーミー・ハマーが演じています。

 

老人になり老け顔のレオナルド・ディカプリオはちょっと無理かなと思われなくもなかったですね。

 

同性愛の相手であったクライド・トルソンの老人メイクはもっと変でしたね。

 

いきなりお笑いのドラマのメークになったのかと思ってしまったほどです。

 

なかなか楽しめます。