オンライン英会話 ネイティブ講師 格安

告発

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

 

 

告発 

 

 

 

     おすすめ度     ★★★★
     ジャンル      ヒューマン 
     ひとこと      アルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ、一人の囚人と
               彼を支えた若き弁護士の友情を描く衝撃の実話

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

私たちは毎日あまり今の幸せをう疑うことなく暮らしています。

 

でもこの穏やかな幸せを奪われ、生きていること自体が苦しみであるという人もいるのだと考えさせられます。

 

この映画は実話を元に作られました。

 

ヘンリーという少年がたった5ドルを盗んだ罪でアルカドラス刑務所に収容されたのです。

 

10歳で両親に死に別れ、幼い妹を食べさせていかなければ死んでしまうという過酷な生活の中の盗みでした。

 

盗んだのは5ドルでしたが500ドルの窃盗という嘘の深刻でアルカドラス刑務所に収監されてしまったのです。

 

サンフランシスコのアルカドラス刑務所と言えば脱獄不可能と言われていた連邦刑務所です。

 

有名なギャングであるアル・カポネ、ジョージ・“マシンガン”・ケリーなどもここに収容されたと知られているところです。

 

ここに収容されたら脱獄は絶対に不可能というような要塞のような刑務所なのです。

 

しかしヤングは脱獄を企て失敗します。

 

しかも脱獄仲間に裏切られ罪を擦り付けられ厚生プログラムの地下独居房に入れられてしまいます。

 

ここは光も入らない人としての尊厳をすべてはく奪するような地下室なのです。

 

ヘンリーはここに3年2ヵ月も閉じ込められてしまいます。

 

人はこんなところに3年2ヵ月も閉じ込められるとどうなるでしょか。

 

精神は破壊し人間としての尊厳は全くなくなってしまいます。

 

人はこれ程残虐なことをするのかと思います。

 

更生という名のもとの非道な仕打ちです。

 

この地下独居房から出たヤングに待っていたのは自分を売った脱獄仲間のマッケイン。

 

彼はマッケインを突然襲い掛かりスプーンで首を刺し殺してしまいます。

 

映画はここからが本番となっていきます。

 

誰もがヘンリーが当然死刑であるという裁判の弁護を任されたのは新人弁護士スタンフィルでした。

 

経験を積んだしたたかな弁護士であったのなら、結果の見えてるような弁護は引き受けないのでしょう。

 

あまりに過酷な独居房生活に心を閉ざしてしまったヘンリーは弁護士にさえ心を開くことはありませんでした。

 

ここから若き新人弁護士ジェームズはヘンリーとの心の交流を図り何とかヘンリーの心をほぐしていきます。

 

妹がいること、野球が好きなことなど、本当の友達がほしかったヘンリーがわかっていきます。

 

そしてアルカドラス刑務所の残虐非道な扱いを知ることとなります。

 

そこから弁護士ジェームズは刑務所の扱いを理由にヘンリーの無実を訴えます。

 

そして死刑は免れましたがまた刑務所に戻ることになります。

 

ヘンリーは「刑務所に戻るくらいなら死刑のほうがましだ」

 

というのが本当の心でした。

 

あのアルカドラス刑務所にまた戻ることになったとき、どれほどの苦しみが待っていらでしょうか。

 

でも心の中では勝利でもあったのです。

 

戻った独房には「VICTORY」という文字が刻んであったのです。

 

この事件の判決後に刑務所のひどい待遇が見直されることにより、このアルカドラス刑務所自体が閉鎖になったそうです。