オンライン英会話 ネイティブ講師 格安

英会話を学んでいて思う事

 オンライン英会話 ネイティブ

私がオーストラリアの事件があって英会話を学び始めてから大分年月が経ちました。

 

英会話は私の一部となり今も楽しんでいます。

 

通学式のスクールに何校か通いました。
いろいろな先生やスタッフとのお話も楽しいものでした。

 

この頃は日本でも転職する人が多くなっていますがアメリカなどでは日本のように1つの会社に一生勤めるという事はないそうです。

 

むしろずっと1つの会社にいることに驚いていました。

 

特に英会話講師は英会話を教えながら世界各地を回っている方が多いですね。

 

教えていただいた講師の中に、マフィアのボスのお嬢さんに愛を告白されたことがあるという講師がいました。

 

もしこのお嬢さんと付き合ったら、父親に銃で撃たれるからお断りしたというエピソードを話してくれました。

 

また日本在住のネイティブ講師は日本語を熱心に学んでいます。

 

休み時間には漢字の読み方を聞かれたこともありました。

 

私もいろいろ英会話勉強のアドバイスをいただきました。

 

ネイティブ講師に「英語は単語と単語が続くリエゾンが難しいです。」

 

といったところ
「日本語もありますよ。」と言われました。

 

日本語にはないと思っていたので聞いてみると

 

「おとうさん」という文字をあげました。

 

リエゾンというよりも文字と発音が違うというものですね。

 

私たちは確かに「おとうさん」とは言いません。

 

「おとーさん」ですね。

 

また英語より日本語のほうがずっと難しいといわれました。

 

「数の数え方は本当にわからない。謎だ」と言っていました。

 

 オンライン英会話 ネイティブ

1,2,3,4,5、といったときはなぜ「よん」ではなく「し」なの?

 

「1ぽん、2ほん、3ぼん、4ほん、5ほん」

 

「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、やっつ、ここのつ、とう」

 

にいたってはもう理解不能だと言っていました。

 

「8日、20日」のことをなぜ 「ようか、はつか」というのでしょうかとも聞かれました。

 

なぜこのように複雑なのかわからないそうです。

 

私たちはどうかというと複雑だなとは思っていません。

 

なぜそんな風に言うのかとか考えたこともありませんね。

 

大人になってから日本に来て日本語を習おうとするととても難しいようですが私たちには赤ちゃんの頃から自然に日本語を習得しています。

 

外国の方にどうしてそんな言い方をするのですかと聞かれても答えようがありません。

 

こんなことを考えていると私たちが習う英会話も同じだなと思う事があります。

 

音がつながるリエゾンにしても一度覚えてしまえばいえるようになります。

 

このように語学は理屈ではなく、あるがままに覚えてしまうほかないと思うようになりました。

 

1ぽん 2ほん 3ぼん 4ほn 5ほん 6ぽん・・・・・の言い方も理屈ではありませんね。

 

覚えてしまうほうが早いですね。

 

英会話もどうしてこんな言い方をするのと疑問に思うのではなく、何度も何度も音読し口で覚えてしまうのが一番と思っています。