オンライン英会話 ネイティブ講師 格安

英会話を習い始めたきっかけは海外旅行中のトラブルでした

人それぞれに英会話を始めたきっかけがありますね。

 

私が英会話を学び始めたきっかけとなったのは海外でのちょっとした事件でした。

 

私はもともと英語には興味はありませんでした。

 

どちらかというと苦手でしたね。

 

大学では語学の単位に中国語とフランス語を選択し英語を取らなかったほどですから。

 

そんな私が英語を習い始めたのは海外旅行中のトラブルがきっかけでした。

 

海外旅行が好きだったので会社の休みを取ってはよく海外旅行に行っていたのです。

 

ほとんど格安のツアーでしたので、往復のチケットと宿泊のホテルが予約してあるだけで終日自由行動というようなプランです。

 

1人では行動しにくいようなところだけオプショナルツアーを入れたりしました。

 

自由行動ですから、ほとんど自分でしなければなりません。

 

目的地までの路線の見方、電車のチケット、入場券、おみやげの購入、ホテルのチェックインなどすべてしていました。。

 

英会話はあまりできませんでしたが、それでも何とか単語をつなげていれば通じていました。

 

 オンライン英会話 ネイティブ

ところがオーストラリアのシドニーのホテルに泊まった時にとんでもないトラブルがあったのです。

 

その日もオペラハウスを見たり、シドニータワーのスカイウォークをして楽しみました。

 

夕食をとってホテルに戻り入浴しようとバスタブにお湯を出していました。

 

ベットでくつろいでいると疲れたせいか、ふとうとうとと寝入ってしまったのです。

 

目が覚めた時にバスタブが大変なことになっていました。

 

「あー  大変!」

 

バスタブから湯がこぼれ部屋のほうまでお湯が流れ込んでいました。

 

バスタブにはお湯がいっぱいにならないように、上のほうに水が流れる穴が開いているのですが、このホテルのバスタブには穴がなく、上からどんどんこぼれていたのです。

 

部屋の床まで濡れてしまっていました。

 

慌ててバスタオルでお湯をふき取りましたが床はかなり湿ってしまいました。

 

翌日は部屋をそのままにしてツアーに参加しました。

 

床は私が出ている間に乾くかなと簡単に考えていました。

 

 オンライン英会話 ネイティブ

ブルーマウンテンなどの渓谷をめぐり楽しみました。

 

ホテルに戻ってみるとフロントから電話がありすぐに来てほしいという事でした。

 

私はすぐに昨夜のお風呂の水があふれたことだと察知して心臓が止まりそうになりました。

 

もしかしたら床の弁償に高額な請求をされるのではないかとびくびくしながらフロントに行きました。

 

フロントのマネージャーが私の部屋の床が濡れたことを言っていたのはわかりましたが、詳しくはわかりませんでした。

 

私もありったけの単語を使って説明しました。

 

もう心臓はバクバクです。

 

私の説明が何とか通じたのか、あるいはフロントの方が会話が通じなく諦めたのか、部屋を交換してくれただけで終わりました。

 

部屋を交換してベットに座ったときに疲れがどっと出ました。

 

このときしみじみと日本に帰ったらすぐに英会話を習おうと決めました。

 

単語を並べただけでの英会話でも海外旅行は楽しめます。

 

でもトラブルに巻き込まれないように絶対に英会話は必要だと感じた一瞬でした。

 

このことをきっかけに英会話をしっかりと学ぶようになりました。

 

やはり、外国は日本ではないという事を意識しておかなければなりませんね。