オンライン英会話 ネイティブ講師 格安

英会話講師の教育資格

 オンライン英会話 ネイティブ
オンライン英会話で
英会話レッスンを受けるなら、
英語教育資格を持っている
講師を選びたいですね。

 

英語教育資格を持っている講師は、
生徒のレベルに合わせて
オンライン英会話のレッスンを行い、

 

また、どのようなレッスンをすれば
生徒の英会話力を向上できるかを、
良く知っているからです。

 

以下では、英語の教育資格についてご紹介します。

 

 

CELTA

 

CELTAは、イギリスのケンブリッジ大学の
英語教育認定センターによって提供されています。

 

国際社会に最も広く認められている資格であり、英語教育資格の分野では、
標準的な地位を得ています。

 

ネイティブの講師だけではなく、英語を母国語としない英語講師でも、
一定の英語能力があれば教員資格を取得することは可能です。

 

日本のように英語を標準的に使わない国ばかりでなく、英語使用国でも、
英語を教えることができます。

 

この資格の教育内容は、
・英語学習者に効果的な教育をできるような知識を得る。
・大人の英語学習者に英語を教授する実践的なスキルを身に付ける。
(若い学習者を教育するための追加のコースもあります。)
・教育の場で、実際に英語学習者にレッスンを行ってみる。

 

と、理論から実践までの広い教育範囲をカバーしています。

 

 

TESL(Teaching English as a second Language)

 

英語が母語ではないが、第二外国語として一般的に使われている香港や
シンガポール国で英語を教える資格です。

 

もっと広義のTESL(Teaching English to Speakers of Other language)では、
カナダやアメリカなどの英語圏の国で、英語の勉強にきた留学生や、
英語を母国語としない移民に、英語で英語を教える方法を学ぶ資格の意味
で使われることもあります。

 

 

TEFL(Teaching English as a Foreign Language)

 

日本や中国など、英語が一般的に使われていない国で、英語を教える資格です。
プログラムは、10週間程度の授業となっているケースが多いようです。

 

英語の文法や英作文、発音などを教える技術を学び、
レッスンの計画や、授業の運営方法の知識の習得、実践を行います。

 

 

TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages)

 

英語が母語でない人々向けの英語教育に関する資格です。

 

講座の内容は、概ね次のようになっています。
・第二言語としての英語を習得するための理論を学ぶ
・英単語、文法、発音などの教育方法
・スピーキング、リスニング、ライティングの教育方法
・プレゼンテーションの仕方
・英語能力の評価方法
・教材の見つけ方

 

 

では、TESLとTEFLとTESOLの関係はどのようになっているのでしょうか。

 

広義のTESLは、カナダやアメリカなど英語を母語とする国で英語を教える資格、
TEFLは、日本などの英語を母語としない国で英語を教える資格、
TESOLは、大きなくくりとしてはTESLやTEFLを含む資格と
言えるでしょう。

 

いずれにしても、オンライン英会話のレッスンで英会話力が向上するかどうかは、
英会話講師の経験や実力によっても違ってきます。

 

オンライン英会話を選ぶ場合は、このような点にも気を付けたいですね。

 

 

 

 

 

<<おすすめのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

日本人英会話講師が持つべき教育資格

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

 

 

日本人でも、英会話スクールやオンライン英会話の英会話講師として、
生徒の英会話の指導を行います。

 

公立の学校の教諭の場合は、大学で教育学を学んで、
教員免許を持っていないと子供達を教えることはできませんが、
英会話講師には持っていなければならない資格、免許は特にありません。

 

ただし、英会話スクールの日本人英会話講師になりたいと言っても、
雇う側からすれば、どの程度の英語力があるのかが分からなければ、
雇えません。

 

日本で英会話力の目安にしている英語検定試験としては、
TOEICがあります。

 

TOEICスコアが900点と言えば、
この人は英語が上手と判断できるからです。

 

ですから、TOEICは英会話講師に必要な資格では在りませんが、
高いスコアを持っていれば、英会話講師になるために役立つのです。

 

では、英会話講師となるためには、
その他にどのような検定試験が目安となるでしょうか。

 

 

TESOL

 

ネイティブが英会話講師を職業とするのであれば、
ほとんどの講師がTESOL資格を持っていると言っても過言ではありません。

 

そのため、日本人であっても、TESOLは国際的に通用する資格
であることは間違いありません。

 

TESOLの資格を取得するには、イギリスやアメリカの大学の講座で学ぶ方法と、
オンライン講座で学ぶ方法があります。

 

日本で英会話を教えるのであれば、オンライン講座の方が、
授業料も15万円程度で済みますのでおすすめです。

 

 

実用英語技能検定

 

日本では、英検の省略語で良く知られており、
子供から大人まで英語を勉強している多くの方が受験しています。

 

現在、中学校や高校の英語の教師は、
この英検の準一級に合格する事を目標としている位、
日本人にとっては、馴染みの深い検定試験となっています。

 

この英検の1級を持っていれば、
日本人の英会話講師として英語能力に高い評価を得られるでしょう。

 

 

IELTS、TOEFL-iBT

 

日本ではあまり名の知られていなかった2つの試験ではありますが、
2021年から、大学入試の英語科目の検定試験に含まれることになり、
一躍その名が知られるようになりました。

 

このIELTSはもともと、
・イギリスなどの大学へ留学したい
・かつてイギリス連邦であったオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、
 へ移民したい、生活したい、

 

と思っている方が受験する試験です。

 

KOEFL-iBTも、
アメリカのNPOであるEducational Testing Serviceが主催しており、
非英語圏の学生が英語圏の大学へ留学する時に、英語能力を測定するための
テストです。

 

英語の聞く、読む、話す、書く、の4つの試験がありますので、
英語の能力をバランス良く評価することができます。

 

この試験で高い評価を得ていれば、英会話講師としての資格になりますし、
今後は大学入試試験の際に、
英語検定としてIELTS、TOEFL-iBTを選択する高校生もいるでしょうから、
受験の指導に役立つでしょう。

 

 

まとめ

 

TESOLを初め、TOEIC、英検、IELTS、TOEFL-iBTの各検定試験で、
良い成績を取っていれば、英会話講師の資格として認められ、
英会話スクールに就職する際に、あるいは英会話スクールを経営するのに、
有利となるのは間違いありません。

 

後は、英語教育の経験を積んで、
上手に教えることを実践の場で学んでいくことになります。

 

これからの時代は、
小学生から高校生までの英会話レッスンや、初心者の方の英会話レッスンに、
日本人の英会話講師が活躍する場は大きく広がっていくでしょう。

 

英会話講師を目指す方は、英会話の勉強のインセンティブにするためにも、
英会話の資格をぜひ取得することをおすすめします。

 

 

 

         <<おすすめのオンライ英会話はこちら>>