オンライン英会話 ネイティブ講師 格安

日常会話とビジネス英会話の違いは?

 

英会話スクールに行くと必ず日常会話コースのほかに
ビジネス英会話コースがあります。

 

ビジネスに英会話を使うという人はビジネス英語を学んでみたらよいでしょう。

 

英会話はやはり目的がはっきりしていたほうがモチベーションも高いですし、やる気も起こりますね。

 

また明日からでも海外との商談に英語を使わなければならないという人もいるでしょう。

 

では日常英会話とビジネス英会話の違いはなんでしょうか。
特別なビジネス英会話があるのでしょうか?

 

英会話として考えると特別なものがあるように感じてしまいます。

 

日本語に置き変えてみればよいでしょう。

 

日本の会社でもビジネス日本語というものはありませんね。

 

会社で話している言葉は普段と変わりない日本語です。

 

少し違うのは電話の応対、ビジネス相手への丁寧な対応などでしょう。

 

これは日本でも同じようにいえるビジネス用語です。

 

そして友人と話すような言葉では商談は出来ませんから丁寧な話し方が必要です。

 

ビジネスでの挨拶の仕方

 

ビジネスでの談話での対応の仕方

 

ビジネスメールの書き方

 

ビジネスでのお茶の入れ方

 

など日本でもビジネス研修がありますね。

 

これらを学んでいきます。

 

また担当している仕事の特別な専門用語はちろん必要になってきますね。

 

つまりビジネス英会話というのは丁寧な言葉と自分の仕事の専門用語いうことになります。

 

社会人としての挨拶、会社のかかわりとしての挨拶ももちろん違ってきますね。

 

自己紹介も所属部署やどのような仕事に携わっていたかなど、自分の経歴を話す事になります。

 

趣味などは話しませんね。

 

また商談でから、会社としての意見をはっきり言うことも大切です。

 

賛同する意見なのか、反対の意見なのかはっきり伝えなければなりません。

 

このようなフレーズを中心に学ぶのがビジネス英会話です。

 

明日にでも英語で商談しなけばならない人はビジネス英語が的確に学べますのでおススメですね。

 

まだ仕事には英語を使わないという人や初心者は日常英会話が良いと思います。

 

いきなりビジネスに使うからといってビジネス英会話コースをとる必要はありません。

 

ビジネス英会話と言っても基本は私たちが使っている日常英語が基本ですからまず基礎をしっかり勉強した方が良いでしょう。

 

日常英会話が話せるようになるとビジネス英語は簡単にマスターできると思います。

 

またビジネスに使う英会話を学ぶのでしたら、ネイティブ講師のレッスンを受けてください。

 

ビジネスとなれば趣味の英会話と違います。

 

やはり発音もイントネーションもビジネスに通用するような英会話を学びたいですね。

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>