オンライン英会話 ネイティブ講師 格安

初心者にはディズニー映画がおすすめです

映画を修得するには、いろいろな方法がありますが、その中でも映画を見るのをおすすめしています。

 

映画のセリフはまさに日常会話の中で使っている生きた英語です。

 

英会話のテキストでどんなに勉強しても覚えるとなるとなかなか大変ですね。

 

学んだフレーズがどんな場面で使えるのかもわかりません。

 

私も何冊もテキストを暗唱するまで勉強しましたが、頭に残っているのは少しです。

 

でも映画で見たセリフは結構覚えています。

 

「こんな場所でこんなセリフを使うのね。」
「こんな簡単な言い方でいいのね。」

 

と勉強になることがたくさんです。

 

とはいっても、生のネイティブのッセリフを理解するのは、英会話上級者でもわからないものはあります。

 

日本の映画でも俳優がセリフをわかりやすくはっきりという事などあまりありませんね。

 

前後お流れや背景を考えながら推測して見ています。

 

洋画を最初から字幕なしで見たらほとんどわからないこともあります。

 

初級者にはむしろちんぷんかんぷんなんてことになりかねません。

 

そこで初級者には、ディズニー映画がおすすめです。

 

アニメは声優が吹き込んでいますので、俳優が現場でわかりいくいセリフを言うのとは違いますから聞き取りやすく英会話の勉強には最適です。

 

セリフのすべてが英会話のレッスンと思ってよいでしょう。

 

しかもディズニー映画は誰にでも受け入れやすいストリーが見ていても飽きません。

 

しかし、ディズニー映画といってもやさしかったり、少し難しいものや、ストーリーもまちまちです。

 

自分で何度見ても見て楽しいと思えるものを選んでほしいと思います。

 

何度も何度も見てセリフを覚えてしまうのが良いでしょう。

 

しかし、英語の勉強として見るにはどれでもいいとは限りません。覚えても汚い英語では使えませんね。

 

どんな映画が良いかは

 

 使われている英語の難度が自分にあっているか

 

 日常に使える英語表現が多いか

 

 発音がわかりやすく、聞きやすい

 

 何度見ても楽しい

 

こういった項目を注意して選んでください。

 

汚い英語を覚える必要はありません。

 

時々テレビでも外国の方が汚い日本語を使っているのを見るとがっかりしてしまうようなこともありますね。

 

外国に行って、私たちがそのように覚えて汚い英語を使ったら驚かれるでしょう。

 

上品で綺麗な英語を覚えたいものですね。

 

 

おススメのディズニー映画

 

 塔の上のラプンツェル (画像をクリックできます)

 

 

塔の上のラプンツェルは、2010年に作られウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目です。、初の3Dで描かれるプリンセスストーリーで子供から大人まで楽しめる作品です。
18年間もラプンツェルは育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外へ出ることを許されず、でもとうとうティアラを盗み出し逃げ込んできた大泥棒フリン・ライダーとの取引で外に出ることができたのです。

 

 アナと雪の女王  (画像をクリックできます)

 

 

主題歌「Let It Go ありのままで〜」で日本中が湧き上がった映画でしたね。私も何度も歌いましたね。触れたものを凍らせてしまう秘密の力を持ったアレンデール王国の姉・エルサ。誤って妹のアナが魔法をかけられ意識不明の状態になってしまいました。両親が事故で無くなると成人した姉エルサは戴冠式の臨みました。でもエルさのふれたものを凍らせてしまうという魔力はどんどん強くなってしまったのです。
この映画は映画としてもとても面白い映画ですね。

 

ライオンキング  (画像をクリックできます)

 

トイストーリー  (画像をクリックできます)