オンライン英会話 上達しない

英会話が上達しないと思っている人 勉強方法変えてみませんか?

英会話を習っているのに、一向に英語が話せるようにならないと悩んでいませんか?

 

あなたは、英会話スクールで1年以上レッスンしていますか?

 

英会話はある程度勉強していれば、片言の英語で何とか話せるようになるものです。

 

でも何年もスクールに通いながらも、ほとんど話せないという人もいますね。

 

同じ時期にスクールに入学して同じグループでレッスンしていくのですが、
半年も過ぎるとだいぶ話せる人と話せない人が出てきます。

 

1年以上勉強していて全く話せないという人は、やはり勉強方法が間違っているかもしれません。

 

ちょっと、勉強方法を見直しましょう。

 

まずどのように話せないのか考えてみましょう。

 

 聞き取れるけれど、言いたい単語が出てこない 

 

  ネイティブ講師の言っていることはある程度理解できるが上手にこたえられない

 

  ネイティブ講師の言うことはある程度理解できるが単語が出ない

 

 

ここで答えようとするスピーキングは、
中学校で習った基本的な文型と、易しい単語を使う事が大切です。

 

五文型まで行かなくても、SV(主語+動詞)、SVC(主語+動詞+補語)、
SVO(主語+動詞+目的語)だけでも良いのです。

 

まずネイティブに、時間を置かずに反応を示すことが大切なのです。

 

Where did you go yesterday? という質問に、
I went to a park. だけでも、答えることが大切です。

 

そして慣れてきたら、I went to a park with my family.
という風に、状況を細かく説明できるようにしていきましょう。

 

上手に答えようなどとは、思わないことです。

 

英会話ができない初心者の場合のほとんどの方は、
最初の反応ができない状態だと思います。

 

うまくフレーズや単語が出ないというのは、英会話学習者であれば誰もが感じています。

 

あなたがその場で出ないというフレーズは、実は何度もテキストで学んだりネイティブ講師に教えてもらっているのです。

 

講師には耳で聞き、テキストでは目で見ています。つまり聴覚でも視覚でも、学んでいるのです。

 

教室では講師が何度もレッスンさせますからあなたも教室では話せるような気分になると思います。

 

でもいざ違った場面では、話せないのですね。

 

あなたは、家でもレッスンをしているというかもしれません。

 

予習も復習もきちんとしているのに、話せないというのはどういう事でしょうか。

 

きっとレッスンの方法が、違うのだと思います。

 

きっと「声に出す」というレッスンを、していないのだとおおいます。

 

英会話は会話であるので、「声に出す」というレッスンが一番大切なのです。

 

学んだフレーズは、必ず口に出して口が覚えるほど繰り返していきましょう。

 

何度も何度もです。10回、20回、50回、100回と数えながら言ってみてください。

 

すると、さりげなく口からすっとフレーズが、出てくるようになります。

 

英会話のテキストなども、声に出して読んでみる勉強方法が効果的です。

 

ネイティブとの会話で、一度だけでも必要な時に必要なフレーズが出てきたら、
もう忘れないと思います。

 

その時のうれしさを忘れないから、そのフレーズも忘れないのです。

 

今度同じような質問をされたら、スムーズにそのフレーズが口から出てくるでしょう。
そうなれば、良く出てくるフレーズとして頭にしっかり残るでしょう。

 

 

 ネイティブの言っている事が聞き取れない 

 

まネイティブ講師の言っていることが理解できないという人は、どうしたらよいでしょうか。

 

私達は、聞いてもわからないことはわかりません。

 

聞き流す英会話では、上達できません。「聞き取る」ことが、大切なのです。

 

レッスンでわからないことを、聞き流してしまっていませんか?

 

聞くのが恥ずかしくて何となくわかったふりをして済ませていては、いつまでたっても上達はしませんね。

 

ネイティブ講師が言ってわからなかったことは、なんといっているのか何度でも聞き返してください。

 

恥かしいという気持ちをレッスンで持っていると、 いつまでたってもネイティブ講師の言っていることがわかりません。

 

Could you say that again?
「もう一度おっしゃっていただけますか?」

 

レッスン中にネイティブ講師に、何度でもわかるまで聞くことをおすすめします。

 

もし、何度も聞くことで嫌がる先生がいたら、ネイティブ講師を変えることで解決できます。

 

通学式のスクールでは、毎回質問ばかりしていると講師に嫌がられるかもしれませんね。

 

オンライン英会話でしたら、講師は何人もいますので遠慮することはありません。

 

必要なら別の言い方をしてもらっても良いし、
文章にして紙に書いてもらっても良いでしょう。

 

レッスンですから、大切なのはネイティブ講師のいった事を理解することです。
理解した上で、もう一度言ってもらうと納得することが多いですね。

 

 

 単語を知らない 

 

また、単語が出てこないという悩みも多いですね。

 

言葉は単語でもどうにかなるものですから、やはり単語は多く知っていたほうがいいです。

 

「単語の力は英語の力」とも言われます。

 

英単語は英会話の勉強の時間に単語の勉強も組み入れておいて勉強しましょう。

 

単語は普段使っている単語は覚えていますが、滅多に使わない単語は定期的に練習しないと忘れてしまいます。

 

せっかく覚えた単語ですから定期的に補習して忘れないようにしましょう。

 

ボキャブラリーを増やすのには、経験上言えば英語週刊誌がおすすめです。
英語週刊誌は、その時々の話題をテーマにしていますから、
読んでいて楽しみながら、今必要な単語を覚えることができます。

 

それに、毎週発行されますから、
毎週新鮮な話題に触れることができるので、飽きることがありません。

 

もちろん、重要と思った単語はメモ帳にしっかり記録しておいてくださいね。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>