オンライン英会話 聞き取れない

英語が聞き取れない原因

オンライン英会話 ネイティブ

 

英会話の勉強を始めていくと 必ずいくつかの難門が立ちはだかります。

 

ネイティブの英会話がほとんど聞き取れない

 

というのもほとんどの人が悩む事です。

 

英会話初心者はネイティブスピーカーの英語は聞き取れないのが普通です。

 

英語の勉強をしているのに、いざ話してみようと思ったら相手が何を言っているのかさっぱりわからなかったということはよくあることです。

 

英会話を勉強したばかりの頃はほとんどの人が経験します。

 

原因は

 

オンライン英会話 ネイティブ単語の正しい発音がわかっていない
オンライン英会話 ネイティブ英語がテキストとは違う発音している
オンライン英会話 ネイティブスピードが早い
オンライン英会話 ネイティブ英単語の知識の不足

 

だからです。

 

単語の正しい発音がわかっていない

オンライン英会話 ネイティブ

 

私たちは中学の頃から単語の勉強はたくさん勉強してきました。

 

スペルの書き方から、意味など単語帳でたくさん学びましたが、残念なことに正しい発音はあまり重要視しないできてしまいました。

 

実際の英語は単語のスペル通りに発音されません。

 

私たちはローマ字を学んでいますので、ローマ字読みになってしまいます。

 

waterは 「ウォーター」と 覚えてしまっていますが実際には 「ワーラ」と言ったニアンスになります。
こんな例はたくさんあります。

 

       間違い発音     正しい発音
banana    バナナ       ブナーナ
Potato     ポテト       プテイトウ
girl       ガール       グロゥ
Doctor     ドクター      ダクタ
little      リトル       リロゥ

 

このように正しい発音を学んでいないと実際に発音されていてもわかりません。

 

海外に行ってマクドナルドのお店を聞こうとしても「マクドナルド」が通じなかったというのは良くある話です。

 

マクドナルドは「マッダーナゥズ」のように発音します。

 

単語の発音は、一つ一つ学んでいくほかありません

 

CDを聞いたりリスニングレッスンの時にわからなかった英単語をチェックしながら
実際に発音される単語を耳で学んでいきましょう。

 

単語の発音は一度チェックしておけば結構覚えるものです。

 

 

英語の文字と発音が違う

オンライン英会話 ネイティブ

 

英語独特の単語がつながると変化する発音のパターンを覚えてしまえばわかるようになります。

 

これは、ネイティブの会話のスピードになると
単語と単語をつなげて発音するからです。

 

これをリエゾンと言います。

 

例えば
Not at all.  ノラロー

 

私も始めて聞いた時は全くわかりませんでした。

 

どうしてこんな発音になるのだか驚きでした。でもなれるとすぐに聞き取れるようになりました。

 

私達は英語を中学・高校と教科書のスペルから勉強しています。

 

英会話を勉強するとこのスペルがどうしても頭にあるので理解できなくなってしまうのです。

 

リエゾンは理屈ではありません。慣れるしかありません。

 

発音しやすく単語がつながっているのです。

 

 

ほかにも

 

What are you doing?  ワラユーデューイン
But I         バライ
take it easy      テイク・イット・イージ
How about       ハバラウ
I want to       アイウォン ツー

 

このように、スペルとはまったく違う発音になります。

 

このようにリエゾンはいくつかパターンがありそれを勉強すればわかるようになります。

 

そして英会話のテキストをDVD で聞きながらレッスンしどんな発音になっているかを確認してください。

 

一度マスターしてしまえば簡単です。

 

以前は聞き取っれなかった

 

What are you doing?  ワラユーデューイン
But I         バライ
take it easy      テイク・イット・イージ
How about       ハバラウ
I want to       アウォン ツー

 

 

もすぐに聞き分けることができるようになります。

 

何度も言いますがリエゾンは理屈なしに覚えるだけです。

 

この発音はオンライン英会話のネイティブ講師にレッスンしてもらうのが最適ですね。

 

そもそも英単語の知識不足

オンライン英会話 ネイティブ

 

英語の力は単語の力 などとも言われるように単語がわからなければいくら聞いてもわかりません。

 

日常会話に必要な英単語は3000くらいと言われています

 

私たちが高校までに習う単語が3000と言われていますので、高校までに学んだ単語を覚えていれば
日常会話には不便なくなります。

 

中学レベルの単語をマスターしただけでもそれほどは不自由はしません。

 

単語もコツコツと覚えていくしかありません。

 

会話のスピードが速すぎる

 

私たちはテキストで丁寧な英語を学んでいます。

 

しかもテキストンついてくるCDは、アナウンサーのような方のきれいな発音でゆっくり話されています。

 

実際の会話で、CDのテキストのような美しい発音できれいに話す人はいません。

 

英会話の勉強をしていくと付属のCDの発音がきれいすぎて驚きくようになります。

 

「こんなにきれいな会話をする人はいないわ〜。」と思うようになったらあなたも英会話中級者になっているでしょう。

 

CDでのレッスンは基本です。大切ですが、実際の会話はこのようにはいきません。

 

このようなゆっくりとした会話では話が弾みませんね。

 

これは慣れるようのレッスンしなければなりません

 

早い英会話になれる

 

リエゾンを学び英語のリズムに慣れるように
早いネイティブの会話の教材でリスニングに慣れましょう。

 

何度も何度も聞いているうちにだんだん聞き取れるようになります。

 

テキストはあくまでテキストとして学び、ネイティブのスピード、発音に慣れることです。

 

私はhuluの映画を見てネイティブの発音、言い回しを勉強しました。

 

同じ映画を何度も何度も見ているとだんだんとセリフがわかるようになってきます。

 

オンライン英会話 ネイティブ

 

フレーズのリズムや発音が自然な形で覚えられます。

 

huluはとてもおススメです。

 

 

≪Hulu≫で英会話の勉強がおススメ

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>