オンライン英会話 ネイティブ 小樽市

小樽市で英会話を探す前に

   

小樽市は、北海道の積丹半島にあり、
石狩湾に面した人口約12万人の市です。

 

陸側は、朝里岳、於古発山、和宇尻山、
春香山、銭函天狗山、などの山々に囲まれ、

 

街には、石狩湾に注ぐ星置川、銭函川、
勝納川、などが流れており、自然の育まれた地域となっています。

 

小樽市内の西側の海岸は、ニセコ積丹小樽海岸国定公園となっており、
フゴッペ岬、ポンマイ岬、茅柴岬、竜ヶ岬、高島岬、平磯岬と、

 

岬が多い事からも分かる様に、出入りの多い雄大な海岸風景となっていますので、
観光の際には、ぜひ見学されることをおすすめします。

 

特産品には、寿司やかまぼこ、魚類のホッケ、ニシン、カレイ、
酒類では日本酒ばかりでなく、ビール、ワイン、とありますので、
友人や家族へのお土産として買って帰ると、きっと喜ばれるでしょう。

 

また工芸品として、ガラス品、オルゴールなどがあり、
これも家族には喜ばれますね。

 

小樽市内の史跡には、
国の史跡となっているストーンサークルの遺跡である忍路環状列石や、
手宮洞窟があり、歴史愛好家の方には鑑賞をおすすめしたいスポット
となっています。

 

また、国の登録有形文化財として、
JR小樽駅本屋・プラットホームや、旧青山家別邸主屋・文庫蔵・板塀、
があり、歴史的建造物をぜひ味わっていただければと思います。

 

その他に、小樽市の歴史を知るのは、
小樽市総合博物館本館、小樽市総合博物館運河館、にしん御殿小樽貴賓館、

 

日本銀行旧小樽支店金融資料館、小樽運河ターミナルなどがあり、
ぜひ訪れてみることをおすすめします。

 

このように小樽市は、特産品や観光名所が多く、
毎年700万人を超す観光客が訪れる観光都市となっているのです。

 

海外から観光に来たネイティブが北海道に来たら、
きっと小樽市を訪れるでしょう。

 

その際の案内係の方は、市内紹介を英語で行う事になりますね。

 

案内係の方が、英会話を習得しようとするなら、
オンライン英会話をおすすめします。

 

小樽市内のどこにいても、英会話レッスンを受けることが
できるからです。

 

ところで、英会話のできる学生は、
最近は外資系企業への就職を希望する人が増えてきています。

 

外資系企業は、企業の概要の説明開始時期や、
リクルートの面談の開始時期を日本の企業よりも早くする傾向にあり、
早く入社する会社を決めたい学生の希望にマッチしているのです。

 

就職をするには、履歴書を書かなければなりませんが、
日本の履歴書とは異なりますから、
書き方くらいは、事前に勉強しておいた方が良さそうですね。

 

日本の履歴書の場合は、性別や生年月日、家族構成まで書きますが、
海外の企業に提出する履歴書の場合は、性別、年齢、家族の事は記載しません。

 

外資系企業に就職を希望する学生の皆さんは、
覚えておいてくださいね。

 

英文の履歴書に書くのは、
最初に要約を書くと良いでしょう。

 

なぜ、この会社に就職を希望したのか、

 

自分の経験はこのような事で、あなたの会社が採用してくれたら、
この様にお役に立てるでしょう、
といった事を強気にアピールしなければいけません。

 

日本人は、謙遜することが良いことであると思っていますが、
そのような必要は一切必要無い事を覚えておいてください。

 

次に、自分の氏名を、名前、苗字の順にローマ字で書き、
住所、メールアドレス、電話番号を書いておきます。

 

就職したい会社の方で、面談しても良さそうだと考えれば、
イーメールで面談日時、場所を連絡してもらうためです。

 

次に希望職種を書きます。

 

工学部の電気学科を卒業したのであれば、
プログラムのソフトウェア関係が良いのか、
重電機関係の仕事が良いのか、明確に書かなければなりません。

 

技能の欄では、
自分のもっている職業的なスキルについて簡潔に書きます。

 

学生の場合には、また実際の仕事を経験している訳ではありませんので、
英検やTOEICのスコアを書いておけば良いでしょう。

 

更に、職歴を書きます。
どの様な会社において、どのような内容の仕事を、
何年から何年まで務めたのかを書いていきます。

 

これば、ネイティブの場合、2,3年で転職する場合が多いので、
採用する側からすると、重要な情報になるからです。

 

そして、最後に学歴を書いておきます。

 

いずれにしても、外資系企業に就職を希望するなら、
英会話がしっかりできないと務まりませんから、

 

オンライン英会話で、ネイティブ講師からしっかりと
レッスンを受けておくことが大切ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

小樽市  小樽オルゴール堂

オンライン英会話

1967年に創業の、老舗です。バブル崩壊のあと倒産しましたが、存続を求める声が多く、会社更生計画が認可され、社名を株式会社小樽オルゴール堂に変更し、2008年には株式会社オルゴール堂に再度社名変更しました。

観光客が多く訪れるコースとなっています。大切な人への贈り物や、記念に購入する人に人気です。