英会話 袖ヶ浦

袖ヶ浦で英会話スクールを探す前に

 

袖ヶ浦市は、千葉県の中央付近にあり、
人口がほぼ六万1千人となっています。

 

東京湾に面した地域は京葉工業地帯の
一角として、製油所や石油化学、
天然ガス設備のコンビナート群と
なっています。

 

袖ヶ浦地区には、大手化学会社と石油精製会社の工場が立地しています。

 

袖ヶ浦市の工場に働く従業員の方々の中には、
海外取引の部署に配属されている方もいると思います。

 

海外とのコミュニケーションは、英語によることになるでしょう。

 

一方、市内の中心部には田園風景が残っており、
キャンプ場やゴルフ場が有ります。

 

観光スポットとしては、広大な敷地に広がる芝桜が美しく、
しいたけ狩りやたけのこ狩りのできる東ドイツ村、

 

浜辺近傍でジョギングの楽しめる袖ヶ浦海浜公園、

 

アクアラインから車なら1時間で着くアクセスの良さが自慢の
森のまきばオートキャンプ場、

 

などがあります。

 

学校には、袖ヶ浦高等学校を初め、中学校が長浦中学校を含む5校、
小学校が昭和小学校を含む7校があります。

 

学校では、英語の授業の充実が進行中であり、
これらの学校の生徒の皆さんの中には、
英会話レッスンを個別にネイティブの先生から、
受けたいと希望しているお子さんもいるでしょう。

 

工場で働く海外取引関係の従業員の方や学校の生徒さんが、
英会話をトレーニングするのでしたら、ネイティブの講師が在籍する
オンライン英会話、スカイプ英会話をおすすめします。

 

ネイティブの英語は、世界のどこでも通用するからです。

 

ところで、田舎で育った私は、中学校で初めて英語を習いました。
外国人を見ることも、ほとんどないといった環境でしたね。

 

それだけに英語は、とても新鮮でした。
たまたま担任の先生が、英語の先生でした。

 

K先生という男のまだ若い先生で、
田舎では珍しく英会話も流暢な先生でした。

 

今となっては、どのくらい流暢だったのかは分かりません。
英語を初めて習った私には、そのように思えたのです。

 

それなりに外国の方とは、お話ができたようです。

 

先生のご自宅の近くに、外国人のための農業研修施設がありました。

 

そこの外国の方と知り合いの方がいるというので、
クラスの友人と連れて行ってもらったことがあります。

 

どういう事でそこに行くことになったかの経緯は、
今は覚えていません。
私を含め4人が、行ったことだけ覚えています。

 

まだ英語を初めて2,3か月のことで、
全く英語など、わからない時期でした。

 

行く前に先生に、簡単な英会話だけ教えてもらいました。

 

挨拶と自分の名前の言い方です。
そしてひとりづつ聞きたいことを、
1フレーズ教えてもらい覚えました。

 

私はWhere are you from?でした。

 

その時はまだ習っていませんでしたので、
カタカナで書いたのを覚えています。

 

放課後、先生の車にぎゅうぎゅう詰めになって行きました。

 

私たちが研修施設に行くと、
皆さんが食事したりお茶を飲んだりして、
くつろぐような大きな部屋に通されました。

 

何人もの外国の方がいて、
コーヒーを飲んだりお話をしていたりと、
くつろいでいました。

 

先生の知人の方が3人ほど来て、
私達とお話をしてくれました。

 

今考えると、どんな話をしたのだろうと思います。

 

なんといってもアルファベットを習い、
まだまだ会話なんて習っていなかったのですから。

 

でもなんとか、通じたのですね。
楽しかった、という思い出になっています。

 

先生に教えてもらった
Where are you from?
と言って聞いたら、返事があり感動しました。

 

この後で英語の授業も、楽しくなりました。
やはり、学んだことが実際に役に立つという事を、
知ることは勉強のモチベーションに繋がりますね。

 

オンライン英会話でも、
ネイティブに自分が英語で言ったことが通じると、
モチベーションが上がりますね。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>


 

 

 

 

 

 

 

 

 

袖ヶ浦市  袖ヶ浦海浜公園

オンライン英会話

袖ヶ浦海浜公園は、海とふれあえる憩いの場です。園内にある展望台や護岸沿いの園路からは、東京湾アクアラインの奥に横浜の街が望めます。公園のシンボルである展望塔には、人々の夢を乗せた未来の宇宙船を想像したアルミ製の銀色の球形の屋根が設置されています。その展望台からの眺めは、最高です。