オンライン英会話 ネイティブ 箱根町

箱根で英会話スクールを探す前に

箱根町は、神奈川県の箱根峠の東部にある町で、
人口は一万二千人ほどです。

 

神山、箱根駒ヶ岳、冠ヶ岳、早雲山、
上二子山、下二子山の中央火口丘からなる

 

箱根山と、カルデラ湖である芦ノ湖が、
箱根町の特徴となっています。

 

それらの山々の近くにある、湯本、宮ノ下、
塔ノ沢、大平台、小涌谷には、温泉があり、
それらの温泉街を総称して箱根温泉と呼んでいます。

 

富士山を観るなら箱根町町から見るのが絶景で、
町内では12か所も富士山のある風景100選に
選ばれているほどなのです。

 

昔より、温泉の街として知られており、
東京から近いこともあって、
多くの方が温泉宿に宿泊します。

 

多くの温泉と観光スポットがあるため、
箱根町に来るリピーターが絶えません。

 

そのため、
町内には多くの湯治客に楽しんでもらうための施設が整っています。

 

交通機関としては、箱根登山鉄道の箱根登山鉄道線、
箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイがあり、

 

箱根の山々の春の若葉と秋の紅葉を堪能することができますので、
ぜひ利用してみてください。

 

博物館や美術館が多く、箱根ジオパークや、箱根町立郷土資料館があり、
博物館として、星の王子さまミュージアム、
美術館として、箱根 彫刻の森美術館、箱根美術館、岡田美術館、

 

ポーラ美術館、成川美術館、箱根マイセンアンティーク美術館、
箱根ラリック美術館と揃っていますので、ぜひご覧になってみることをおすすめします。

 

ベネチアをイメージした箱根ガラスの森も、楽しい美術品が見られますよ。

 

温泉が珍しい外国人が、
箱根の温泉を楽しみにして来ることもあるでしょう。

 

温泉旅館のフロントの方は、英語での出迎えになると思います。

 

英会話が必要でしたら、オンライン英会話の中で、
ネイティブの先生の居るスクールをおすすめします。

 

ネイティブは、発音がきれいだからです。

 

ところで、英語が難しい英会話ができないと思っている私ですが、
外国人からすると日本語はとても難しいそうです。

 

以前通っていた英会話教室の講師に、
英会話が難しくなかなか覚えられないと言うと、
日本語ほど難しくないと言われました。

 

講師はカナダから来た先生でしたが、
日本に来て英語を教えながら日本語を学んでいるそうです。

 

日本語がしきりに難しい難しいと、言っていました。
日本語はいろいろなことを学ばなければならないと、
言っていました。

 

例えば英語は、文字としてはアルファベットしかありません。
ところが日本語は、ひらがな、カタカナ、
漢字まで覚えなくてはなりません。

 

漢字は、何百もあります。
しかも、音、訓読みまで覚えなければなりません。

 

漢字は、私たちも小学校、中学校、高校と
常に新しい漢字を学んでいたほどたくさんありますね。

 

漢字検定があるほど、漢字は書くのが難しいです。

 

言われてみれば、本当にそうですね。
英語はアルファベットだけですから、
なんと簡単なことでしょう。

 

中学校に入ってすぐにアルファベットを勉強しますが、
既に小学校でローマ字を勉強していますので、
アルファベット自体は難なく覚えることができます。

 

さらに難しいのが、敬語だそうです。
英語にも簡単な敬語はありますが、
日本語のように厳格な敬語はないそうです。

 

確かに日本語の敬語は、日本人でさえも難しいですね。

 

丁寧語があり、謙譲語があり難しすぎます。
日本人でもわからないのですから、
外国の方が分からなくても仕方ないですね。

 

日本では目上の人を、先生と言います。
学校の先生も、同じですね。

 

こういった先生を呼び捨てにすることなど、
日本では絶対にありません。

 

でもアメリカなどでは、先生にでも名前で呼びますね。
びっくりです。

 

さらに男性の言葉と、女性言葉もありますよね。
若者になるにつれ、あまりなくなっているようにも思いますが、
やはりまだあります。

 

このように考えると日本語の複雑さは、
外国の方にはかなり難しいかもしれませんね。

 

それでも流暢に日本語を話している人がいると、
凄いと思います。

 

オンライン英会話のネイティブの講師の中にも、
日本在住の講師の中には、日本語が上手な講師がいます。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

箱根  箱根駅伝

オンライン英会話

東京箱根間往復大学駅伝競走は、毎年お正月休みを彩りますね。 一般には、箱根駅伝と呼ばれていますが、出場校は19校で、このほかに日本学連選抜チーム1チームが参加します。

往路は、東京・大手町→箱根・芦ノ湖 5区間です。復路は、箱根・芦ノ湖→東京・大手町 5区間の109.9kmを走ることになっています。テレビ中継もされ、多くの人が楽しみにしているお正月恒例の行事です。