オンライン英会話 ネイティブ 笠間市

笠間市で英会話スクールを探す前に

笠間市は、茨城県のほぼ中央にある
人口約7万5千人の市です。

 

笠間市といえば、何と言っても
笠間稲荷神社が有名ですね。

 

そのため門前町として、
観光の盛んな市となっています。

 

特産品には、独特の焼き上がりに味がある陶器の笠間焼、稲田御影石、菊、
があります。

 

神社、寺院には笠間稲荷神社の他にも、
出雲大社の分社である常陸国出雲大社、稻田山西念寺、八坂神社、
奇稲田姫命を主祭神とする稲田神社、

 

浄土真宗別格本山である西念寺、
本尊が千手千眼十一面観世音菩薩で坂東三十三観音の1つである正福寺、
笠間氏歴代の菩提寺である佛頂山楞厳寺がありますので、
見学をおすすめします。

 

観光名所には、笠間城跡や、茨城県の文化財となっている宍戸陣屋、
春になるとつつじが一面に咲く笠間つつじ公園、笠間芸術の森公園、

 

筑波海軍航空隊記念館があり、また、美術に関心が高い方には、
笠間日動美術館、茨城県陶芸美術館をご覧になると良いでしょう。

 

イベントも多く、4月のつつじまつり、5月の陶炎祭、
8月に八坂神社の祇園祭、笠間まつり、10月には笠間菊祭り、
11月には匠のまつり・ストーンフェスティバルが催され、
見物人で賑わいます。

 

海外から観光に来日したネイティブが、茨城県を訪れたら、
きっと笠間市内を観光するでしょう。

 

観光ガイドの方は、英語での市内案内となりますね。

 

観光ガイドの方が、英会話を習得しようと思ったら、
ネイティブの先生のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブの英語は、世界の標準となる英語だからです。

 

ところで、日本でも英語がどんどん必要とされてきましたね。

 

今では、小学校から教科として勉強するようになってきました。
大学受験や企業への入社の際や、
入社後の海外ビジネスでも必須項目となってきました。

 

今は単に英語の読み書きでなく、
実際にスピーキングに使える英語が必要とされています。

 

スピーキングができなくては、
ネイティブと直接会っての打ち合わせができないからです。

 

あなたも英会話のレッスンを受けようとしていると思いますが、
レッスンに何を期待していますか?

 

例えば、

 

・外国人の前に出ると言葉が出なくなってしまうので、とにかく慣れるようにしたい。
・正しい発音を学びたい
・TOEICのリスニングができるようにしたい
・ビジネスにも通用する英会話を学びたい

 

などでしょうか。

 

これを学ぶためには、ネイティブ講師とのレッスンを多くとることです。

 

やはり週1回程度のレッスンでは、なかなか思うような効果は得られません。

 

週1回では1年間でも50時間です。
これではスピーキングする時間が少なく、英会話ができるようになるには難しいですね。

 

しかし通学式のスクールでは料金が高く、月に何度ものレッスンは受けられません。

 

これを可能にできるのが、オンライン英会話スクールです。

 

オンライン英会話は、
パソコンやタブレット端末を使った在宅型の英会話レッスンです。

 

空いた時間に自宅で通学式と同等の英会話のレッスンができます。

 

忙しい学生、子育て中の忙しい主婦、サラリーマン、シニアの方には便利で、
多くの方が利用しています。

 

しかも、先生とのマンツーマンレッスンな主ですから、
他の人に聞かれて恥ずかしいというようなこともありませんよ。

 

先生も、毎回好きな先生を選ぶこともできます。

 

料金の安さがなんといっても魅力なオンライン英会話ですので、
英会話に必要なネイティブ講師とのレッスンが何回もできます。

 

まず無料体験をしてみて、
あなたに向いたオンライン英会話スクールを選んでみてください。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>


 

 

 

 

 

 

 

笠間   笠間稲荷

 

オンライン英会話

建立はとても古く白雉2年(661年)に創建されたと言われています。御本殿・拝殿は江戸時代末期の安政・万延年間(1854〜1861)の建築で、国の重要文化財に指定されています。

屋根は入母屋造りの銅板ぶきで庶民の神様として広く全国より信仰を集め、年間350万人以上の参拝者で賑わっています。
菊まつりは日本で最も古い菊の祭典で立ち菊、懸崖菊、千輪咲き、盆栽菊など約八千鉢の菊花が展示され、芳しい香りとともに色とりどりの花がご参拝の方々の目を楽しませ、心をなごませています。