オンライン英会話 ネイティブ講師 雨竜町

英会話スクールを雨竜町で探す

 オンライン英会話 ネイティブ
英会話スクールを雨竜町でお探しですか?

 

雨竜町は、北海道の雨竜郡にあり、
2,500人ほどの人口を有しています。

 

石狩平野の北端に位置し、
暑寒別岳の東に街があります。

 

かつてJR札沼線が通っていましたが、
廃止されてしまいました。

 

そのため、現在では主な交通網は道路となっており、
国道275号線、北海道道47号深川雨竜線、
北海道道279号江部乙雨竜線、北海道道432号暑寒別雨竜停車場線を、
バスや自家用車で往来しています。

 

周辺の町は、北竜町、新十津川町、妹背牛町、滝川市、
となっています。

 

町内には、石狩川を初め、尾白利加川、恵岱別川、雨竜川、
が流れており、周辺には水田が広がっています。

 

町の産業は農業が主体で、稲作がメインろなっています。

 

一方、特産品としては、暑寒メロンや暑寒ジンギスカンなどがあります。

 

更に、観光名勝として、
暑寒別天売焼尻子固定公園と、北海道遺産となっている雨竜沼湿原があります。

 

また、文化財も多く、
北海道の指定天然記念物となっている雨竜沼高層湿原帯や、
雨竜町の指定文化財となっている雨竜町獅子神楽、
雨竜町開拓記念館、雨竜神社に納められている御神刀、
などがあります。

 

北海道に来た観光客は、この雨竜町を訪れるでしょう。
この観光客の中には、ネイティブを含む外国人もいると思います。

 

特産品の売店や観光ガイドの皆さんは、英語で雨竜町の案内ができると、
ネイティブに喜ばれると思います。

 

母国語で挨拶されたら、どこの国の人でも、嬉しく感じるものです。

 

また、町内には、雨竜小学校と雨竜中学校があります。

 

いま、生徒の皆さんは、英語科目に注目していると思います。

 

英語科目の内容がスピーキングやライティングを含むようになり、
質的に変化してきているからです。

 

大学の入試試験でも、
英語のテスト内容が大きく変わろうとしているのですから、
関心を持つのは当然のことと思います。

 

そのような町内の観光関係者や生徒の皆さんには、
ネイティブの先生のいるオンライン英会話をお奨めします。

 

世界の標準的な英会話を学べるからです。

 

全国的には多くの皆さんが期待していた東京オリンピックが2020年に決まってから、
雨竜町のあなたのように、英会話を習おうとする人が多くなりました。

 

「おもてなし日本」を、少しでもお手伝いができればいいですね。

 

英語が出来ればさらに心が伝わるかもしれません。
また、英会話を生かせるチャンスかもしれませんね。

 

仕事でも、英語が出来る人が必要とされます。

 

1964年の東京オリンピックでは、
英会話が出来たことで人生が開かれたという人もいます。

 

あなたも英会話が出来れば、
自分の生き方が変わるようなことがあるかもしれません。

 

あなたは、いかがですか。
もし、まだ英会話に自信がなかったり、もっと勉強してみたいと思えば、
今日からスキルアップの為に英会話を始めてみませんか。

 

オリンピックに向けてと目標を持つと、気持ちが高揚し英会話の上達も早いでしょう。

 

しかし、通学式の英会話スクールに通う時間が見つからないというあなたに、
格安なオンライン英会話スクールをおススメします。

 

オンライン英会話とは、インターネットによるスカイプによる英会話スクールです。

 

オンライン英会話は、インターネットがつながれば通学することもなく、
時間と場所を選ばず、世界中のネイティブの先生とレッスンすることが出来ます。

 

また、料金も格安です。

 

一度、オンライン英会話の無料体験を受けて、
自分にあったオンライン英会話を見つけて英会話を始めてみることをお奨めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

雨竜町  雨竜沼湿原
 オンライン英会話 ネイティブ
雨竜沼湿原 は、雨竜町の暑寒別火山の中腹の標高約850〜900mの高地にあります。ミズゴケ、スゲ類が腐食しないまま数千年をかけて堆積し湿原を形成したそうで、大小数十個の池塘と呼ばれる沼が点在しています。東西4km南北2kmにわたって広がっています。1960年代に北海道天然記念物に、1990年には暑寒別天売焼尻国定公園に指定されています。2000年に入って、雨竜沼湿原 が、ラムサール条約登録指定湿地として登録されました。春から秋までに、200種以上の花や植物が咲きほこります。