オンライン英会話 ネイティブ講師 大川市

英会話スクールを大川市で探す

 オンライン英会話 ネイティブ
英会話スクールを大川市でお探しですか?

 

大川市は、福岡県の南西部にある市で、
人口は約34,000人となっています。

 

街は、伝統的雰囲気を持っており、
国の重要文化財として、風浪宮、
旧吉原家住宅、筑後川昇開橋があります。

 

県の指定文化財にも石造狛犬や、木造聖観音坐像があります。

 

神社も多く、水天宮を初め、本殿と石造五重塔が国の重要文化財に
指定されている風浪宮、三柱神社、正一位稲荷大明神、
日吉神社、住吉神社、小保八幡神社、大海神社、江神社、
などがあり、参拝する人達が絶えません。

 

展示館も、三潴銀行記念館・九州貨幣博物館、市立清力美術館、
市立古賀政男記念館があり、市の特徴を知ることが、
できるようになっています。

 

また、年間を通じて行事があり、
2月の風浪宮例大祭、5月の昇開橋まつり、8月の大川花火大会、
10月の大川木工まつり、と続きます。

 

大川市は、家具や賢具の街として全国的に有名です。
これからは家具の日本ブランドとして、
世界に紹介していってはどうでしょうか。

 

日本では少子化により学習机の需要が落ちてきていますが、
アジアや西欧に目を向ければ、需要はあると思います。

 

海外販売をするなら、英会話が必要となります。

 

また、近年小学校から高等学校に至るまで、
子供達の英語教育の強化が進んでいます。

 

将来の日本のグローバル化を睨んだ戦略の1つです。

 

家具販売に携わる方、学校の生徒達が英会話を習うのであれば、
ネイティブの先生のいるオンライン英会話をお奨めします。

 

ネイティブの英語は、世界標準だからです。

 

ところで、あなたは英会話をどうして勉強しようとお考えですか?
会社の仕事の為ですか?ボランティアの為ですか?それとも趣味ですか?

 

どちらにしても、英会話を習いたいという人が多くなってきました。

 

会社への就職においては、英会話は今や能力評価の対象となりましたね。

 

会社によっては、
新卒採用時の応募資格に英語検定の基準点を設けている会社も多くなりなした。
また、昇格に採用する会社もあります。

 

この頃は、英語の筆記試験の点数だけではなく、
実際に英語公用語化をしていく会社も広がりつつあります。

 

実際に使える英語が必要とされ英語のテストの点数だけでは、
通用しない時代になってきているのです。

 

趣味で習う方も多くなっています。
海外旅行が国内旅行と同じような料金で行ける時代になり、
旅行先で簡単な英語を話したいという人が増えています。

 

でも英会話スクールに通いたいけど料金も高いし、
初心者の方ですと、ほかの人と一緒にレッスンするのは恥ずかしいと思っていませんか?
こういう理由で迷っている方には、オンライン英会話がおススメです。

 

オンライン英会話はパソコンのSkypeを使ったテレビ電話でのレッスンです。
インターネットさえ利用できれば、通学式と同等の英会話のレッスンができます。

 

しかも、他の人に聞かれて恥ずかしいというようなこともなく、
先生も毎回好きな先生を選ぶこともできます。

 

また、英会話を習うのであれば、
ネイティブの先生のいるオンラインスクールをおススメします。

 

非欧米系の安いオンライン英会話スクールがたくさんありますが、
あまりおススメはできません。

 

アジアの国々では英語は母国語ではありません。
講師によっては発音やアクセントが大分違い理解できないこともあります。
習うのでしたら、ネイティブの先生のいるスクールで習うことをおススメします。

 

まず、無料体験レッスンをしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

大川市   筑後川昇開橋
 オンライン英会話 ネイティブ
筑後川昇開橋は、1930年代に旧国鉄佐賀線の鉄橋として福岡県大川市と佐賀県佐賀市諸富町を結んでいた筑後川にかかる全長500m以上にもおよぶ東洋一の鉄道用可動式橋梁です。1980年代の佐賀線の廃線後も保存され、現在は歩道橋として活用されています。旧筑後川橋梁として重要文化財および機械遺産に指定されています。
夕日が美しく見えるスポットとしても人気があり、夜はライトアップもされています。