英会話 小浜

小浜市で英会話スクールを探す前に

小浜市は、福井県の若狭湾に面した、
人口が約2万9千人の市です。

 

市内には、国宝や国の重要文化財が数多く
残っており、小京都と呼ばれている位です。

 

例えば、明通寺、若狭国分寺、羽賀寺、妙楽寺、
若狭神宮寺、正林庵、長源寺、若狭彦神社、
長慶院、などに多くの建築物や仏像が、
安置されており、国宝や重要文化財に指定されています。

 

名勝としては、萬徳寺の枯山水庭園や圓照寺の林泉庭園があり、
景観のすばらしさには驚くばかりです。

 

史跡も多く、後瀬山城跡、若狭国分寺跡、岡津製塩遺跡、小浜藩台場跡、
小浜城跡などがあり、歴史を感じさせます。

 

これだけの歴史的建造物があると、歴史に興味がある外国人が、
福井県を訪れた時は、小浜市をきっと訪れるでしょう。

 

歴史の案内係の方は、英語での建築物の紹介になると思います。

 

観光スポットとしては、小浜港に若狭フィッシャーマンズ・ワーフ、
御食国若狭おばま食文化館があります。

 

小浜海浜公園には、人魚の浜海水浴場があり、旅館街が並んでいます。

 

小浜西組は、小浜城の城下町として栄え、
重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、
空印寺、常高寺、高成寺の寺院があります。

 

更に、明治時代の女流歌人である山川登美子氏の記念館もあります。

 

観光の案内人も、外国人に紹介する時には、英語で説明すると、
喜ばれると思います。

 

歴史や観光の案内人の方が、
英会話を学ぶのでしたら、オンライン英会話の中で、
ネイティブの講師が在籍するスクールをおすすめします。

 

ネイティブは、世界基準の英語を話すからです。

 

ところで、私自身も英会話を勉強しているのですが、
この頃ちょっと中だるみです。

 

英会話が、楽しくなくなってきてしまったのです。
理由は、もちろん上達しないからですね。

 

他の人は、どうしてあんなに上達するのかしらね。
一緒に英会話スクールで習っている人が、
羨ましくなってきてしまいます。

 

私も、勉強はしているのですけどね。

 

英会話もほかの勉強と同じで、
上達しているときとスランプの時と、
交互にやってきます。

 

英会話は、中学生、高校生の時の受験のように、
必ずやらなければならないというものではありません。

 

ですからスランプに陥ると、
もうテキストも見るのが嫌になります。

 

でもここでやめてしまっては何にもならないというのは、
よく知っています。

 

ですから毎回襲ってくるこのスランプをどう乗り切るかが、
重要なのです。

 

それでもスランプは、襲ってくるものです。
もう続けるのがつらくなるほどの時が、あるのです。

 

そんなスランプに陥った時に、
私が、友人に英会話が楽しくないといいました。

 

この友人は英語専攻で、
いろいろな時にアドバイスを受けています。

 

すると友人は、
「始まったころから比べればずっと上達しているでしょう。
もっと気楽に楽しめばいいのに。」と、
アドバイスされました。

 

なるほどと、思いました。
私は上達することばかりに気持ちがいっていて、
英会話を始めて頃の動機を忘れていました。

 

私は海外旅行が好きなので、旅行先で英語が話せたら、
楽しみが増えるのではないかなと始めたのです。

 

楽しむために始めた英会話が苦しみになっていたのでは、
本末転倒ですね。

 

もっと英会話を楽しんで、勉強しなくちゃいけないと思います。

 

英会話のレベルも始めたばかりの何も話せないときに比べると、
ずっと話せていると思えばいいのです。

 

そして次に行く海外旅行を計画してみるとか、
旅先ではどんなことを楽しもうかなとか、
思ったりします。

 

こうしてこの頃は英会話のスランプ時期を、
楽しいことを考えて脱出するようにしています。

 

英会話を学んでいることが苦痛ではなっては、
だめですね。

 

スランプになったら、オンライン英会話のネイティブ講師と、
海外旅行の思い出などを話すと、気分がすっきりします。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

小浜市 小浜市とオバマ大統領

 

オンライン英会話

小浜市は、オバマ大統領と名前が同じということで、オバマ大統領を応援しています。
小浜市長であった村上利夫は、「小浜市の名前を広めてくれたお礼」として礼状と小浜市の英語版パンフレット、若狭塗の夫婦箸などをオバマ氏に贈りました。一方、オバマ氏(当時は民主党予備選候補)から礼状が届き、交流が始まりました。