オンライン英会話 ネイティブ講師 三次市

英会話スクールを三次市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
三次市は、広島県の北側にある、
人口約5万2千人の市です。

 

名産品として、三次人形、
三次ワイン、鮎寿司、地酒、
が挙げられます。

 

市内には歴史的建造物が多く、
神社、寺院には、比熊山の麓にある太歳神社や、
住吉神社、厳島神社、
通称で若宮さんと呼ばれている若宮八幡神社、
品陀和気命を祀ってある和知八幡神社、熊野神社、鳳源寺、
などがあります。

 

史跡としては、山家一里塚、古城山城、松ヶ迫矢谷遺跡、
中国地方では最大の古墳群のある広島県立みよし風土記の丘、
名勝には、日本の滝百選に選ばれている常清滝、
神之瀬峡県立自然公園、霧の海、沓ヶ原ダム、灰塚ダム、
などがあり、見学する場所が数多くあります。

 

市の歴史を知ろうと思えば、三次市歴史民俗資料館、
美術に興味のある方なら、三良坂平和美術館、奥田元宋・小由女美術館、
はらみちを美術館、を回ってみると良いでしょう。

 

第2次産業では、大手自動車会社のエンジン製造工場や、
テスト走行試験場があり、食品会社の本社工場などがあります。

 

社員の中には、海外拠点の窓口係となっている方も、
いるのではないでしょうか。

 

また、三次市は、アメリカ合衆国のジョージア州にある
アメリカス市とは、姉妹都市として提携しています。

 

アメリカス市の市民の皆さんが親善のため三次市を訪れたら、
市民の皆さんが市内を紹介することになりますね。

 

会話は、英語を通じてとなるでしょう。

 

海外の窓口となっている社員の方や、市民交流を英語で行う方々が、
英会話を習おうとするなら、オンライン英会話をおすすめします。

 

オンライン英会話なら、
市内のどこでも英会話レッスンができるからです。

 

ところで、提携都市の話題がでたところで、
日本とアメリカの大学の違いなどを見ると、
大分違うと思う事があります。

 

日本の大学はとにかく大学を卒業すれば、
大卒と言う学歴がとれるという雰囲気がありますね。

 

ですから入るまでは、兎に角勉強します。
特に有名大学に入るために、
小さな頃から塾などに入り勉強します。

 

ところが入学すると、
目的がすでに達成したようになってしまいます。

 

本来ならば、大学は勉強するところなのですが、アルバイトに明け暮れ、
勉学はさっぱりという生活になってしまう人が多いように思います。

 

またサークル活動にのめりこみ、
授業には出ないという様な学生もいます。

 

これは、学生ばかりが悪い訳ではないと思います。

 

日本の大学は入るのは大変ですが、
授業料さえ払っていれば卒業できてしまうのです。

 

私の知っている有名私立大学に入った友人も、
4年生になったらほとんど授業に出なかったそうです。
後半は1度も授業がなかったそうです。

 

卒論がないそうで、私はいったい何のために
友人はその大学に入ったのかなと疑問ばかりでした。

 

日本では授業料も特別な理由のない人以外は、
親が払っています。

 

この辺にも勉強しない理由が、
あるのではないかなと思います。

 

アメリカでは社会人になって、
自分で大学のためのお金を働いてから、
大学に入る学生も多いと聞きます。

 

自分で働いたお金であれば、
勉強する姿勢が全く違うと思います。

 

また社会に出て、本当に自分が勉強したい事を見つけてから、
大学に入るのも勉強の意味がありますね。

 

アメリカでは大学に入るのは比較的簡単だけれども、
卒業するのが大変だと良く聞きます。

 

つまり大学は、勉強するところなのです。

 

日本でも社会人になってから学び直しても、
会社に入社するのに不利にならないようになれば、
こんな人が増えるのではないかと思います。

 

私も社会に出てから、大学でもっと勉強しておけば
良かったと思う事が、たくさんあります。

 

私が特に勉強しておけばよかったと思うのは、
英会話です。

 

社会に出て役立つ科目とした自分の専門分野以外では、
英会話が大切だと思いました。

 

英会話ができれば、
専門分野をもっと生かすことができるかもしれないと思うからです。

 

今からでも遅くないと思い、
オンライン英会話で学んでいます。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

三次市 鳳源寺
オンライン英会話 ネイティブ
鳳源寺は三次市にある臨済宗妙心寺派の寺で本尊は薬師如来です。浅野家の菩提寺となっています。1600年代に、三次藩初代藩主の浅野長治が造りました。
境内には、47人の義士出立の姿の模した木像を安置した「義士堂」があります。また赤穂藩主浅野内匠頭長矩の正室阿久利姫は夫・浅野長矩が切腹した後、落飾して瑤泉院と称し、若くして逝去しましたがその遺髪を収めた「瑤泉院遺髪塔」などがあります。また鳳源寺の境内の枝垂桜は阿久利姫が輿入れする際、この地を訪れた家老大石内蔵助が植えたと伝えられています。