オンライン英会話 ネイティブ講師 高梁市

英会話スクールを高梁市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
高梁市は、岡山県の西側にあり、
人口約3万人の市です。

 

市域には、愛宕山、高倉山、臥牛山、
高村山、鶴首山、高丸山、大岳山、
などの山々が連なり、

 

街には、一級河川の高梁川、成羽川、
有漢川が流れており、自然環境が形成されています。

 

高梁市内には、鉄道としてJR西日本の伯備線が通っており、
地元の方々や旅行者の皆さんの大切な交通手段となっています。

 

また、高速道路として岡山自動車道が利用できますので、
自動車で観光をするのでしたら、便利になっています。

 

江戸時代の備中松山藩の雰囲気が残った街なっており、
国の史跡となっている備中松山城跡があります。

 

本丸が復元されていますので、高梁市に行った際には、
鶴首城跡と一緒にぜひ見学してみてください。

 

市内には寺院も多く、
聖観世音菩薩を本尊とする頼久寺、大日如来を本尊とする松連寺、

 

淨福寺、精進料理が有名な延命寺がありますので、
巡ってみることをおすすめします。

 

観光名所には、旧武家屋敷の面影が残る石火矢町ふるさと村、
備中松山城の外堀であった紺屋川筋、高梁川上流県立自然公園の一部である臥牛山、
重要伝統的建造物群保存地区となっている吹屋、羽山渓、

 

などがありますので、市内の歴史的な雰囲気を味わってみるためにも、
ご覧になってみると良いでしょう。

 

 

高梁市の歴史探訪をするなら、昔の資料が残っている、
高梁市郷土資料館、高梁市武家屋敷館、高梁市商家資料館、備中郷土館、
景年記念館、川上郷土資料館、をぜひ訪れてみてください。

 

海外から来たネイティブが、岡山県を訪れたら、
歴史のある高梁市をきっと訪れると思います。

 

市内のガイドの方は、英語による市内紹介となりますね。

 

ガイドの方が、英会話を習得しようとするなら、
オンライン英会話をおすすめします。

 

高梁市のどこにいても、英会話レッスンを受けることが、
できるからです。

 

ところで、英語と聞くとほとんどの人が、
「きら〜い! 苦手〜」と言いますね。

 

あなたもそうでしょうか?

 

実は私も、英語は嫌いでした。
大学では英語をさけて中国語とフランス語の
講義を受けたくらいですから。

 

自分でもやはり英語は、苦手だったと思いますね。

 

どうして英語が苦手なのか、
いつ頃から嫌になったのかを考えてみます。

 

中学生になった時、英語は新鮮でした。
英語を学ぶのは中学生になった喜びと同じくらい、
うれしいと思いました。

 

単語を覚えていくのは、とても楽しかったです。

 

これはこんな風に言うのねと感心したり、
ほとんど日本語になっている単語だったり、
すべてが新鮮でした。

 

学校では、英語弁論大会などもありました。

 

先生の熱の入った指導に戸惑いながらも、
楽しい英語の時間を過ごしていました。

 

こんなに楽しいと思っていた英語の勉強が、
いつの間にか楽しくなくなり、苦痛になってきました。

 

いつ頃からでしょうか。
中学3年になった頃からのように思います。

 

やはり英語も受験のための勉強になると同時に、
楽しくなくなりました。

 

それまでは英語は外国人とコミュニケーションを図るための言葉であったのが、
急に受験勉強になってしまったからです。

 

きっと英語が嫌いな人の多くの人は、
同じ理由なのではないかと思います。

 

もし、この時期に英語が楽しいという経験をしていれば、
英語はもっと身近なものになっているでしょう。

 

実際に習っている英語でネイティブと話す機会があれば、
より英語が好きになり勉強もするようになると思います。

 

そしてこの時期に、もっと世界を見るような体験が良いと思います。

 

日本にとどまらず、世界に向けていくには、
英語が必須であるという事を知ると、もっと学びたくなると思います。

 

英会話スクールにも通うのも良いでしょう。

 

大人になってからでは難しいネイティブ講師の発音を、
習得する最後の時期にもなります。

 

この時期に英語が嫌いにならないように、
あの手この手で英語の楽しさに触れていってほしいと思います。

 

この時期に英語の楽しさを知れば、
英語はあっという間に身につくでしょう。

 

オンライン英会話でネイティブの先生から、
英会話レッスンを受けてみてください。

 

きっと、英語が好きになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

高梁市 高梁基督教会堂 
オンライン英会話 ネイティブ
高梁基督教会堂は、明治22年に建築された、高梁市街地の近代化遺産を代表する建造物です。県指定史跡にも、なっています。バルコニーと屋根に、鐘楼があるのが特徴です。教会内には、明治初期にキリスト教が迫害を受けたときの「迫害石」が残っています。明治12年に始まった高梁でのキリスト教布教活動は、翌13年に新島襄によって急速に発展しました。県下初の女学校・順正女学校を創設した福西志計子や社会福祉事業家の留岡幸助らが、この教会で教えを受けました。