オンライン英会話 ネイティブ講師 鳥取市

英会話スクールを鳥取市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
鳥取市は、鳥取県の県庁所在地であり、
人口約19万人を有しています。

 

鳥取市と言えば、山陰海岸国立公園
にある鳥取砂丘が、全国でも有名ですね。

 

日本海で獲れる松葉ガニやシロハタが
鳥取港に水揚げされますので、
ぜひお土産屋さんで買い求めてみてください。

 

鳥取市の交通機関には、鳥取空港がある他にも、
JR西日本の山陰本線、因美線が通っており、
また高速道路には鳥取自動車道があり、市民の便利な交通網となっています。

 

史跡も多く、国の史跡に指定されている
梶山古墳、鳥取藩主池田家墓所、因幡国庁跡、

 

青谷上寺地遺跡、を初め、鳥取城址である久松山、太閤ヶ平、がありますので、
考古学に関心のある方は、ぜひ見学してみてください。

 

また、国の重要文化財となっている旧美歎水源地水道施設、
フレンチルネッサンス様式の館である仁風閣、福田家住宅、
も見学ができます。

 

神社、寺院として、本殿が国の重要文化財となっている鳥取東照宮、
宇倍神社や、庭園が国の名勝に指定されている観音院、
池泉観賞式庭園のある興禅寺、摩尼寺、などがあり、歴史を感じさせます。

 

観光名所には、鳥取砂丘以外にも、とても大きな池である湖山池、白兎海岸、
大小40余りの滝からなっている三滝渓、美しい山が3山並んでいる因幡三山、

 

日本の滝百選に選ばれている雨滝、鳴き砂の浜と言われている井手ヶ浜、
などがありますので、ぜひご覧になってみてください。

 

博物館、美術館に関心がある方には、
鳥取県立博物館、やまびこ館とも呼ばれている鳥取市立歴史博物館、
因幡万葉歴史館、鳥取県立とっとり賀露かにっこ館、わらべ館、

 

鳥取市さじアストロパーク・佐治天文台、鳥取砂丘情報館、
そして、鳥取民芸美術館、渡辺美術館、と多くの資料館がありますので、
ぜひ訪ねてみることをおすすめします。

 

市内に宿泊するなら、鳥取温泉や、鹿野温泉、浜村温泉、吉岡温泉で、
温泉に入って、ゆっくりとくつろぐのが良いでしょう。

 

海外から日本を訪れたネイティブが、鳥取市を訪れたら、
市内の観光名所や歴史の案内をする観光ガイドの方は、
英語を通じてのコミュニケーションとなりますね。

 

また、温泉旅館の受付係も、ネイティブが宿泊するとなると、
英語での宿泊説明となるでしょう。

 

観光ガイドや温泉旅館の受付係の方が英会話を習うなら、
オンライン英会話をおすすめします。

 

オンライン英会話なら、鳥取市内のどこにいても、
英会話レッスンができるからです。

 

さて改めて、あなたは英会話スクールを、鳥取市でお探しですか?

 

英会話スクールを鳥取市でお探しのあなたに、
オンライン英会話のご紹介のサイトです。

 

錦織圭選手が、次々と快挙をうちたててくれていますね。

 

次は、ウィンブルドンと、期待は大きくなってしまいます。
まだまだ若い錦織選手なので、これからの活躍が楽しみですね。

 

それにしても錦織選手は、英会話が流暢ですね。
中学生からアメリカを拠点に活躍していたと言ってもやはり日本人ですから、
それなりに苦労はあったようです。

 

留学した当時は、誰ともお話しなかったといっています。
しかし、言葉の壁も見事に破って、立派に活躍しています。

 

スポーツ選手が世界で活躍できるためには、言葉は必須だといわれています。
競技の前に、言葉の壁で負けてしまっては勝てないようです。

 

ビジネスでも同じです。
言葉が出来なければ、グローバルな世界では勝つことが出来ません。
是非、英会話をマスターしたいものですね。

 

でも英会話スクールに通う時間が無いというあなたに、
オンライン英会話をおススメします。

 

オンライン英会話でしたら、インターネットさえつなげれば、
いつでもどこでも英会話レッスンが出来ます。

 

さらに通学式と同等のネイティブ講師によるレッスンが、
通学式のスクールの料金よりも極めて安い料金で受けることが出来ます。
しかも、好きな時間に、好きな講師を選ぶことが出来ます。

 

入会の前には、トライアルレッスンもありますますので、
この機会に是非トライアルレッスンを受けて、
自分にあったオンライン英会話スクールで英会話レッスンをおススメします。

 

英会話をマスターするために、
オンライン英会話は便利で手軽な英会話スクールなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥取市 鳥取砂丘
オンライン英会話 ネイティブ
鳥取砂丘は、鳥取の日本海岸の南北2.4 km, 東西16 kmに広がる広大な砂丘です。観光出来る日本最大で、山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されています。1955年に国の天然記念物に指定され、2007年には日本の地質百選に選定されました。砂丘の地形がすり鉢に形が似ていて、スリバチと呼ばれる大きく窪んだ場所があり、特に大きな場所は40mの高さがあります。2006年に、「砂の美術館」が開館され、砂で作られた砂像を見ることが出来ます。鳥取砂丘こどもの国などもあり、キャンプをしたり家族で楽しむレジャーランドになっています。