オンライン英会話 ネイティブ講師 長浜市

英会話スクールを長浜市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
英会話スクールを長浜市でお探しですか?

 

長浜市は、滋賀県の北東側にあり、
人口が約116,000人となっています。

 

名勝である竹生島や戦国時代の史跡である
長浜城があり、滋賀県では最大の観光都市
となっています。

 

国宝としては、宝厳寺にある唐門、
都久夫須麻神社にある本殿、
神照寺にある金銀鍍透彫華籠、
渡岸寺観音堂にある十一面観音、
があります。

 

更に、国の史跡となっている小谷城跡、下坂氏館跡、
重要文化財では、十一面観音菩薩像、木之本地蔵院浄信寺、
があります。

 

史料館には、長浜城歴史博物館、国友鉄砲の里資料館、
浅井歴史民俗資料館、浅井能楽資料館、葛籠尾崎湖底遺跡資料館、
観音の里歴史民俗資料館、冷水寺胎内仏資料館、菅浦郷土資料館、
があり、長浜市の歴史を知ることができます。

 

実際に、姉川古戦場、賤ヶ岳古戦場も残っており、
正に日本の戦国時代の歴史の残る街となっているのです。

 

観光客数は、年間300万人と言われています。
その中には、歴史に関心のある外国人が見学に来ることも多いと思います。

 

ネイティブを含む外国人に、英語で歴史を説明したら、
とても喜ばれると思います。

 

西洋の武将と東洋の武将の城の作り方の違いや戦い方が比較できて、
外国人には興味を持ってもらえるのではないでしょうか。

 

一方、市内には、発動機の企業や、化学メーカー
光学機器メーカー、繊維メーカー、医療機器メーカー、ガラスメーカー、
自動車中古部品の販売会社など大手企業の工場があります。

 

社員の中には、海外展開のために英会話を必要としている方もいると思います。

 

市内の観光関係者や大手企業で働く社員の方が、英会話を習おうと思ったら、
オンライン英会話をおすすめします。

 

その理由を、以下に説明させていただきます。

 

実は、今や多くの人が、英会話を習っています。

 

理由は人によってさまざまですが、おおよそ次のようなことが考えられます。
1番目が、仕事で英語を必要としているので、英会話を習う。
2番目が、入学試験でスピーキングテストが課せられるようになったため。
3番目が、海外で勉強したいので、留学するために英会話を学ぶ。
4番目は、海外旅行を、他人の世話にならずに楽しみたいため。

 

2番目と3番目は、
最終的には社会に出た後の1番目の理由に結びついてきます。

 

そのような状況下で英会話のテキストや、
英会話ハウツー本が飛ぶように売れています。

 

しかし、英会話はなんといっても、
実際にネイティブと会話をしなければ上達しませんね。

 

ネイティブと会話するということは、知識の問題だけではありません。
英語は子供でも話せるのです。

 

いかに英語を話す雰囲気に慣れるか、いかに英語を話す度胸を付けるか、
というトレーニングの問題でもある訳です。

 

英会話スクールをお探しのあなたに、
安いレッスン料金で英会話のトレーニングを積むことができる、
オンライン英会話スクールをおすすめします。

 

このトレーニングは、ある一定期間、集中的に行うと効果が出てきます。

 

ところが通学式の英会話スクールでは料金が高いために、一般的な社会人の場合、
1週間に50分のグループレッスンが限界となってしまいます。

 

これでは、効果の上がるトレーニングができません。

 

通学することもなく都合の良い時間にどこでもレッスンができる
オンライン英会話だから、可能になってくるのです。

 

ぜひ、一定期間、オンライン英会話でトレーニングを行って、
効果を確かめてみてください。

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

長浜市 宝厳寺 
オンライン英会話 ネイティブ
宝厳寺は、長浜市の竹生島にある寺院です。本尊の大弁財天は、厳島神社と江島神社とともに、日本三大弁才天の1つにも数えられているくらい有名です。西国三十三所観音霊場の第30番札所になっています。開基は行基で、聖武天皇の勅命を受け、国内安穏、国家鎮護のために小堂に四天王像を安置したのが始まり、と伝えられています。唐門は現在国宝となっており、大坂城の極楽門を移したものです。現存する、唯一の大坂城遺構です。