オンライン英会話 ネイティブ 松戸市

松戸市で英会話スクールを探す前に

ネイティブ

松戸市は、千葉県の西側にある
人口約49万人の市で、
東京都と接しています。

 

江戸時代には、水戸街道の
宿場町として栄えました。

 

近年は、JR東の常磐線や
東京メトロ千代田線あることから、
東京のベットタウンとなっています。

 

その他の鉄道として、新京成電鉄の新京成線、北総鉄道の北総線、
京成電鉄の成田空港線、東武鉄道の東武アーバンパークライン、
が通っており、市民や旅行者にとってとても便利な街となっています。

 

松戸市内には、円墳が多く残っている河原塚古墳を初め、
戦国時代の城跡である根木内城址、小金城址、が残っています。

 

また、水戸街道の宿場町であった小金宿や松戸宿、
徳川慶喜の弟が住んでいて、現在では国の重要文化財となっている戸定邸、
も見る事が出来ますので、地域の歴史を紐解きたい方はぜひ訪れてみてください。

 

市内の神社には、水戸光圀ゆかりの松戸神社や、洪水の鎮守である矢切神社、
三匹獅子舞が市の無形文化財となっている風早神社、安房須神社があり、

 

お正月などの年間行事の際には、参拝の市民で混み合います。
松戸市を訪ねたら、ぜひ参拝してみてください。

 

寺院には、重要文化財となっている金剛力士像のある万満寺、
しだれ桜が有名な東漸寺、あじさいが有名な本土寺、

 

北辰一刀流の千葉周作に関係を持つ宝光院、一月寺、
がありますので、歴史探訪に巡ってみられることをおすすめします。

 

その他の観光名所として、
日本の音風景100選に選ばれている矢切の渡し、
小説家の伊藤左千夫にちなんだ野菊の墓文学碑、野菊苑、野菊の蔵、

 

日本の道100選になっている常盤平さくら通り、斉藤家竹林、
がありますので、観光の際にはぜひご覧になってみてください。

 

また市内の祭りには、松戸宿坂川河津桜まつり、東部地区・東松戸まつり、
コスモスまつり、松戸花火大会、松戸まつり、小金宿まつり、松戸宿坂川献灯まつり、
がありますので、見学をおすすめします。

 

市内の工業団地には、松飛台工業団地、北松戸工業団地、稔台工業団地、
があり、小型モーターメーカー、食品製造会社、粉末冶金製品メーカー、
の本社や事務所、工場が立地しています。

 

これらの企業の中には、製造工場を海外主体としている会社もあり、
従業員の中には、海外拠点と英語で情報伝達を行っている方がいると思います。

 

また松戸市は、オーストラリアのビクトリア州にあるホワイトホース市とは、
姉妹都市として提携しています。

 

ホワイトホース市の方々が交流のために松戸市を訪れた時は、
市民の皆さんが、市内を案内することになるでしょう。

 

海外拠点を持つ会社の従業員の方、国際交流をする市民の皆さんが、
英会話を習うなら、オンライン英会話をおすすめします。

 

松戸市のどこにいても、英会話レッスンを受けることができるからです。

 

ところで、小学校から英語が教科として取り上げられるようになった事で
お母さん方が、英語にとても関心を見せています。

 

先日も友人に、
「子供に英語を習わせたいのだけど」
という相談を受けました。

 

周りの子供たちがどんどん英語教室に行くので、
ちょっと焦っているようです。

 

小学校の2年生なのですが、
本人はあまり興味が無さそうなことを言っていました。

 

友達がみんな行っているので私も「行こうかな」、
といった感じです。
むしろお母さんが、熱心ですね。

 

でもどんな英語塾に行かせようかな、と悩んでいます。

 

英語塾もたくさんありすぎて、迷ってしまいますね。

 

英会話の勉強が良いのか一般の勉強もした方が良いのかな、
と考えてしまうようです。

 

そこで、私も相談されるわけです。

 

私はいつも「自分の子供だったら絶対に英会話を習わせたい」、
と話しています。

 

英語は、ネイティブとのコミュニケーションを図るツールです。

 

英語が話せることでネイティブの方と友人になれることは、
とても素晴らしいです。

 

ところが日本では、ほとんど入試のための勉強になっています。

 

入試のための英語でしたら、
中学生になってからでも十分間に合うと思います。

 

小学生の子供の頃は、言葉を覚える臨界期にかかっていますので、
とにかくたくさんのネイティブの言葉を聞いたほうが、良いと思います。

 

勉強は、いりません。

 

きっと初めの頃は、
ネイティブ講師の言っていることがわからないいでしょう。

 

大人では無理ですが、この時期の子供は、
自然にネイティブの言葉の意味が分かるようになります。

 

不思議ですね。
手振り身振りで、話せるようになるのですね。

 

ノートでの勉強なんて、いらないくらいだと思います。
とにかく、どんどん聞いて話すことですね。

 

こうすることによって、
自然に発音やイントネーションが身につくのです。

 

英会話にしようか、英語の勉強の塾に迷っているお母さんには、
いつも英会話をすすめています。

 

しかも、絶対にネイティブ講師の英語塾です。

 

日本人の先生に英会話を習うのでしたら、
自宅で英語のDVD教材を見ていたほうが良いかなと思います。

 

オンライン英会話でも、ネイティブ講師との会話ができますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

松戸 矢切の渡し

 

オンライン英会話

江戸時代の初期に、江戸川の両側の農民が、渡し船で行き来したのがこの「矢切の渡し」の始まりだそうです。

 

伊藤左千夫の小説「野菊の墓」で、政夫と民子の悲しい恋の舞台にもなりました。

 

また、ヒットをした石本美由起の作詞、船村徹の作曲による演歌「矢切の渡し」(やぎりのわたし)が、歌われ広く知られるようになりました。現在も渡し船が運行され、利用されています。

 

 

参考記事:英会話スクールを船橋市で探す