オンライン英会話 ネイティブ講師 東大阪市

英会話スクールを東大阪市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
東大阪市は、大阪府のほぼ中央の
内陸部にある都市です。
人口は約50万人を擁しています。

 

市の東側は生駒山系の山が数多くあり、
自然が残っています。

 

市内には、玉串川、長瀬川、恩智川、第二寝屋川が、
ゆったりと流れており、人々を和ませます。

 

日本初のラグビー専用競技場である東大阪市花園ラグビー場
があることで、有名ですね。

 

史跡として、
国の史跡、重要文化財に指定されている鴻池新田、
古代の生産遺構である池島・福万寺遺跡、
古代の方形周溝墓を中心とした瓜生堂遺跡、
山畑古墳群、二本松古墳、若江城、などがあります。

 

また、神社、寺院には、
日本3大稲荷の1つである瓢箪山稲荷神社、
生駒山へのハイキングコース入口にある石切劔箭神社、
生駒山頂への登山コース入口にある枚岡神社、
阿弥陀如来を本尊とする往生院六萬寺、
があり、祭事の時は参拝客で賑わいます。

 

産業は、日本有数の中小企業が多く集まった地域として有名であり、
地域で人口衛星の開発を進めるなど、技術力のある街となっています。

 

このような地域では、世界に向けての発信力が大切であり、
スポークスマンは、英語での説明をする機会が多いでしょう。

 

スポークスマンが、英会話を学習するなら、
オンライン英会話をお勧めします。
東大阪市のどこにいても、英会話レッスンができるからです。

 

ところで、英会話スクールに何年も通っているけど、話せない。
英会話勉強をずっとしているけど、話せない。

 

こんな悩みを持つ人が、たくさんいます。

 

あなたも、あなたの友人にもいませんか?

 

ちょっと英会話の話題になると、
こんなことを言う人は必ず何人もいます。

 

話せるようになったという人の方が、
少ないのではないでしょうか。
ピアノと同じですね。

 

小さなころの習い事では、ピアノはトップ3に来ています。
私も、習いました。友人も、習っていました。

 

でもショパンまで弾けるようになる人と言うのは、
ほんの一部の人ですね。
みんなその前に、やめてしまいます。

 

何故、英会話もピアノと同じように何年もスクールに、
通っているのに話せるようにならないのでしょうか。

 

それは復習が、足りないからです。
徹底的な復習です。

 

英会話スクールは、新しい言い回しを
毎回どんどん学習していきます。

 

1年間ではそれなりのフレーズを学びますから、
かなり話せるようになっているはずです。

 

でも話せないというのは、
この学んだことが全く身についていないからです。

 

ではどうしたら良いかというと、
完璧に覚えてしまう事です。

 

1日で学んだフレーズを、何度も何度も復習します。
この時大切なのは、口に出していう事です。
口に出して、何十回、何百回と繰り返すのです。

 

復習する時間がないという人も、いるかもしれません。
復習するのは机でするのではなく、
空いている時間に常にするのです。

 

スクールからの帰り電車の中で、します。
帰ってからリビングでテレビを見ながら、繰り返します。

 

夕飯を作りながら、お風呂に入っている時とか、
いくらでも復習はできます。

 

復習の時間を作るのではなく、
何かをしながらでも勉強したフレーズを、
口の出して覚えるまで復習するのです。

 

このくらいすると、自然に口から出るようになります。

 

何年も通っても英会話が話せるようにならないという人は
復習をもっと徹底的にやってください。

 

前回に行った英会話スクールで、学んだフレーズは何ですか?
言えるようになりましたか?

 

もし、これが分からなければ、復習が足りないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東大阪市 司馬遼太郎記念館
オンライン英会話 ネイティブ
司馬遼太郎記念館は、『竜馬がゆく』『街道をゆく』など、数多くの歴史小説や随筆で知られる司馬遼太郎の業績を伝えるために自宅敷地に設立された博物館です。2001年に、東大阪市の住宅街の司馬遼太郎の自宅と隣接地に開館しました。設計は安藤忠雄で建物内部の11mの吹き抜けの壁面一面に木製の書棚が設けられ、約2万冊の蔵書が収納されています。年2回の企画展や、映像上映、講演会や音楽会なども開かれます。

 

 

 

 

参考記事:オンライン英会話ネイティブの英会話スクールを枚方市で探す