オンライン英会話 ネイティブ講師 五條市

英会話スクールを五條市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
五條市は、奈良県の西側にある市で、
人口は、約3万人となっています。

 

市内には、国宝の八角堂のある栄山寺や
重要伝統的建造物群となっている五條新町
などがあり、歴史を感じさせてくれます。

 

市内で歴史を案内する方は、海外から来た
外国人には、英語での紹介となりますね。

 

また、市内は樹脂加工会社、産業用素材製品メーカーや、
粉体処理システム製造会社などがあります。

 

世界に進出している会社であれば、
海外との連絡部署に配属されている社員の方がいると思います。

 

社員の方は、海外との連絡は英語となります。

 

市内の歴史案内係や海外担当の社員の方が英会話を習うのであれば、
ネイティブの先生のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブの英会話は、きれいな発音だからです。

 

オンライン英会話 ネイティブ
ところで、国際郵便の市販されている封筒は、かっこいいですよね。
赤と青のストライプの縁取りのある封筒です。
いかにも、国際郵便説いた感じですね。

 

私も、海外の方と文通をしていたことがありました。
私の小さなころは、文通がはやっていました。
今では、メールの交換ですみますから時代の相違ですね。

 

日本の中でやっていると、
だんだんと海外の方とも文通がしたくなるのです。

 

私が海外の方との文通をしていたころは、
封筒はほとんどこの封筒でした。

 

赤と青と白のストライプの縁取りが、あります。
そして「AIR MAIL」と、記されていました。

 

なぜ国際郵便は、この赤と青と白のストライプの
縁取りがついているのでしょうか。

 

これはフランスの国旗が、もとになっているそうです。
1847年に国際郵便のための「万国郵便連合」ができて、
決められたそうです。

 

国際郵便と国内郵便が区別しやすいようにと、
封筒に縁取りをしたそうです。

 

この当時は公用語がフランス語だったので、
フランスの国旗に合わせて作った様でした。

 

私国際郵便を出していたころは、
料金は封筒の重さだったのですが、
非常に高かったのです。

 

ですから封筒も便箋も非常にペラペラの薄い紙で、
出来ていました。

 

今はこんな封筒は、見かけなくなりましたね。
ほとんど国内の封筒でも「AIR MAIL」とだけ記せば、
国際郵便になります。

 

料金も、驚くほど安くなりましたね。

 

私も今は、こんな封筒で海外に送ったことはありません。
この封筒は海外のみかなと思いましたが、
国内でも普通に使えるようです。

 

今は、あまり形にこだわらない時代になりましたね。

 

オーストラリアに留学している友人が、
時々手紙をくれます。

 

普通の封筒で「AIR MAIL」と書かれ、
さらにJAPANと英文で書かれていましたが、
その他は、全く普通に感じで住所と名前が書かれていました。

 

国際便なのにと始めてもらった時はびっくりしましたが、
日本に来てしまえば漢字で書かれていたほうが、
分かりやすいですよね。

 

読んで配達するのは日本人で、
郵便と同じになるのですから。

 

今は外国の友人とは、スカイプでお話するようになりました。
そのため、オンライン英会話での英会話のレッスンが欠かせません。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

五條市 五條新町

 

五條新町は、五條新町通り周辺にある重要な伝統的建造物群が残っている保存地区です。 これだけ古い町並みが保存されている場所は珍しく、歴史を感じる街道として貴重な場所になっています。国の重要文化財となっている栗山邸は、民家としては日本最古の建物と言われています。また伝統的な建造物は、江戸時代から昭和の戦前にかけて、さまざまな時代に建てられたという特徴もあります。