オンライン英会話 ネイティブ 三島市

英会話スクールを三島市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
三島市は、静岡県の伊豆半島の
付け根付近にある市です。

 

人口は約11万人となっています。

 

三島市は、三嶋大社の門前町として、
発展してきました。

 

8月に行われる三嶋大社例祭には、
多くの見物客で賑わいます。

 

街には、ウナギ屋が軒を並べているのでも有名です。

 

名物として、まちおこしの一環として、みしまコロッケがあり、
みしまコロッケパンの名が知られています。

 

三島市に観光に行った際には、ご当地名物のウナギやコロッケを食べてみるのは、
旅の楽しみのひとつですね。

 

市内の観光名所としては、
最初にご紹介した三嶋大社を初め、国の史跡である山中城、
伊豆国分寺、耳石神社、池が美しい寿楽園、千貫樋、
などがありますので、見学されることをおすすめします。。

 

農業では、土壌が根菜類の栽培に適しているため、
三島大根、三島ニンジン、三島甘藷、が出荷されています。

 

ご当地では、これらの食材を利用した料理を提供している料理屋さんが
あるはずですので、新鮮な料理を楽しんでみましょう。

 

工業では、湧水が豊富で良質な水が得られることから、
化学繊維会社や製紙会社が多く立地しています。

 

大手企業には、合成繊維製造会社、検知機メーカー、
各種ポンプ会社、自動車向けタイヤ製造会社、食品加工会社
の工場が立地しています。

 

また、粉わさびを製造している会社もあります。

 

これらの会社の社員の中には、製品の輸出のために海外拠点を担当している方も、
いると思います。

 

海外との意思疎通は、英語を通じてとなりますね。

 

もし、このような社員の方が、英会話を習得しようとお考えなら、
ネイティブ講師のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブの英語なら、世界に通じる英語だからです。

 

ところで、人生に(もしも)という事はおそらくないのですが、
それでも、もしも学生の頃に戻れたら良いですね。

 

学生の頃が、一番楽しかったように思います。
自分の好きな事が、できますからね。

 

お金が足りなければアルバイトもして、
好きなことをする。
親の干渉も、誰の干渉も受けない。

 

大学では、自分の希望したことが学べる。

 

こんな良い時代は、ありませんね。
もう戻ることはありませんが。

 

でももし学生時代に戻れるとしたら、
自分の専攻していた学問のほかに、
英語をしっかり学びたいなと思います。

 

当時は、英語は好きではなかったですし、
何よりそんなに英語が大切という社会風潮も
ありませんでした。

 

英語を学ぶのは、
英会話などが好きな一部の友人だと持っていました。

 

今、社会人になって自分の専門分野以外で、
役に立つものと言ったら英会話かなと思います。

 

自分の分野をさらに海外でも勉強しようとしたら、
まずネイティブとの会話が必須ですね。

 

何か、通訳がつくような大きな学会でなければ、
自分で実際にじかにネイティブと話し合うしかありません。

 

英会話ができないと、ネイティブとの会話がつまずいてしまいます。
気分が半減しますね。まず英会話が必要ですね。

 

これからはもっともっと海外に出ていくことが、
大切なように思います。

 

やはり英語ができたらと思います。
今になってみると分かる事ですが、
もっと英語を勉強しておけばよかったと思います。

 

しかし、そんな昔に戻る事はないのですから、
今を大切に生きようと思っています。

 

そして英会話も、ネイティブ講師と今必死に勉強しています。
始めることに遅いという事はありませんから、
若いときになったような気分で勉強しています。

 

若いときから英語が好きで勉強していた人は、
今はかなり流暢に話しているのではないでしょうか。

 

私は今、英語は大切と感じてからの勉強ですので、
漫然と勉強している人よりかなりハードに
勉強しているかもしれません。

 

いつでも、勉強が大切と感じた時にするのが一番ですね。

 

そういう意味では、今が私のネイティブ講師との英会話の
一番の勉強時かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

三島市  三嶋大社 
オンライン英会話 ネイティブ
三嶋大社の歴史は古く、日本書紀の三嶋神に関する記録として、現在地に「三嶋神社(三嶋明神)」として、大山祇命と事代主命とがまつられたとの記録があります。源頼朝が、源氏再興を祈願した神社としても有名です。境内の天然記念物の金木犀などが、見ごたえがあります。宝物館では、北条政子奉納の国宝「梅蒔絵手箱」をはじめ、重要文化財の刀剣や古文書などを多数所蔵し公開しています。