オンライン英会話 ネイティブ 沼津市

英会話スクールを沼津市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
沼津市は、静岡県の駿河湾に面した、
人口約19万1千人の市です。

 

沼津市は、静岡県一の漁業の街で、
イワシやサバなどの漁獲量が多く、
マダイ、ハマチは養殖が盛んです。

 

また、タカアシガニが取れる事でも
有名です。

 

そのため、遠洋漁業の拠点となっている戸田漁港を初め、
地方港湾・特定地域振興重要港湾に指定されている沼津港、
静浦漁港、西浦漁港、内浦漁港、井田漁港と、
多くの漁港を抱えています。

 

沼津市を旅行した折には、このような新鮮な魚料理に舌鼓を打つことをおすすめします。

 

市内の史跡には、縄文時代の清水柳北遺跡、
国の史跡に指定されている休場遺跡、興国寺城跡、長浜城跡、
県の史跡に指定されている井田松江古墳群、長塚古墳、江浦横穴群、
と数多くあります。

 

神社には、国の重要文化財となっている紙本著色山王霊験記
が納められている日枝神社や、引手力命神社があります。

 

このような史跡や歴史的な物を見学することは、
旅の楽しみのひとつですね。

 

観光名所には、水族館の伊豆三津シーパラダイス、
沼津港深海水族館、淡島マリンパーク、沼津市立造船郷土資料博物館、
がありますので、これらの名所を訪れてみてください。

 

祭を楽しむなら、4月の大瀬祭り、7月の沼津夏祭り、
戸田盆踊り大会・海上花火大会、11月の酒塚祭りがあります。

 

漁業が盛んであるため、水産加工会社もあり、
海外にも魚類加工品が輸出されています。

 

海外との魚類加工品の世界の国々を相手にした取引には、
英語による連絡や交渉が必ずや必要となってくるでしょう。

 

英会話も必要になってくると思いますが、
英会話を学ぶなら、オンライン英会話をお奨めします。

 

工場でもどこにいても、英会話レッスンができるからです。

 

ところで、私が英語を勉強していて一番の悩みは、
単語が覚えられないことです。

 

勉強しても勉強しても、頭に入らないのです。
頭に入らないというより、忘れてしまうといった方が、
正しいかもしれません。

 

時々ほかの人はどうなのだろうか、と思ってしまいます。
簡単に、覚えられるのでしょうか。

 

一生懸命勉強しているからだと思いますが、
覚えられると思います。

 

私もいろいろな方法は、試してみました。

 

一日に5個とか10個とか毎日覚えていく方法、
毎日100個くらいを覚え、
何度も何度も勉強回数を多くする勉強方法。
フレーズの中で、単語を覚える方法。

 

あらゆる方法を、まねてやってみました。
でも、覚えられませんね。

 

英会話で単語が少ないというのは、致命的です。
会話の幅が、広がらないのです。

 

英会話の先生の評価は、
いつもボキャブラリーが少ないというものでした。

 

いつも同じ単語で話しているので、
表現がつまらないのだと思います。

 

例えば
チョコレートがおいしいという味の表現が、
「おいしい」しかわからないのです。

 

すると、
おせんべいがおいしい
カレーがおいしい
サラだがおいしい
とまるで幼稚園生のような表現になってしまうのだと思います。

 

きっと単語はフレーズの中で覚えるのが、
一番だと思います。

 

単語単独では、まず覚えられませんね。
フレーズで覚えても、たいがいは忘れてしまいます。

 

時々「単語覚えられない病」にでもかかってしまったのかと、
思います。

 

ある友人はスマホに入れていて、ひたすらきいているようです。
覚えられるのですから、羨ましい限りです。

 

この覚えられないというのは、
かなり歳にも影響されているのかもしれません。

 

学生の頃は、もう少し覚えが良かったように思います。
少なくとも「覚えられない」とこんなには、悩んではいません。

 

やはり勉強は若い時に、しっかりとするものなのですね。
親が、良く言っていたのを思い出します。

 

誰もこの年齢にならないとわからないことで、
仕方がないのです。

 

今は覚えられないと嘆いているよりも、
必死に勉強した方がいいのです。

 

でもオンライン英会話のネイティブの先生の
レッスンを受けている時、
教えてくれた英語表現は、不思議と忘れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沼津市  引手力命神社  
オンライン英会話 ネイティブ
古くから、沼津の漁民の『海の守護神』として人々に奉られていて、船を新しく建造する時には、必ずこの神社に参詣し、海の安全を祈願しています。造られたのは、西暦600年代に発生した大地震に伴って、海底が隆起して島ができたため、地震で多くの土地が海没した土佐国から神が土地を引いてきたのだ、と考えた人々が、ここに引手力命を祀ったのが最初とも言われています。水産庁が選定した、「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」になっています。