オンライン英会話 津島

英会話スクールを津島で探す

オンライン英会話 ネイティブ
津島市は、愛知県の西側にある、
人口約6万2千人の市です。

 

市の名物には、菓子の
あかだ・くつわがあります。

 

また、江戸時代に造られた佐屋街道沿いに、
歴史を感じさせる神守宿、神守本陣跡、
神守代官所跡、ムクの木の神守一里塚、
があります。

 

重要文化財の堀田家住宅や津島神社門前町の街並みも、
見事です。

 

そして神社には、全国に数千社ある津島神社の総本社を初め、
愛宕神社、清正公社、穂歳神社、秋葉神社、憶感神社、
幸野神社、日吉神社があり、参拝客が絶えません。

 

催し事にも、山車16台が練り歩く尾張津島秋まつり、
尾張津島藤まつり、があります。

 

一方、市内に本社を置く企業には、地域ガス会社、
ケーブルテレビ会社、石油類販売会社、毛織物製造会社、
スーパーマーケット会社、娯楽運営会社などがあります。

 

また津島市は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州にある
ハーキュリーズ市とは、姉妹都市として提携しています。

 

両市とも、省エネルギーに取り組んでいるのが縁でした。

 

ハーキュリーズの市民の皆さんが、
国際親善のために市内を訪れたら、
津島市の市民の皆さんは英語で案内することになりますね。

 

市内の皆さんが、英会話を習うのであれば、
ネイティブの先生のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブと会話するには、ネイティブからレッスンを受けるのが、
ふさわしいと思うからです。

 

さて、話題は少し変わりますが、
大人になってからのネイティブとの英会話がおススメです。
のんびりゆったりできるからです。

 

今中高年になっている大人の人は、英会話が苦手ですね。
仕事でバリバリ使っている人もいますが、
そんな人は、ほんの一握りの人です。

 

英会話ができない劣等感が、
子供には英会話を習わせたいという情熱になっています。

 

でも子供に情熱を注ぐのも良いですが、
自分で始めて見るのも楽しいですよ。

 

なぜかというと、
「誰にも怒られないから。」
「入試のための勉強などでないので、必死にならなくても良い。」
「全く自分のペースで勉強できるから。」

 

など良い事ずくめです。
しかも金銭的にも、自由に使えるお金があります。

 

英会話を楽しむ感覚で、ネイティブから学んでみたらよいと思います。
中年になって自分で勉強してみると、とても喜びがあります。

 

学生の頃は、仕方なく勉強していた英語ですが、
自分のペースで学んでいくと喜びになります。

 

他の教科の勉強はあらためて勉強しても、
生活に役に立つことはそんなにありませんね。

 

英会話は、すぐにネイティブとの会話に使えますので喜びが違います。

 

私も学生の頃の受験の英語は、本当に嫌いでした。
ただ受験のためだけに、勉強していたのです。
そのため、大学に入ってからは、
語学では英語を取らなかったくらいですから。

 

やっと英語から解放されたという気持ちの方が、
強かったですね。

 

ところがひょんなことから、
ネイティブ講師と英会話の勉強を始めました。
あれほど嫌っていた英語の勉強を、始めたのです。

 

海外旅行に、はまったのです。
それでもっと海外旅行を楽しむために、
英会話を始めたのです。

 

海外旅行のための英会話は、とても新鮮でした。

 

受験の英語では必死に勉強した英語でも、
海外に行ったらマクドナルドで
ハンバーガーを買うのにも苦労しました。

 

マクドナルドでハンバーガーを買うフレーズを勉強して、
ネイティブの売り子に使ってみたらあっさり買う事ができました。

 

受験の英語とは、全く違いますね。

 

どんなに受験のための英語の点数が高くても、
ネイティブとの英会話は話せません。

 

やはり話すための英会話と受験英語では、
違うのです。

 

しかも習うフレーズが、全部すぐに使えるような
フレーズですから楽しくないはずありません。

 

大人になってからの英会話がおススメなのは
このように自分のための必要な英会話が
学べるからです。

 

ぜひ、自宅でできるオンライン英会話でレッスンをしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津島市    尾張津島天王祭
オンライン英会話 ネイティブ
尾張津島天王祭は、愛知県津島市と愛西市に伝わる津島神社の祭りで、500年以上の歴史を持つ川祭りです。大阪の天満天神祭、厳島神社の管絃祭と並び日本の三大川祭の1つです。室町時代から続いており、織田信長や豊臣秀吉なども見たと言われています。屋台の上に500個以上の提灯を掲げ、5艘のまきわら船が天王川を漕ぎ渡ります。そして翌日の朝祭はまきわら船が能人形を乗せた車楽船に模様を替えます。