オンライン英会話 ネイティブ講師 刈谷市

英会話スクールを刈谷市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
刈谷市は、愛知県のほぼ中央にあり、
人口約15万人の市です。

 

世界的な自動車会社の発祥の地であり、
日本の自動車の原点と言って良いでしょう。

 

現在でも、複数の自動車部品メーカーの
本社が立地しています。

 

交通機関として、JR東海の東海道本線を初め、
名古屋鉄道の名古屋本線、三河線が通っており、
市民の重要な移動手段となっています。

 

また自動車をお持ちの方なら、伊勢湾岸自動車道を利用すると便利です。

 

刈谷市の名産品には、ダイコンを乾燥させた切り干し大根や、
キシメンの元祖と言われている芋川うどん、がありますので、
観光の際には買って帰ると、自宅の食卓を飾る事ができると思います。

 

市内には、刈谷城跡が本丸や堀の跡として亀城公園に残っていますので、
お城に興味をお待ちの方は、見学されることをおすすめします。

 

また、倉稲魂神、大山祇神、保食神、を祭神とする市原稲荷神社や、
600年代に造られたと言われている野田八幡宮には、
一年を通じて祈りを捧げに来ますので、観光の際にはぜひ参拝してみてください。

 

資料館も、国の登録有形文化財となっている刈谷市郷土資料館、
送信機械が展示されている依佐美送信所記念館、
子供達の科学の体験施設である夢と学びの科学体験館があり、
郷土の歴史を知るには良いところですので、ご家族でご覧になると良いでしょう。

 

さて、刈谷市の特徴は、大手自動車部品メーカーの本社や工場が、
数多く立地していることです。

 

それらの会社の社員の中には、米国などとの製品取引に携わっている方が、
多いのではないでしょうか。

 

社員の方々が、英会話を習得しようとするなら、
ネイティブ講師のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブ講師は、世界の企業で英会話を教えていますので、
世界に通用するビジネス英会話を知っているからです。

 

ところで、私は海外旅行が大好きです。
自分でもどうして好きなのかなと、
考えてみたことがあります。

 

まだ見たことも無い様な世界が、
広がっているような気がするのです。

 

毎日毎日、同じような仕事の連続で、
疲弊している時には、海外に出るのが一番癒されるように思います。

 

以前は海外ツアーなどで、良く行っていました。
何も分からない所では、やはりツアーで行くのが安心です。
何より観光地を、効率よく回ることができます。

 

電車を乗り継いで半日かかるところを、
ツアーのバスですしたら1時間で行ってしまいます。

 

バスの中では、時として疲れて眠ってしまうこともありました。

 

ツアーも何日目かになるとツアーの中の人達とも仲良くなり、
食事も話が弾みます。

 

楽しいツアーで、楽しい思い出がたくさんできます。

 

でも何度かこういったツアーの旅行に行っていると、
効率よく回れる反面、何かつまらなさも感じてきます。

 

個人で観光地の場所から次の観光地に行くには、
時間がかかります。

 

電車を調べなければなりませんし、遠回りにもなります。
時間もかかります。

 

分からなければ、現地のネイティブの鉄道員、バスの関係の人、
あるいは街中のネイティブに、
聞いてみなければならないこともあります。

 

ツアーではしない困った事が、たくさんあります。
でもこれらの一つ一つが、旅行なのではないかなと思います。

 

現地のネイティブに聞いてみて教えてもらうところにも、
海外旅行の良さもあります。

 

レストランもツアーで行くところでなく、
現地の人が行っている美味しいレストランに入ってみたいですよね。

 

日本で言えば、団体客が入るようなレストランでなく、
個人のお寿司屋さんとか、お蕎麦屋さん、
焼き鳥屋さん、などですね。

 

こういうところは、個人旅行でしか行けないように思います。

 

個人で海外に行くためには、基本的な英会話を話せるようにしたいですね。
私もそのために、オンライン英会話で習い始めました。

 

英会話がそれほど流暢でなくても、
ある程度基本的な会話ができれば、あとは身振り手ぶりで伝わります。

 

また少し間違った英会話だって大丈夫。

 

日本に来た外国人の観光客が、
少しくらい間違った日本語を笑う人はいませんね。

 

オンライン英会話でレッスンを受けて、
もっともっと海外旅行を楽しみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刈谷市    刈谷市郷土資料館
オンライン英会話 ネイティブ
刈谷市郷土資料館は、昭和初期の建築様式の亀城小学校旧本館で、昭和55年に資料館として開館しました。平成23年にはリニューアルしました。1999年には、国の登録有形文化財に登録されました。建物は、西洋建築のバロック様式の鉄筋コンクリート構造2階建て、屋根は瓦葺で、地方都市に鉄筋コンクでリート造が普及し始めたころの建築物です。展示室には、刈谷市の歴史や考古資料、民族資料などを展示されています。