英会話 浦和

浦和で英会話を探す前に

浦和市は、2001年に大宮市、
与野市と合併し、さいたま市
の一部となりました。

 

ここでは、さいたま市について、
述べます。

 

さいたま市は、埼玉県の東側にあり、
人口約130万人を有しています。

 

名物品としては、浦和うなぎ、岩槻人形、大宮盆栽があります。

 

さいたま市には、国の史跡となっている真福寺貝塚、運河の見沼通船堀、
県の史跡となっている方墳大塚古墳、馬場小室山遺跡、岩槻城址など、
多くの史跡がありますので、探訪してみてください。

 

また歴史的な資料を調べるなら、浦和くらしの博物館民家園展示棟、
埼玉県立歴史と民俗の博物館、さいたま市立博物館、市立浦和博物館、
さいたま市立岩槻郷土資料館をおすすめします。

 

観光スポットには、岩槻城址公園、ばら園のある与野公園、
埼玉県立近代美術館、さいたま市立漫画会館、鉄道博物館、
などがありますので、ご覧になると良いでしょう。

 

さいたま市は、多くの企業が立地していますので、
日常的に外国人が訪れる街になっています。

 

ビジネスのために英語を必要としている方がいるのではないでしょうか。
ホテルのフロント係の方も、外国人の宿泊サービスのために、
英語を必要としているでしょう。

 

そのような方々が、英会話を習うのであれば、
ネイティブの先生のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブは、きれいな英語を話すからです。

 

ところで、私は英会話を習っていますが、いつまでたってもあまり上達しないと、
正直やめちゃおうかなと思いますね。

 

「こんなに勉強しなくても、翻訳アプリで何とかなるわ。」
と時々思います。

 

翻訳アプリが、どんどん出ています。
しかも音声付きですから、
会話には困らないですね。

 

ラインでも、メールの翻訳アプリがあるので超簡単です。
英会話の勉強を、したくなくなります。

 

下手な間違った英語を話して、笑われるより、
翻訳アプリが良いと考えてしまいます。

 

翻訳機能を使えば、あらゆる言語が分かります。
なんと便利なのかな、と感じますね。

 

言葉は全部翻訳アプリにお任せ!
でもきっと違う、と思いますね。

 

習う必要がないような、滅多に訪れることのないような国の言語でしたら、
翻訳機能がとっても便利だと思います。

 

しかし、英語などでしたら間違っても良いですから、
本人の言葉で話した方が良いですね。

 

きっと間違ったところにこそ、
その人の人間臭さなどが出るのではないでしょうか。

 

例えばネイティブと話をした場合、
スマホをかざされて翻訳アプリで話されたのでは、
話にワンクッションがありますね。

 

会話の度にスマホを打ち込んで、
変換して、
相手に見せて。

 

こんなことでは、感動はなかなか難しいですね。
ちょっと、興ざめです。

 

ダイレクトに気持ちが、伝わってこないように思います。

 

コミュニケーションは相手の心に入り、
心に響くものがなければ繋がりません。

 

間違いながらも手振り身振りで話した方が、
気持ちが伝わりますよね。

 

会話の中で、言葉の間違いを指摘する人はいないでしょう。

 

私もネイティブの方と話をするとなれば、
やはり簡単な言葉でも話して欲しいと思います。

 

スマホや、翻訳機ばかり見ていると、
最初は良いですけど、
会話は盛り上がりませんね。

 

オンライン英会話のネイティブの先生とも、
翻訳アプリの話題になったことがあります。

 

やはり言葉はコミュニケーションの大切なツールなので、
分からなければわからないなりでも、
自分の「言葉で話した方が良い」と言っています。

 

オンライン英会話のネイティブの先生方は
世界各地を回っている方が多く
どこへ行っても翻訳アプリは使わないそうです。

 

英語が通じれば、世界は歩けるのだとは思いますがね。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

浦和 浦和レッズ
オンライン英会話 ネイティブ
三菱重工業サッカー部(1950年創部)が前身であり、1991年にJリーグ加盟しました)。ホームタウンは埼玉県さいたま市(旧浦和市)。ホームスタジアムは埼玉スタジアム、練習グラウンドはさいたま市大原サッカー場です。
人気の選手に阿部勇樹選手がいます。2007年に浦和に加入して、その年にACL制覇という大仕事を成し遂げるのに貢献しました。