オンライン英会話 ネイティブ 珠州市

英会話スクールを珠州で探す

オンライン英会話 ネイティブ
珠洲市は、石川県の能登半島の
先端にある市です。

 

人口は、約1万4千人となっています。

 

特産品として、陶器の珠洲焼、能登牛、
ところてん、天然塩があります。

 

珠洲市内には、本殿が国の重要文化財となっている白山神社や、
須須神社があり、年間を通じて参拝客が絶えません。

 

観光スポットには、
能登半島の先端にある珠洲岬を初め、
日本の渚百選に選ばれている美しい海岸の鉢ヶ崎海岸、
日本の夕日百選に選ばれている仁江海岸、

 

禄剛埼灯台のある禄剛埼、海に面したところにある垂水の滝、
国の重要文化財に指定されている黒丸家住宅、
能登半島国定公園にあり、その形から軍艦島とも呼ばれている見附島、
など見所満載なのです。

 

また、珠洲市内に宿泊するなら海に面したランプの宿がある葭ヶ浦温泉が、
独特の雰囲気を醸し出しており、おすすめです。

 

市内での祭事も多く、
7月には春日神社の祭りである飯田町燈籠山祭り、
8月にはキリコか繰り出す宝立七夕キリコ祭り
9月には春日野の秋祭りや、鵜島の曳山祭り、境内で狂言が行われる高倉彦神社の早船狂言、
10月の珠洲焼まつり、と続きます。

 

どの祭りも見応えがあり、多くの観光客で賑わいます。

 

日本に観光に来た外国人も、能登半島の先端の街を訪れるでしょう。
その時には、市内の観光関係者は英語で案内することになるでしょう。

 

英会話を学ぶなら、オンライン英会話をお奨めします。

 

場所を問わず、英会話レッスンができるからです。

 

ところで、よく本棚を見ると、その人がわかると言われます。

 

でも私は、大学の文学部で勉強したとは到底思えません。
私の本棚は、英会話の本でいっぱいだからです。
まるで、英文科を出たようです。

 

社会に出てから、英会話にはまりました。

 

と言っても英会話が、流暢に話せるわけではありません。
流暢になりたいな、と模索しているところなのです。

 

英会話スクールにも通いましたし、
ラジオ講座でも勉強しました。
たくさんの本も、購入しました。

 

単語の本、フレーズの本
基本構文の本
音読の本

 

はたまた「英会話は勉強するな」というような本まで、
本棚に飾ってあります。

 

受験勉強のような本棚に、なっています。
できない受験生がいろいろな参考書に手を出しては、
次々と変えていくのと同じです。

 

できない生徒の、典型的なやり方ですね。

 

英会話は受験勉強でなく、
やってもやらなくてもいいものですから、
さらにいい加減になっています。

 

今勉強している本が飽きると、
違う本に手を出してしまうのです。

 

また英会話をマスターし成功している人の本などは、
つい買ってしまいますね。

 

やはり皆さん簡単に英会話が話せたわけではなく、
かなりハードな勉強をされていることが分かります。

 

読むと、やはり下がっていた少しモチベーションが、上がります。
このやる気を起こさせるのが一番難しく、
このような本を買ってはまた勉強したくなるように、
仕向けるわけです。

 

本箱には、こんな本もたくさんあります。
勉強しかけの本の隣には、
成功した人の著書が並んでいます。

 

勉強は、
目移りせずに1冊の本をしっかりと勉強することが大切だ、
とわかってきました。

 

英単語の本を1冊丸暗記するように、
文法の本、フレーズの本とお気に入りを決めて、
勉強するのがいいと思います。

 

私の今までの中途半端な勉強をやめて、
しっかりとコツコツと勉強したいと思っています。

 

今は、オンライン英会話も受けています。

 

オンライン英会話も毎回別の先生もいいのですが、
1人の先生と勉強していく方が、良いと思うようになりました。

 

先生が私の苦手なところを、的確に指導してくれるからです。

 

オンライン英会話に、英会話の勉強の1つの方法を発見した思いです。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珠洲市    ランプの宿(葭ヶ浦温泉)
オンライン英会話 ネイティブ
葭ヶ浦温泉の「よしが浦温泉ランプの宿」は、珠洲市にある三崎町の能登半島最先端にある街から離れた温泉です。海の波打ち際の露天風呂は男性用で、洞窟露天風呂は女性風呂になっています。大自然を目の当りに眺めながら、入浴できます。館内には、多くのランプが灯り、ロマンチックなひとときを過ごすことができます。夜にはライトアップして、幻想的なムードを感じる温泉です。