オンライン英会話 袋井

英会話スクールを袋井市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
袋井市は、静岡県の西側にある市で、
人口が約8万6千人となっています。

 

江戸時代には、東海道五十三次で、
京都と江戸の中間地点の袋井宿
として栄えました。

 

遠州三山の油山寺、可睡斎、尊永寺、
が歴史を物語っています。

 

その他にも、久野城址、耕地整理発祥の地の記念碑、
源朝長の墓がある積雲院などがあります。

 

また、特産品として、お茶やマスクメロンがあります。

 

アメリカ合衆国のオレゴン州にあるヒルズボロ市とは、
姉妹都市となっています。

 

ヒルズボロ市の市民の皆さんが、
アメリカから交流のために袋井市に来たら、
市民の皆さんが、市内の歴史や特産品を紹介することになりますね。

 

会話は、英語を通じてとなるでしょう。
英会話を習っておくことをおすすめします。

 

市内には、大手食品メーカー、エレクトロニクス企業、医薬品企業、
電機機器メーカー、輸送用機器メーカー、健康食品製造販売メーカー、
などの工場が立地しています。

 

輸出企業が多く立地していますので、企業の製品輸出に携わっている方も
いると思います。

 

海外とのコミュニケーションは、英語を通じてとなるでしょう。

 

そのような方々は、英語の中でも英会話が、重要になってきています。
テレビ会議で、直接会話する機会が増えているからです。

 

そのような方には、ネイティブの講師のいるオンライン英会話を
おすすめします。

 

ネイティブの英会話は、世界の標準だからです。

 

ところで私は、中学の頃から語学が好きで、
今は大学の英文科で勉強しています。

 

英文科で勉強はしていますが、
あまり英会話には自信がありません。

 

英会話の勉強は、英会話スクールに通っています。
でも英会話が流暢に話せる、というほど話せません。

 

週1回のレッスンでは、
流暢に話せるという訳にはいきませんね。

 

英文科で英語を学ぶことと、英会話はまた別です。

 

私は英文科で英文学の講義を受けていますが、
どちらかというと英会話に興味があるのです。

 

周りの人に英文科で学んでいますなどと言うと、
英語が話せるように思われるので、あまり言いません。

 

英文科イコール英語は話せる、というように思うようです。

 

私はやはり就職のことも考えて、
語学をしっかりと学びたいと思うようになりました。

 

英文科を出ても、会社の就職活動にはさほど影響しません。
教職をとっていませんので、先生にはなれません。

 

すると就職先は一般の大学生のように、
特に資格もなく就職活動をしなければなりません。

 

私は 「英会話ができるという」資格を身につけたいと、
思うようになりました。

 

TOEICなど就活のために高得点をとっている人はいますが、
実際に英会話がビジネスに生かせるほど話せる人が、
あまりいないという事を聞きました。

 

そこで語学をマスターするならやはり海外に行くのが一番だと思い、
留学を考えるようになりました。

 

留学ではなくワーキングホリデーも考えましたが、
アドバイザーに、ワーキングホリデーでは日本に帰ってきた時に、
語学を学んだとは認めてもらえないと知りました。

 

ワーキングホリデーは海外を楽しむ人には良いそうですが、
語学の勉強にはならないそうです。

 

飲食店の皿洗いなど、同じくワーキングホリデーで来た
日本人がいて、黙々と皿洗いをするだけだそうです。

 

語学のためなら現地の語学学校に入る留学にした方が、
いいですよとアドバイスされました。

 

また本当に語学の勉強に行きたいのなら、
できるだけ日本人のいないへんぴな町が良い、
とも言われました。

 

そしてある程度しっかり日本で勉強してから、
留学した方が良いですよと教えていただきました。

 

オンライン英会話のネイティブと、
実践的な英会話のトレーニングが効果的ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

袋井市  久野城址  
オンライン英会話 ネイティブ
久野城は、明応年間に今川氏が遠江へ攻め込む拠点として、築かれたと云われています。古記録によると、当初は座王城と呼ばれていたそうです。歴代の城主は、久野宗隆−元宗−宗能、松下之綱−重綱、久野宗能−宗成、北条氏重となっており、正保元年に廃城となりました。昭和時代になって市の指定文化財に指定され、近年の発掘調査によって、屋根瓦や陶磁器などが発見されています。