オンライン英会話 ネイティブ 清須市

英会話スクールを清須市で探す

オンライン英会話 ネイティブ
清須市は、愛知県の西寄りにあり、
人口約7万人を有しています。

 

清須市には、戦国時代の清須城
があることで有名ですね。

 

特産品として、宮重大根があります。

 

鉄道には、JR東海の東海道本線の他に、
名古屋鉄道の名古屋本線、犬山線、

 

津島線、東海交通事業の城北線があり、
市民の重要な交通網となっています。

 

清須市内の寺院には、織田信長ゆかりの総見院を初め、
阿弥陀寺、善光寺、慈光寺など、多くの寺院があります。

 

また神社に関しても、日吉神社、神明社を初め、厳島神社、愛宕神社など、
多くの神社があり、寺院と神社を合わせると100近くあるのです。

 

至る所に寺院、神社がありますから、歴史探索に興味がある方には、
たまらない街と言えるでしょう。

 

きっと、自分なりの歴史の発見ができるのではないでしょうか。

 

その他の観光スポットには、清洲宿本陣跡や愛知県清洲貝殻山貝塚資料館、
清須市西枇杷島問屋記念館、清須市はるひ美術館、新川開削本陣記念公園、
とありますので、見学されることをぜひおすすめします。

 

これだけ歴史のある街となっていますので、
愛知県を訪れたネイティブなら、きっと清須市を観光に訪れるでしょう。

 

清須市の歴史ガイドの方は、ネイティブへの紹介は英語になりますね。

 

観光ガイドの方が、英会話を習うのであれば、
ネイティブの先生が在籍するオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブの英語は、世界標準の英語だからです。

 

ところで、英会話を習おうと思ったら、最初に思い浮かぶのが留学ですね。

 

でも学生時代ならいざ知らず、社会人になってしまうと、
1年間の留学のための時間が取れないのが、一般的ではないでしょうか。

 

そこで留学しなくても、
日本国内で留学に近い環境を作るための工夫を考えてみました。

 

まず皆さんパソコンをお持ちですが、
日本語バージョンではなくて、英語バージョンに切り替えてしまいましょう。

 

当然、分からない英単語が出てきて辞書で調べなければなりませんので、
内容を知るのに時間がかかります。

 

でも英文をリーディングする時間は、圧倒的に増えるはずです。

 

同様なことは、スマートフォンでもできますね。
電車の中でも、英文を読む時間が増えていくでしょう。

 

ボキャブラリーは、確実に増えていくと思います。

 

次に、ニュースは英語版を聞くようにします。
インターネット経由なら、アメリカのニュースをパソコンで聞く事が出来ます。

 

ラジオでも、英語版のニュースを流していますから、
英語のリスニングに役立つと思います。

 

ただし、ニュースキャスターは、ネイティブスピードで英語を話しますので、
最初の頃は、聞き取るのが難しいかもしれません。

 

ニュース内容を、日本のニュース番組で知っていれば、
理解しやすくなるでしょう。

 

この方法で、リスニング力はかなり向上するはずです。

 

そして東京に住んでいれば、スピーキングの練習をするために、
海外からの旅行客が集まるような場所で、
観光案内のアルバイトをしてみてはいかがでしょう。

 

浅草や六本木などでは、
ネイティブの旅行客を良く見かけることがあります。

 

生のネイティブとのスピーキングとリスニングの練習が、できるでしょう。

 

これだけの事を実行しただけでも、
留学に近い環境を日本に居ても作れると思います。

 

そして最後は、オンライン英会話のネイティブ講師から
英会話レッスンを定期的に受ける事です。

 

リーディングで理解できなかった点や、
リスニングについてのアドバイスをもらえるので、
講師を相談役にできますね。

 

オンライン英会話を、しっかり利用してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

清須市    清洲城(清洲城古城跡公園)

オンライン英会話 ネイティブ

清須城は、応永12年に斯波義重によって築城されました。

 

弘治元年織田信長が、本拠として居城しました。信長は、永禄3年、桶狭間の戦いに勝利し、ここ清須から天下統一の第一歩を踏み出した城です。
本能寺の変で信長がたおれ、後継ぎをめぐって清洲会議が行われたのも、この清洲城です。現在の清洲城天主閣は、平成元年に再建されました。清洲公園の桜が咲くなどの四季折々に、多くの方が訪れる観光スポットです。