オンライン英会話 小松

オンライン英会話 ネイティブ
小松市は、石川県の南側にあり、
日本海に面しています。

 

夏は晴天が続きますが、冬は山々には
雪が積もり、スキーが楽しめます。

 

ただし、平野部には対馬海流の影響もあって、
冬でもそれほど多くの雪は積もりません。

 

小松市内の名所には、
かの有名な安宅関を初め、天守台石垣の残っている小松城跡、
住吉三神を主祭神とする安宅住吉神社、千手観世音菩薩を本尊とする那谷寺、
小松市立博物館や小松市立本陣記念美術館のある芦城公園
沿岸部にある木場潟公園、こまつの杜、横谷ミズバショウ群生地、
ハニベ巌窟院がありますので、ぜひご覧になってください。

 

祭には、5月の県の無形民俗文化財に指定されているお旅まつりを初め、
全国子供歌舞伎フェスティバルin小松、8月のおっしょべ祭り、
9月の悪魔はらい、10月のどんどんまつりと続き、
見物人で賑わいます。

 

市内には、矢田野工業団地、東部産業振興団地、小松鉄工団地、串工業団地,
南部工業団地の工業団地群があります。

 

その中には、
市内には、大手建設機械メーカーと
電子部品メーカー、タイヤメーカー
などがあり、日本有数の産業集積地帯となっています。

 

既に世界進出を果たしている企業が数多くありますから、
社内の海外事業の部署に配属されている社員もいると思います。

 

海外とのやり取りは、英語を介してとなるでしょう。
英会話も必要になりますね。

 

英会話を習得するなら、オンライン英会話の中でも、
ネイティブの講師がいるスクールをおすすめします。

 

ネイティブは、世界の企業の英語研修の経験を持っている場合が、
多いからです。

 

一般的に言っても、英会話はだらだらやっていても、上達しません。

 

英会話スクールに何年も通っていても、
通っているだけでは話せるようにはなれません。

 

「絶対に話せるようになってやる」という気持ちが、
無ければいつまで経っても話せませんね。

 

では「絶対に話せるようになってやる」という気持ちがあって、
話せるようになるにはどうすればよいのでしょうか。

 

1つ、方法があります。
それは「日本語を使わない」という事です。

 

そうするといきなり留学しなければならないのか、
というような話になってしまいますが、
留学はしなくても良いのです。

 

私の周りにも留学しなくても、流暢な英会話を話す人もいます。
また留学してもほとんど話せず、
周りの人に留学したことを隠している人もいるくらいです。

 

つまり、本気で勉強するかしないかなのです。

 

ではどのようにするかと言うと、
「思う事」「考えること」「言いたい事」を、
すべて英会話に置き換えるのです。

 

きっと「言い方がわからない」、
といった言葉が返ってくると思います。
それでは、いけません。

 

本屋さんで参考書、テキストは、いくらでもあります。
「朝起きてから寝るまでの英会話」といった本が、
たくさん出ています。

 

それらのテキストを、参考にしてください。

 

朝起きたら
もう7時だ。
   It,s already 7:00.
まだ眠いなあ。
   I,m still sleepy.

 

 

帰ってからは
お腹が、空いたよ。
I,m hungry
   夕飯は何?
     What,s for dinner?

 

このように、言う事をすべて英語にしていきます。

 

そして言い方が分かったことはノートに書いておいて、
必ず覚えるようにします。

 

「こんな簡単な英語」と思われるかもしれませんが、
日常会話は本当に簡単なものです。
この簡単な英語が、すぐ口から出なければなりません。

 

私たちも日常会話は、とても簡単な日本語で話しています。
特別に考える必要は、ありません。

 

この繰り返しなのです。
翌日同じ事を、必ず言います。

 

この繰り返しをしていくと、
数日でもかなり日常的なことは話せるようになります。

 

またオンライン英会話のネイティブの先生と、
スモールトークをたくさんしてください。

 

ネイティブの先生とスモールトークが楽しく言えるようになったら、
もう日常会話は大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

小松市  安宅の関
オンライン英会話 ネイティブ
安宅の関は、小松市の安宅にあった関所です。歌舞伎十八番の「勧進帳」の舞台となったことは、皆さんご存知の通りで、安宅の関の名は全国的に有名です。 現在は、安宅住吉神社境内にあります。 1930年代に、「安宅の関跡」として石川県史跡になりました。銅像の武蔵坊弁慶は松本幸四郎が、富樫泰家は市川左團次がモデルとなっているそうです。