ネイティブ講師 オンライン英会話 佐久市

佐久市は、長野県の東側にあり、
人口が約99,000人となっています。

 

北陸新幹線や上越自動車道が
できて以来、小売業が進出し、
街が発展してきました。

 

佐久市内には、国の史跡となっている龍岡城や、
県の史跡に指定されている岩尾城、大井城がありますので、
日本の城に興味をお待ちの方は、ぜひご覧になると良いでしょう。

 

また、重要文化財として宇気母智命を祀る駒形神社、
三重塔が立派な新海三社神社、本殿が見事な高良大社、

 

があり、各神社には七五三の祝いの行事など四季の行事の折には、
参拝客が絶えません。

 

他の重要文化財にも、六地蔵幢、紙本着色一遍上人絵伝巻二,
明治時代の初めに建てられた洋風の旧中込学校がありますので、
佐久市を観光される方は、神社を含めて見学されることをおすすめします。

 

市内の博物館には、佐久市立望月歴史民俗資料館、鎌倉彫記念館、
五郎兵衛記念館があり、佐久市の歴史を探訪されたい方には、
ぜひ、訪れてみてください。

 

佐久市にお泊りの場合には、
望月温泉、春日温泉、布施温泉、初谷温泉、一萬里温泉、せせらぎ温泉、
がありますので、ゆっくりと温泉に宿泊されると良いと思います。

 

歴史のある城跡や神社、古い建物に興味のある外国人でしたら、
長野県を訪れたら、きっと佐久市を観光するでしょう。

 

観光ガイドの方は、英語での案内となるでしょう。

 

英会話を習うなら、オンライン英会話をおすすめします。
職場でも、英会話を習うことができるからです。

 

ところで、私は大人になってから、
ひょんなことから英会話に興味を持ち習い始めました。

 

子供の時、学生の時は全く英会話を勉強していません。

 

大人になってからの勉強ですから、勉強すれば以外に早く
会話はできるようになります。

 

もちろんかなりの覚悟で、勉強が必要ですが。

 

でもどんなに努力してもできないのは、
ネイティブ風のアクセントや発音になることですね。

 

これはもう、どうしようもありません。
日本人は、日本人の発音しかできないのです。

 

言葉を学ぶ臨界期というものが、あるのです。
10歳とか12歳とかいろいろな説がありますが、
おおよそこの年齢でしょう。

 

この時期に学んだ言葉が、その国のネイティブとなるのです。

 

ですから,、大人になってからではネイティブのようになる、
というのはちょっと無理なのです。

 

考えてみると、方言も同じですね。
どこの地方で子供時代を送ったかで、
その地方の方言アクセントを身につけるのです。

 

そして、その地方のなまりのネイティブになるのです。
私も、生まれ育ったところのなまりが抜けません。

 

恥ずかしいと思いますが、どうしようもありませんね。

 

時々外国人のタレントの方や、歌手の方が
テレビで見ることがあります。

 

流暢な日本語で話しているのに、驚くことがあります。

 

外人が話している、独特のアクセントがないのです。
私の日本語よりもきれいなアクセントで、びっくりです。

 

私ももっと流暢な英語を話せるようになりたいと
勉強しているのですが、アクセント発音は無理ですね。

 

でもこの頃は日本人なのだから、
仕方ないと思えるようになってきました。

 

英会話で有名な安河内先生が、
日本人なのでネイティブではない日本語っぽい英語でも恥ずかしくない、
といったようなことを言っていました。

 

あれほどの先生でもそうなのかと思うと、
私が悩むことはないと思うようになりました。

 

悩んでいる時間があったら、
とにかく単語の一つでも覚えたほうが良いという事でしょう。

 

今の子供は、幸せだなと思いますね。
英会話を小さなころから習えますからね。

 

子ども自身はそんなことは全く考えませんけどね。
きっといやいやながら通っている子もいると思います。

 

そこで、楽しいオンライン英会話をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐久市    佐久バルーンフェスティバル
オンライン英会話 ネイティブ
佐久バルーンフェスティバルは、佐久市の千曲川スポーツ交流広場で、毎年5月に開催される熱気球のイベントです。熱気球を自然の風に乗せて飛行させて、どれだけ目的地に近づけるかを競います。また熱気球競技を中心に、会場では様々なイベントが開催されます。色とりどりの気球が風に乗って飛行する姿は見応えがあり、全国から多くのファンが観戦に訪れます。